FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

小海線近況

ローカル線の最大の敵は天災だ
小海線も災害による一部運休が続く

EM04227.jpg
2019年10月 小海線

先日の台風19号の豪雨は、関東甲信越を中心に甚大な水害を引き起こし、鉄道も深刻な被害を被った。28日にやっと中央本線が完全復旧し、山梨・長野に特急「あずさ」が戻って来た。「あずさ」の走らない中央本線がこんなにも寂しいもかと思い知らされた。小海線についても、被災箇所が複数に及び全面運休に追い込まれたが、滑津川橋梁が渡れるようになり小諸-中込間が復旧した。現時点の運休は野辺山-小海間に狭まったが、海尻-松原湖間の千曲川の瀬戸で道床が流失する事態になっている。28日のJR東の発表では11月1日の全通の計画と云う。11月9日からは、小海線の「HIGH RAIL 1375」、飯山線の「おいこっと」、大糸線の「リゾートビューふるさと」がそれぞれ運転を再開するそうだ。

写真は現在の小海線の災害時暫定ダイヤだ。近頃の閑散ローカル線の時刻表を連想する。朝夕に各2往復、昼間に申し訳程度の1往復の計5往復。現在のJR東の限界ダイヤとも云える5往復だ。もし、小海線が観光路線でなかったら、盲腸線になってしまったら、こんなダイヤになってしまうのかと身震いした。決して小さな災害ではなかったが、小海線も飯山線も復旧の運びとなってよかった。


80017535.jpg


被災した時に小淵沢寄りに来ていたのは、このキハ111/112固定の1編成で、小淵沢-野辺山間を往復している。塒の中込には帰れないので、小淵沢で臨時の給油を受けているのだろうか。16:27発が野辺山に向かうが、明らかに何時もよりも乗客は少ない。調度山並みに日が沈んだばかりで、空が焼けるのはこの30~40分後になる。冬を待つばかりの刈田と相まって、大カーブを往く列車も寂しげに見えるのは気のせいだろうか。


80017544.jpg


このところ、ここでは酒蔵「七賢」の山梨銘醸の契約米を栽培していることが多いが、今年は稲架木が現れた。多分自家米を天日干ししているのだろう。台風災害で品薄になっているブルーシートが少々味気ないが、時流なので致し方ない。よく見ると支柱も鉄管のようだ。


80017549.jpg


返しの17:31も狙ってみたが、こちらは夕焼けは終わってしまっている。おまけに10分遅れで現れたので露出は限界だ。この時間帯の10分は致命的だ。暫定ダイヤを見てみると、野辺山での折り返しの時間はたったの2分だ。これでは遅れが出て当然だ。こんな時に文句を言うもんじゃない。走っていることだけでも良しとしなくては。

毎年、災害がどんどん甚大化していくのだろうか。近頃のローカル線の最大の敵は天災だ。町の存続すら危なくなってくるような洪水が頻発するようでは、ローカル鉄道云々どころではないのだが。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/10/30(水) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<塩狩 秋 | ホーム | 第一白川橋梁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/895-f040bd07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (165)
飯山線 (40)
宗谷本線 (37)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (13)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (13)
根室本線 (23)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (7)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (14)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (3)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (2)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (14)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR