FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

尾道の街角

岡山と広島のほぼ中間にその街は在る
海辺の商店街をコンテナ貨物が抜けて往く

20008394.jpg
2020年4月 山陽本線 尾道

このところ人気急上昇中の尾道。観光客は増え続け、人気の移住先にもなっている。かつての造船業の繁栄は過去のものとなったが、交通条件の良さから観光業や製造業に軸足を移している。平地の少ない坂ばかりの街だが、明るい海辺の街で、昨今の地方都市にありがちな沈んだ雰囲気はない。車の入れない斜面には空き家が目立つが、そんな空き家に若者が移り住むという。戦時中の空襲を免れているため、多くの寺社群が健在で、街並みにはアンティークな香りが息づいている。さらには、文学人も居を構え、映画やアニメの舞台にもなるなど芸術性にも富んでいる。まずは、そんな尾道の商店街を覗いて、人気の秘密を探ってみよう。

尾道駅の東側は、山と海に挟まれた僅かな土地に、国道2号線と商店街のアーケードが並行している。さらに、山陽本線が山側に割り込んで、三つ巴の様相になっている。商店街の北側の横道は直ぐに国道に突きあたるが、その先には見上げるように山陽線が走っている。さすがは日本の屋台骨となる幹線だけあって、日に数十往復の貨物列車が轟音と共に行き交っている。商店街歩きの最中に、ふと横道に目をやると、その先をコンテナが通り過ぎていた。


20008379.jpg

こちらが、国道と山陽線と並行する「尾道本通り商店街」のアーケード。午前中のためか人通りは疎ら。

20008380.jpg

商店街入り口近くの手作りプリンの店。「しあわせホルモン分泌中~!!!」のポスターがちょっと不気味。

20008389.jpg

元銭湯「大和湯」の建屋を利用した、土産物・雑貨店とカフェの「ゆーゆー」。外観は銭湯そのもの。

20008396.jpg

この一角は露天商の集まりのようだ。向かいではリヤカーの魚売りが開店準備中。「総合衣料卸」の看板は今や飾りか。

20008397.jpg

こちらには「あくびカフェー」の名が。「うごくパンダ」は本当に1回30円で動くようだ。

20008398.jpg

地魚めしの店先には何やら干物が。「タマガンゾウヒラメ」と書いてある。これが瀬戸内名産、尾道の冬の風物詩の「でべら」か。

20008400.jpg

こんな路地も。お好み焼きの店があるではないか。バックの木立は、尾道水道を挟んだ向島になる。

どうだろうか。何となくこの街の性格の一端が伝わればいいのだが。ノスタルジックな雰囲気が、人気の一つであることは間違えない。商店街にも、外国人観光客にも喜んでもらえそうな日本らしさがある。勿論、この街の見どころはまだまだある。折に触れて、お送りしていきたい。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/10(日) 00:00:00|
  2. 山陽本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<布原の記憶 | ホーム | 西城の町並み>>

コメント

はじまりましたね。尾道編。

尾道編。いよいよスタートですね。
4月の撮影ですから、尾道でも感染者が出ていたころだと思います。
写真で見る限りはいつもとかわらないように感じますが、その後の自粛要請で、観光産業や飲食店は計り知れないダメージを受けていることでしょう。こののち店を閉めるところも増えてくるかもしれません。
なんとか、踏ん張って建て直してもらいたいものです。
新シリーズの尾道編。こあらまさんがどんな尾道を切り取ってきたのか、更新を楽しみにしています。

ところで、前回書き忘れたのですが、西城に安原旅館という小さな宿があります。ここのご主人(地元では併設されている珈琲屋洗心館のマスターと言ったほうが有名かもしれません)の安原さんは、もと小学校の先生でして、四季の芸備線、とくに西城を走る芸備線をさまざま角度で撮影されています。
「ローカル線の走る町」という写真展も開催され、フェイスブック(珈琲屋洗心館で検索)にもその一部が写真を公開されています。
地元のかたならでは心あたたまる写真が多く、私も更新を楽しみにしている一人です。
あるいはすでにご存知かもしれませんが、ご紹介しておきます。
今年は、一度宿泊したいと考えていますが、部屋数が4部屋と少なく、なかなかの難関。
出張可能になったら、予約を入れて、新しい情報をお知らせします。
  1. 2020/05/10(日) 17:38:49 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コロナ禍

まこべえさん、

この時は4月の初めで、千光寺公園の桜が満開でして、なかなかの人出で駐車場も直ぐに満車になりました。
この頃は、外出自粛は都会での話で、地方は比較的平穏な雰囲気でしたが、その後のマスコミ報道の過熱で空気が変わって行ったようです。
ただし、外国人観光客の多い場所は、一足先に閑古鳥の状態になっていたようです。
4月末には他府県ナンバーへの迫害のニュースが伝えられましたが、撤退していてよかったです。
緊急事態下では見たくないものが見えてきます。こういった本能的ともいえる排他的な行動が、人種差別や引いては戦争へと繋がっていくのでしょう。

今回は、どこも飲食店や観光産業は大打撃ですから、尾道も例外ではないでしょう。
不人気な観光地や一般的な地方都市では、確実にシャッター街が広がることになります。
尾道のような人気のある場所は、新陳代謝は進むでしょうが、街の活性にはそれほど影響しないかもしれません。
場所によっては、店を手放す経営者よりも、この機会にいい物件を安く手に入れようとする人の方が多いといいますから、変化は商機のようです。

確かに西城に安原旅館と云うのがありますね。直ぐ傍に観光用の駐車場がありまして、使わせてもらってます。
マスターが「珈琲屋洗心館」をやられているのですか。知りませんでした。覗いてみます。
こういう場所のこういう旅館でのんびりしたいものです。美味しそうなものも食べさせてくれそうだし。
お泊りになったら、是非とも様子をお教えください。
  1. 2020/05/11(月) 01:38:28 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/992-59719302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (197)
飯山線 (58)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (3)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (5)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (45)
只見線・小出口 (40)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (6)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (29)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (50)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (10)
若桜鉄道 (8)
因美線 (6)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (10)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (4)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (23)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (30)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (5)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (1)
写真機材 (2)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR