FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

現代入換考

列車と云うのは駅間の本線上を往く車輌のことで、本線になものは単なる車輌で、その車輌の移動を「入換」或いは「操車」と呼ぶそうだ。国鉄時代であれば「操車掛」や「構内作業掛」という職種が、入換の誘導や貨車の連結・解放や制動の作業に当たっていた。本線を往く列車には、多くの公的な保安基準が適用されるが、内輪の作業である入換には規制が少なく、やり方はそれぞれの事業者に任されている。動力車の運転についても、本線乗務に不可欠の機関士や運転士のライセンスは要らないようだ。

入換と云えば、操車掛が青旗と赤旗を使って機関車に飛び乗って行っていたのが目に浮かぶ。貨物輸送が盛んだった頃には、操車場での突放による貨車の組成も行われていた。操車掛と構内作業掛がチームを作って操車を行っていたが、かなり危険な作業で、死亡事故も絶えなかったようだ。貨物もコンテナの時代になり、貨車の入換を見ることは珍しくなった。電車や気動車では、信号や無線による誘導が多くなり、現場は運転士のみで行われることが多くなり、伝統の入換風景は希少なものとなった。

さて、現代の入換風景はと云うと、たまたま根室本線は新得駅での入換を観察する機会があったので、その様子をご報告したい。新得駅は狩勝峠の帯広側の駅になる。帯広方面からの普通列車は多くが新得止まりで、狩勝峠を越えていくのは僅かしかなかった。そのため、新得駅では普通列車の入換が行われている。ただし、その僅かの狩勝越えの普通列車は2016年8月の台風災害で途絶えている。写真はその被災の1か月前の2016年7月に撮ったものだ。新得駅構内の下新得川橋梁も完全に流されている。


70009329.jpg


今回の入換作業は、2線ある留置線の奥の2両編成のキハ40を切り離して、前の1輌を3番線ホームに移動する。操車担当の定位置は、信号担当に繋がっていると思われる有線電話の前だ。有線で入換開始の許可を得て、無線で運転担当に作業開始を指示している。


70009336.jpg


留置線から本線に出てきた。操車担当はポイント通過に異常がないかを見守る。有線電話の支柱がかなり傾いている。ピンクテープは要補修の目印か。


70009339.jpg


完全に本線に出てきた。正面が帯広方面。向かって左のホームが1番線、右は島式で2番、3番と続く。信号機は場内、出発ともに全赤になっている。車輌は進行方向を変えて待機中。操車担当が有線で発進許可を取っている。


70009343.jpg


方向を変えて3番線ホームに向かう。例によって操車担当はポイント通過を見守る。


70009347.jpg


無事に3番線ホームの定位置に停止。有線で作業の終了を伝える。ちなみに3番線は狩勝を越えて行く富良野方面の専用ホームで、現在休止中。


70009348.jpg


操車担当が指差で安全確認。これで終わり。ご苦労様でした。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/18(火) 00:00:00|
  2. 根室本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<駅舎の灯 音威子府 17時05分 | ホーム | 瑞穂の国>>

コメント

当時岐阜の街中を走る名鉄の路面電車はそのまま西へ東へと郊外に足を延ばしていました。
車を運転し路面電車と並走していたことが懐かしいです。
地元にいながらそんな写真は撮っておらず惜しいことをしていました。

それにしても谷汲線が廃止になったのは平成13年だったのですね。
もっと昔だとばかり思っていました。

  1. 2019/06/26(水) 20:38:55 |
  2. URL |
  3. 高辻烏丸 #-
  4. [ 編集 ]

すいません、コメントを入れる記事が違っていました。
  1. 2019/06/26(水) 20:44:36 |
  2. URL |
  3. 高辻烏丸 #-
  4. [ 編集 ]

岐阜の路面電車

高辻烏丸さん、

そうでした。高辻さんの地元でしたね。岐阜市内線は残念な結果になってしまいました。

あの頃の車優先の考え方から、都市が成熟した今、再び路面電車が見直される世の中になりました。
しかし、一から造るとなると、何処の自治体も苦しい台所事情が許さないようです。
路面電車の残された都市には、もう廃止計画などありません。逆に街のシンボル的存在になっています。
岐阜市ももう少し辛抱していれば、そんな時代になっていたかもしれません。本当にもう少しでした。
この谷汲線も岐阜直流600V路線という枠から言えば、路面電車の仲間ですよね。
名鉄が優勢な地域に在って、600V路線だけが消えてしまったのは、時代のいたずらですかね。
ちなみに、この後は、樽見鉄道の谷汲口に向かいました。

実を言うと、先日、私もぜっきあいずさんのところで、記事を間違えてコメントを入れてしまいました。
まあ、偶にはそういうこともありますよ。お互い様です。お気になさらずに。
  1. 2019/06/26(水) 23:56:54 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/828-7cf643d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (160)
飯山線 (39)
宗谷本線 (34)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (12)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (10)
根室本線 (19)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (6)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (54)
室蘭本線 (13)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (1)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR