FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

ハチロクの日 2019

あの日の筑豊線も相当に暑かった
明け放たれた旧客の窓に暑さを思う

01205F16.jpg
1971年7月 筑豊本線 中間

今日8月6日は広島の「原爆の日」だ。原爆投下から74年の歳月が流れた。こあらまが若かりし頃、時の大学生を中心に、反戦運動、反核運動、或いは日米安保条約を詰る運動などが盛んだった。反戦を歌うフォークソングなども流行っていた。当時、東西冷戦のベトナム戦争の悲惨な様子がテレビで連日放映されていた。世界的な反戦運動が巻き起こったが、1975年4月30日のサイゴン陥落まで戦いは続いた。それからというもの日本は平和ボケしてしまったかのようだ。空気と水と平和はタダとでも思っているのだろうか。

その後も、開戦の切っ掛けは様々だが、世界各地で戦争は繰り返されている。核兵器を無くすためには、戦争や武力による威圧が無くならなければならない。核兵器廃絶を求めても、化学兵器や生物学的兵器だってある。要は元から絶たなければ兵器廃絶など望めない。そのためには、まず1941年12月8日の真珠湾攻撃に立ち返る必要があるようだ。本来であれば、8月6日は、「何故日本が戦争を起こしてしまったのかを考える日」にしなくてはならない。その切っ掛けとして「原爆の日」があるのであれば大いに結構なことだ。

米国にしても、日本にしても、戦地を彷徨った兵士は、大きく精神を病むことになった。米国では未だにベトナム戦争で病んだ従軍者のケアが続いている。戦地に向かう者には、勝ち負けなどなく、残るのは死か深い悲しみだけだ。近頃の中東の代理戦争でも、犠牲者は何の罪もない子供たちだ。決して、時の為政者の暴走を許してはいけない。先の参院選での投票率の低さは、日本の議会制民主主義の崩壊だ。国民の政治意識レベルの低さは極めて憂うべきことだ。そんな国にこそ、戦争の足音が忍び寄って来ると云うものだ。

最後にハチロクの日について。大正期に誕生したハチロクも戦火を潜り抜けた機関車だ。樺太庁鉄道や台湾総督府鉄道にも供給された罐だ。700両近くが製造されたが、早くに小世帯形式になっていたため、あまり馴染みのない方が多いのでは。写真は香月線のハチロクで、中間のオーバークロスを往く下り列車だと思う。助士も余裕の着座での前方確認だ。全然盛り上がらない「ハチロクの日」だが、「キューロクの日」の前振りということで。こういう趣味を続けられるのも平和であってこそだ。今日は平和についても考えよう。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/06(火) 00:00:00|
  2. 筑豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<天空の時間 空に一番近い列車 番外編 その3 | ホーム | >>

コメント

8月にハチロクを想う

今日に限らず、8月はいろいろ考えさせられることの多い月だと思います。キャンパスに立看が林立していた学生時代よりも、むしろ年を重ねるにつれ、その思いが強くなります。

鉄チャン目線からしても、川端新二さんの著書等を拝読すると、今の中高生に毛が生えたような年恰好の乗務員が今とは比べ物にならない長大編成の列車を運転していたわけですから、尋常ではない時代背景だったのだと思います。

で、ハチロクの日。こあらまさんの分析のように小世帯形式のせいなのか、8月6日という日付の巡り合わせからか、「相変わらず」のようですが、今年は重鎮ひぐまさんも58654で登場されて、少し明るい兆しも見えてきましたね。いいきっかけを作っていただいたので、今後は若い世代の新鮮な視点による58654にも期待したいと思います。

ところで、この香月線のハチロク、九州のカマは例外なく美しく磨かれ、形式入りプレートも相まって魅力的ですね。S字の圧縮具合と周辺画質から判断して、ひょっとしてコムラーの925でしょうか?
  1. 2019/08/06(火) 19:30:05 |
  2. URL |
  3. ぜっきあいず #djaKVQjc
  4. [ 編集 ]

8月6日は何の日

ぜっきあいずさん、

8月は6日、9日、15日と戦争絡みの日が続き、「ハチロクの日」も遣り難い面もありますが、それはそれです。
今回は個人的な信条から二つの8月6日を絡めた記事を書きましたが、趣味の世界ですから忖度は必要ないと思います。
こあらま的には、日本にも反戦運動の嵐が吹き荒れた時代があったことを思い出しただけです。東大安田講堂事件とかです。
日本の若者もきっとまた国を動かす力になってくれるはずです。その辺はかなり楽観的です。若者の力を信じましょう。

「ハチロクの日」は勝手に続けると決めましたから、ブログと写真がある限り続けようと思ってます。
脇目もふらずにと行きたいところですが、やっぱり動向が気になります。ひぐまさんは心強いですね。
確かに58654には新たな展開が予感されます。復活蒸気世代の殴り込みがあると面白くなります。
「あそBOY」などの在庫もありますから、こういうのを使って復活参戦の呼び水にでもしましょうか。

お察しの通り、「迷レンズ」のコムラ―925で撮ってます。たまたま友達が持っていたので、買ってしまいました。
当時、純正レンズに手が届かないSLファンに人気のあったレンズですが、250mmまでのズームが魅力でした。
きりっとせず、もやっとした画質で、解像力があるのかないのか判らないレンズです。よく言えば個性派です。
当時、このじゃじゃ馬の性格を弁えておらず、駄作の山を築いてしまい、この九州の1回でお蔵入りしました。
まだ手元に動態保存してありますから、その性格を逆手に取った撮り方が出来ないものかと企んでいます。
  1. 2019/08/06(火) 22:50:21 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

考えるところが

色々と考えるところがありまして(忖度ではなく)、
一日遅れの参加といたしました。また、現役画もハチロクは
払底してますので、今年はSL人吉号です。58654は現役時代にも「大きな門デフ」
装備で撮影してますので、馴染みがあります。
九州のハチロク、キューロクはテンダーのプレートが形式入りなのが多かった
ような記憶があります。
お写真はかなり独特だなぁと思ってましたが、これがコムラー925でしたか。
f4.5の開放で撮るとこういう写りなのかしら。
  1. 2019/08/07(水) 08:12:25 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

「シャープネス」をかけると…

ノコノコと出てきてしまいました。
この写真、確かにちょっと甘い解像なのと、ちょっと後ピン気味ですね。
でも、今のデジタル技術で「シャープネス」を適度にかけると、
見違えるように変わってきますよ。
そう言っちゃいけないけど、Webに載せるサイズならば全く問題ないほど。
どうぞお試し下さい。
  1. 2019/08/07(水) 21:23:16 |
  2. URL |
  3. 大木 茂 #-
  4. [ 編集 ]

38634はテンダーのプレートが形式入りでしたか、気がつきませんでした。

写真を見ただけでレンズがわかるなんて、ぜっきあいずさんも大したものですね。
こあらまさんのこのコムラーは90~250mm?
この頃の私の望遠系はキャノンの純正、FD100~200mmでした。
まずは200mmで撮影、引いておまけの100mmという使い方が多かったです。
それほど高価ではなかったですが、使いやすくて解像力にも不満は全くありませんでした。
ずーっと行方不明だったそのFD100~200mm、何年か前にたまたま見つけましたがカビがひどくて勢い不燃ゴミで処分。
状態は悪くとも思い出として残しておくべきでしたね。
  1. 2019/08/07(水) 21:37:34 |
  2. URL |
  3. 高辻烏丸 #-
  4. [ 編集 ]

迷レンズ

マイオさん、

人にはそれぞれ事情や考えがありますから、ご自分が信じる道でいいんじゃないですか。
ちょっとややこしい記事になったので、「ハチロクの日」の敷居が高くなってしまうのは本望ではなかったもので。
ただ、創設メンバーのマイオさんが離脱かと思われた時には、正直一抹の寂しさはありましたよ。まあ、よかったです。

当方も、ハチロクの在庫は寂しくなってきました。没写真はまだまだあるのですが、アップするのが憚れるカットばかりです。
コムラ―925がバレてしまうようなのは、いけませんよね。こちらも、復活を混ぜていこうかと・・・。
このレンズ、とにかく被写界深度が浅くて、おまけに全体がもやもやでして。開放にしなくてもこんなもんですよ。
ところがビシッとくることもあるから不思議なレンズです。今時のレンズにはない勝手気儘さです。
  1. 2019/08/08(木) 00:00:08 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

単玉信仰

大木茂さん、

アドバイスありがとうございます。
シャープネスや明瞭度でシャキッとしてくるのが普通ですが、コムラ―のしつこさは尋常ではありません。
ご指摘の後ピンが命取りになったようです。色々やっても頑固なもやもやです。
本来没ですが、在庫不足もあり、客車の窓が綺麗だったので思わず使ってしまいました。
大木さんもこういうレンズはお嫌いなのでは。このレンズのお蔭ですっかりズーム嫌いになりました。
腕の悪さを置いといて、ズームは「ピントが来ない」、「解像しない」、「色が汚い」という固定観念が出来あがってしまいました。
この後、再びズームが登場するまで40年掛かりました。その間、単焦点をゴロゴロ持ち歩いていました。
当時に比べれば、今のズームは本当に良く出来ていますね。それでも、比べてしまうとやっぱり単玉だと思います。
  1. 2019/08/08(木) 00:03:23 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

ズーム嫌い

高辻烏丸さん、

今回は同じハチロクを前後から眺めることが出来ました。後ろだけ形式入りとは面白いですね。
オリジナルのものがずっと付いているわけではなさそうですが、どうして付け替えるんでしょうね。

コムラ―925がそれだけ特異なレンズだったのでしょう。以前ぜっきあいずさんにはコムラ―まではお伝えしてありました。
コムラ―925の「925」は、単純に90~250mmの短縮です。コムラ―が倒産するまで色々なタイプを出していたようです。
この1本でズーム離れとなり、基本の28mm、50mm、135mmの3本セットになりました。
その後、24mm、35mm、105mm、200mm、300mmなどが加わりましたが、それ程苦ではありませでした。若かったんでしょうね。
高辻さんのように純正を使っていれば、ズーム嫌いにならなくて済んだかもしれません。
こあらまは機材を処分出来ない性質でして、これまでのボディもレンズも全部手元にあります。
さすがに銀塩のボディなどは完全に観賞用ですが、ニッコールの単玉は多くが今でも現役です。
共に旅をした仲ですから、少々ボロくなっても手放せません。
  1. 2019/08/08(木) 00:24:34 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/853-d735043d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (159)
飯山線 (39)
宗谷本線 (32)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (11)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (9)
根室本線 (18)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (6)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (52)
室蘭本線 (13)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (7)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (1)
八高線 (15)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR