FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

常紋を去った日

D51の客レが静かに折返線へと後退る
この信号場跡を再び訪れるのは何時の日か

10803F16.jpg
1975年3月 石北本線 常紋

16時55分、石北本線の1529レ網走行が静かに後退を始めた。まず渡り線で左横の2番線に移り、さらに折返線へと進み行き止まる。進行方向を変えて、左端に僅かに見える金華へと下る本線へと進入する。後は、ほぼ絶気で常紋峠を駆け下るだけだ。5分前までは、1532レ上川行が並んで停車していたが、残念ながらDD51に引かれていたため写真は残っていない。蒸気列車を楽しむために乗車した1529レは、北見で牽引機をD51からC58に換えて、終着の網走には19時37分の到着となる。この日の宿となる札幌行518レ「大雪4号」は、北見まではC58牽引の普通列車1528レだ。網走発は1529レの到着の56分後の20時33分となる。

この時が、こあらまの常紋の最後となっている。この年、常紋が無煙化されるのに合わせて旅客扱いが終了し、本来の信号場に戻った。無煙化後も常紋信号場を何度も通ってはいるが、降り立つことは叶わない。2001年には交換設備の使用が停止され、信号場としての機能も失った。その後も、常紋は石北貨物の撮影聖地であり続けているが、撮影場所はキロポストで呼ばれるようになった。かつて、常紋トンネルを恐る恐る抜けて行ったあのS字カーブは、「146キロポスト」というお立ち台だそうだ。生田原から林道が通じているので、無雪期であれば、お手軽な場所なっている。あの常紋トンネル越えの武勇伝は遠い昔話になった。

今回の北海道の旅では、金華と生田原には寄ったが、常紋信号場の跡地にも146キロポストへも行かなかった。人気スポットにはあまり近づきたくないということもあるが、どうも、昔を偲ぶような場所ではなくなっているような気がしてならない。人里離れた山中に佇む風情あるスイッチバック信号場の記憶は消えることはない。現在の常紋がどうなっているかは知らないが、スノーシェイドに覆われたままなら、複雑な線路配置の痕跡を愛でることも出来まい。ひょっとすると、立ち入ることさえ拒絶されているかもしれない。国道にある常紋入口の標識は眺めるだけだった。何時の日か、怖いもの見たさで、必ずもう一度行ってみようと思う。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/11/25(日) 00:00:00|
  2. 石北本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<釧路コールマイン | ホーム | 別寒辺牛湿原 雨の夜明け>>

コメント

追憶の常紋

私もこあらまさんと同時期に北海道にいた訳ですが、このお写真の1529レも生田原側に下った今で言う「146キロポスト」付近で撮影しⅮ511008号機が牽引していました。
撮影後、信号場に戻る訳ですが現役蒸気末期の常紋信号場は中に入って「暖を取らせてくれる」なんて事は無くなり、次の19時過ぎの遠軽行きまで外で待ちました。
3月末とはいえ、日の落ちた信号場はかなり寒かったです。同行者が「鯖の水煮缶」を出して食べていたら、凍ってきて途中で「シャリシャリ」してきた記憶があります。
またこの時に東京から1人で撮影に来たという小学校6年生に会いました。
行く6年生も度胸がありますが、出す親も凄いなと今思います。

ネット上でよく写真を拝見しますが、常紋信号場は私の知っている場所ではないようですね。
信号場から生田原側に山越えし線路沿いを歩いて撮影場所に行ったり、トンネルの中を歩いて行くなんて遠い昔の記憶の出来事なんですね。
  1. 2018/11/26(月) 17:45:00 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

なぜにキロポスト

生田原方のWカーブをなぜキロポストで呼ぶのか、
不思議に思っていましたが、常紋が信号場ではなくなった
から、と聞けば納得です。
「常紋で降車して決死の思いでトンネルをくぐって」ではなくて、生田原から林道を車で入っていくお手軽撮影地になったとは・・・
最近、トンネルをくぐらず積雪期に山越えした方ともお話しましたが、こういう話題も通じなくなっていくんですねぇ。
  1. 2018/11/27(火) 08:18:42 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

在りし日の常紋

yba-d51さん、

1529レを146キロポストで撮られましたか。3月末なら、まだ十分に撮影可能な時間帯でしたからね。
私もそうすることを再三考えましたが、蒸気列車の暖かい車内に揺られの乗り鉄の誘惑に負けました。
この頃は補機はDL化されていましたから、補機の付かない列車は貴重な存在でした。
常紋では数少ない客レであり、DL補機も付かない。やはり、もうひと頑張りすべきでした。
次の常紋停車の各停までの間に、貨物と特急の交換が1回、急行の通過が2回ありました。
信号所の夜間撮影も考えて、そこまではダイヤの検討もしてありました。
「鯖の水煮」の缶詰が凍るくらいの寒さですから、退散してよかったかもしれませんね。(笑)

こういう思考も、あの山間に佇むスイッチバック信号所の秀逸な眺めがあってこそのことです。
シェイドに覆われ、棒線化されてしまった常紋など、撮影の対象ではありませんが、その変化を実際にもう一度見ておきたいです。
  1. 2018/11/27(火) 17:06:15 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

常紋今昔

マイオさん、

あの頃は、常紋付近には道路はないと思っていたのですが、実は在ったんですね。
当時の写真にも、信号所に通じる轍が写っています。よく考えたら、在って当然ですよね。
少なくとも現在は、ちょっとした悪路ですが、金華から常紋経由で生田原まで林道が繋がっています。
その途中に、「○○キロポスト」と呼ばれる撮影場所が幾つか点在しています。どれも、下車後直ぐです。

蒸気時代もファンが押しかける有名スポットでしたが、今も「たまねぎ列車」のシーズンは、結構な撮り鉄諸氏が集まります。
上りの本当の「たまねぎ列車」は夜間になってしまい、撮影対象は正確には返却の下りです。
白滝辺りから始めて、常紋の「146キロポスト」まで追っかけるというのが、通常メニューのようです。
今回、この「たまねぎ」も撮りました。ご一緒した方から常紋も誘われましたがやめときました。
多い時には30人くらい集結するそうです。ヒグマ出没地帯で、同胞が多い方が安心だとか。

常紋も随分とお手軽なところになったもんです。
  1. 2018/11/27(火) 17:46:10 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/725-3279d6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (141)
飯山線 (31)
宗谷本線 (26)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (10)
根室本線 (10)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (4)
函館本線 (45)
室蘭本線 (10)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
名寄本線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR