FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

別寒辺牛湿原 雨の夜明け

鉄路以外には人工物は何もない
原始の自然の中にヘッドライトが輝く

80015533.jpg
2018年10月 根室本線 厚岸

厚岸湾に注ぐ別寒辺牛川の河口に広がるのが別寒辺牛湿原だ。鉄道好きであれば、厚岸、糸魚沢、別寒辺牛湿原の名前を知らないことはないだろう。しかし、周辺に、釧路湿原、霧多布湿原、風連湖湿原といった名の知れた湿原が集中する場所柄のため、一般には知名度が低い湿原になっている。タンチョウの繁殖地であり、ハクチョウやカモなどの水鳥の飛来が多く、原始的な自然も手付かずで残されていることから、愛鳥家、カヌー愛好家などからの人気度が上昇中だ。

湿原故に、ここでの撮影場所は限られている。今回は最もポピュラーなお立ち台からの1枚を。露出度が高く、見飽きているだろうから、悪天候時のものを選んでみた。上りの始発列車はまだ明けやらぬ湿原を、コトコトとやって来た。よくぞこんなところに鉄路を敷いたものだ。今なら自然破壊と非難されそうだ。この場所、何てことない丘に登ることになるが、雨で斜面がつるつるで、意外と苦労することになった。さすがに、このままでは帰れず、晴天時の朝にもう一度丘に登ることになった。

根室本線の釧路-厚岸間の135.4km、花咲線と呼ばれる区間を、JR北海道は2016年に「単独では維持することの困難な線区」とした。冗談じゃないと、根室市は存続に向けた活動を展開している。ふるさと納税を活用したクラウドファンディングも行っている。目標の3千3百万円に対して、2億8千万円もの寄付が寄せられている。以前、由利高原鉄道の記事を書いた際に、ふるさと納税の活用にも触れたが、根室市は実際にふるさと納税で、「根室花咲線」の活性化事業の資金を得ている。寄付募集期間は今月末までだ。興味がおありの方は次のサイトへ。

日本最東端の鉄路「根室花咲線」を守ろう

この根室市の活性化事業には、鉄子の矢野直美さんが協力している。そのサイトはこちら。

地球探訪鉄道 花咲線


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/11/23(金) 00:00:00|
  2. 根室本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<常紋を去った日 | ホーム | 大湊線恐山二景>>

コメント

釧路以東の根室本線は起伏や湿地が多く、線路の敷設には相当苦難したと思われます。
一時の損得で、その存在を無にして良いものかと・・・。
国土の末端部であることや国防上としても重要と思います。
かつては、鉄道が敷かれることが、施政権の具現化だったのですが。
  1. 2018/11/24(土) 20:29:44 |
  2. URL |
  3. hmd #-
  4. [ 編集 ]

正念場

hmdさん、

鉄道好きとしては、勿論存続させてもらいたいところですが、なかなか難しい問題です。
乗客の殆どいない空の列車を走らせるために血税を注入することに、必ずしも国民の賛同が得られるとも限りません。
花咲線は風光明媚な路線ですから、根室市は観光開発のツールとしてアピールしています。
地域住民の利用促進には踏み込んでいませんが、列車本数的にも、料金的にもギブアップの状態とも言えます。
観光化が最も現実的な方向性ですが、鉄道維持のためのコストを下げられるような法的な配慮も必要でしょう。
どうやって残すかという観点での国民的な議論が望まれますし、超法規的なやり方も模索すべきです。
国交省が列車運行を民間に委ねる案を出していますが、旧来型の鉄道企業体の発想に限界を感じてのことでしょう。
実は自らもそうなのですが。自動車関連税の一部を鉄道に注入しようなんてことには決してなりません。
地元自治体の利用促進活動に関しても、多くの場合、何ら効果が上がっていないのが実情です。
勿論、この根室市の活動の効果については、見守っていきたいと思いますが。
ここらで、これまでのやり方を根底から覆すようなスキームが必要だと思います。
鉄道網は貴重な国の財産ですから、簡単に諦めることは許されません。
  1. 2018/11/25(日) 01:27:57 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

糸魚沢晩秋

此処は冬に撮りましたが、晩秋の枯れ野はいかばかりかと思っていたところです。
本当は自分が立ちたかったのですが、ミャンマーのほとぼりも冷めず、この秋は見送ってしまいました。
こういう天気の時はカメラをしまってしまう人が多いのかあまり写真も見ませんが、
湿原の幽玄な感じや底冷えするような空気感はこうでなければ。
しかしこの場所、シカのフンだらけだったんじゃないですか。
列車待ちの間中、生臭さに閉口した思い出があります。
  1. 2018/11/25(日) 17:16:48 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

湿原の展望台

風太郎さん、

田舎暮らしをしていると獣臭には敏感なのですが、何故かここでは反応しませんでした。
この界隈は、シカとの衝突事故が道内で最も多いところですから、何処かに潜んでいたはずです。
最も多くシカを見かけたのは、落石と稚内です。稚内は町がシカに包囲され、住宅地にまで進出しています。
ここまで増えると、人間にも湿原にも脅威です。少々はジビエにでもなってもらわないと大変なことになります。

さすがに、この天気では同業者はいませんでした。ガスが彷徨っていたので、何か起きるかもと期待しましたが、ご覧の通りです。
後日、晴天時に再訪しましたが、御三方とご一緒でした。太陽の反射を狙いましたが、そちらはそのうちということで。
人と作例は多いですが、この眺めには引き付けられます。春夏秋冬、四季を通して楽しめる絶景でしょう。

本数が少ないので、あれもこれもとは行きませんが、いろいろ撮ってみたくなる花咲線です。
入広瀬然り、本数が減る分、撮りたいシーンが増えるというのは、ローカル線の常です。
その分、その土地をより深く体験することになるでしょうから、それはそれで贅沢な時間だと思います。
  1. 2018/11/26(月) 10:30:56 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

湿原を行く風景

こあらまさま

ご無沙汰です!
一連の北海道10月遠征楽しませていただいております。
花咲線の湿原風景、初夏遠征では寝坊によって断念しましたが、やはり花咲線の白眉ですね。
  1. 2018/11/30(金) 09:25:51 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

湿原か牡蠣か

狂電関人さん、

ご無沙汰でした。

今回は日数を掛けてじっくりと回ったつもりですが、列車本数が少ないので、まだまだ満腹とは行きませんでした。
花咲線も全線トレースしてみましたが、やはり別寒辺牛湿原と落石が秀逸ではないでしょうか。
この二か所を除けば、掴みどころのない風景が続くので、フレーミングには苦しめられます。

「寝坊で断念」とは、さぞかし美味しい酒に恵まれたんでしょうね。こちらは、道の駅からのアプローチですから。
厚岸の道の駅は、町と港を見下ろす高台にありますから、港の夜景を鑑賞しながらチビチビでした。
ちょうど「牡蠣祭り」の期間中でしたので、美味かったと言いたいところですが、こちらも時間不足で満足度は今一つ。
朝晩撮って、昼間は駅巡りですから、なかなか名物にはありつけません。次回は軸足を変えようかと。
  1. 2018/11/30(金) 22:48:11 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

登れませんでした

お久ぶりです。いつも楽しみに拝見しています。
この場所に今年8月に訪れたのですが、あいにく土砂降りで見通し悪く、国道沿いから釧路行きを撮りました。びしょ濡れになり寒くて、その後厚岸の道の駅で炭焼きの牡蠣三昧を頂き、生き返りました! 同じような行動ですが天候に左右されますね!
  1. 2018/11/30(金) 23:18:50 |
  2. URL |
  3. 高橋邦明 #R2WJGsRw
  4. [ 編集 ]

厚岸の牡蠣

高橋邦明さん、

奇遇ですね。夏に行かれましたか。夏の釧路・厚岸・根室は天候が優れませんが、土砂降りとは。
この時も、ちょっと前までガスでホワイトアウト状態で、半ば諦めていましたが、何とか見えるようになりました。
この後、ストレートの正面に位置を変えましたが、天候は変わらずで、ツルツルの斜面との格闘が続きました。
とにかく、天候に一喜一憂することなく、撮り続けるのことに心掛けていますが、視界が失われたら、どうしようもありませんね。

厚岸の牡蠣は本当にデカくて美味しいですね。これも別寒辺牛湿原のもたらした恵みかもしれません。
厚岸グルメパークはなかなか有難い道の駅です。美味いという評判でしたから行ってみましたが、その通りでした。
店は遅くまでやっていますし、眺めもいい。お立ち台までのアクセスも10分と至って便利。これで風呂があれば申し分ないです。
といっても、近くに銭湯がありまして、休業してしまってないか心配でしたが健在でした。
  1. 2018/12/01(土) 14:37:24 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/724-605618b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (141)
飯山線 (31)
宗谷本線 (26)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (10)
根室本線 (10)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (4)
函館本線 (45)
室蘭本線 (10)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
名寄本線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR