FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

朝焼けの潟湖

朝焼けの太平洋にジョイント音が響く
人知れず繰り返される早朝の鉄道風景だ

70018852.jpg
2018年10月 根室本線 音別

東の空が色付くころ、列車のジョイント音が海岸線に響く
大きくなったり小さくなったりしながら、近づいてくる
そして音別川の潟湖の向こうにそのヘッドライトを現す
早朝、一番に回2520Dが釧路から厚内へと送り込まれる
この沿線が目覚める前の、人知れず繰り返される儀式だ

尺別炭鉱が在ったころ、音別の人口は優に1万を超えていた
釧路市の飛び地になった2005年には、2,700人程に減った
その僅か11年後の2016年には、2,000人を切ってしまった
このペースで行けば、20年後には音別は無くなっている
かつての停車列車の「ぬさまい」も「まりも」も昔話となった

現役蒸気の頃、無煙化に追われるように道内各地を旅した
今は、路線の廃止の影に急かされるように北の大地を踏む
時代の大きな潮流の中で、地方鉄道の衰退は避けられまい
ただ、その良さを発し続ければ、何かが起こるかもしれない
今年も体力と気力が続く限り、北へ南へと旅しようと思う

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/01/01(火) 00:00:00|
  2. 根室本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<天北峠のキューロク | ホーム | 駅舎の灯 本中小屋 17時26分>>

コメント

荘厳

明けましておめでとうございます。

新年から荘厳なお写真ですね。
遥か向こう列車のヘッドライトと手前の信号灯の対比が印象的。
早起きは三文の徳と言いますが、本当にその通りです。

でもいくら素晴らしいロケでも、腕が無いと表現出来ないのも事実。
今年も こあらま さんのカメラアイ、楽しみにしております。

それでは本年も宜しくお願い致します。
  1. 2019/01/01(火) 21:53:31 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

運試し

いぬばしりさん、

あけましておめでとうございます。

技術的なものは、失敗を重ねていけば、自ずから上達するものです。
場数を重ねて行けば、チャンスの匂いは、どこからともなくしてくるものです。
一番も大切なのは、やはり抱いたイメージを具現化するための、泥臭い執念でしょうね。
いぬばしりさんには、いぬばしりさんらしい作風がありますよね。個性的なイメージも大切ですよ。
こういう運試しのようなやつは、自分の意志ではどうにもならないもので、神のみぞ知るです。
人にしても、風景にしても、チャンスを見逃さないということですが、まだまだ修行がたりません。
悔しい思いをするのもしばしばです。それがまた明日の糧になるんでしょうね。
今年も、失敗を恐れず、果敢にチャレンジしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いします。
  1. 2019/01/02(水) 00:21:52 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

音別の丘

この丘はどうしても夕方の印象が先行しますが、朝は当然ながらこちらサイドが主役になる訳ですね。
手前は音別川の潟ですか。印象的な色を加えてくれましたね。
多分まだ暗いうちに火葬場の脇を通って、という事でしょうからご苦労様です。
入広瀬の夜明け前の墓地もなかなかオツでしたが。
  1. 2019/01/04(金) 22:54:01 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

送り込み

風太郎さん、

最初、この送り込みを知らなくて、撮り逃したことがありました。
この列車は実に貴重な存在です。次の上りは1時間後ですから、朝焼けは冬季限定になってしまいます。
尺別の丘では、走れば特急であっても両方向撮れます。尺別側の空も少々焼けていましたが、冴えないものでした。
先の北海道ロケでは、「始発から」というのを鉄則にしていましたから、毎朝暗い時分から始動してました。
今は、原則駐泊はありませんから、各所で始発車輌の送り込みがあります。
色々な手段で情報を集めていますが、まだまだ落としている回送があるかもしれません。

実は、この旧音別町の火葬場から伯父を送ったことがあります。
町は廃れるばかりで、大塚製薬の工場がなくなったら、それこそ終わりでしょう。
  1. 2019/01/05(土) 00:29:33 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/744-8926d6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (150)
飯山線 (38)
宗谷本線 (30)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (9)
根室本線 (13)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (10)
札沼線 (4)
函館本線 (49)
室蘭本線 (11)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (65)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
八高線 (13)
秩父鉄道 (9)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (20)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (23)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
宮原線 (1)
名古屋鉄道 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR