駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

キハ110 国鉄急行色 デビュー

佐久甲州街道の山里に、桜と新緑と鯉のぼりの季節が到来した。
この地に小海線が開通して80年。開通を祝う国鉄色が春の訪れに彩を添える。

80001451.jpg
2015年4月 小海線

この地域では、農作業が始まる桜の季節に、5月の節句の鯉のぼりを揚げる。一緒に初節句を迎える息子や孫の名前を書いた幟も立つ。新たな家族の門出を祝いつつ、地域への跡取りのお披露目でもある。これまで冬の無機質な色彩の里が、一気に色付く。どれも美しい日本の四季を彩る風物詩だ。

さて、先般 この記事で小海線全線開通80周年記念の国鉄色のことをご紹介したが、やっと国鉄急行色の方が撮影できたので、お披露目したい。何ともいい色だ。現代の機材を持って、過去にタイムスリップしたかのようだ。冷静に撮影のことだけを考えても、この色は大いにメリットがある。スジが予め分らないのが辛いところだが、往路で遭遇できれば、復路で待ち受けることは可能だ。
ただ、難点は顔が少々ちんけなことだ。パンダ顔とでも言おうか、あの「ゴーハチ・ニーハチ」の精悍な顔立ちとは程遠い。折角の記念色、文句を言っちゃいけませんね。精々、サイドビューで楽しませて頂くことにしましょう。

80001454.jpg
車両観察のためのアップの画です。キハ111/112の2両固定編成が使われています。

さて、この国鉄急行色、小生のような50歳代のセミオールドファンにとっては、「素晴らしい・懐かしい」の一言だが、タラコ色やそれ以降の世代のファンには、どのように映っているのやら。まさか「昭和臭い」と言われやしないだろか。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/28(火) 22:40:20|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<少年とハチロク | ホーム | C5765の肖像>>

コメント

懐かしい!

ブログを拝見した瞬間に、懐かしい色が飛び込んできて、一瞬、キハ58の再来か、と思ってしまいました(^^)
たしかに、よく見ると顔は、パンダ顔ですが、やっぱりいいですね、国鉄色。
思ったほど違和感もなく、これなら人気が出そうです。
野辺山では、明日から塚本さんの写真展もはじまるようで、今年の小海線は、いつにも増して魅力いっぱい。なんとか時間を作って遊びに行きたいものです。
続編、楽しみにしています。
  1. 2015/04/28(火) 23:49:27 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

どうせやるなら

キハの急行色も懐かしいですが、2連なんですから
赤が上下でクリームが窓帯の、「鈍行色」に
してしまったら・・・と思いますね。
確か以前にこあらまさんもそういうご意見でしたね。

それはそれとしても、これはこれで映えますね。
グリーンの中に置くと、どんなに離れていても
一瞬で目立ってくれる。(タラコもそうですが)
写真的にはうれしい素材です。
  1. 2015/04/29(水) 11:56:41 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

遠目にはキハ58

まこべえさん、

北海道への移動中のため、応答が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。スマホはどうも上手く使えないもんで。(笑)
昨日は釜石線、本日は大湊線でロケハンし、大間からフェリーで渡道。やっと先程、かみさんの実家に着きました。船で北海道に渡ると、昔が思い出されます。時間があれば、函館周辺でJR北海道の鉄画も撮りたいと思っています。

さてさて、小海線の国鉄急行色は如何でしょうか。サイドビューはなかなかと思います。塗装が新しく煤けてないので、妙に鮮やかです。遠目には新造のキハ58です。昔、そうざらにはカラーは撮れませんでしたので、今の機材で存分に撮りたいものです。是非お時間を見つけてお越しください。

塚本さんの写真展は知りませんでした。寄ってみます。新しい画や、新情報が得られましたら、またご報告します。
  1. 2015/05/01(金) 23:26:32 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

結構いけますよ!

マイオさん、

お体の具合は如何ですか。どんなに元気なようにしていても、年には勝てませんよ。無理をされるとたたります。お体を大切に。

そんな訳で、レスが遅くなってしまいすいません。昨日釜石線のSL銀河を初めて撮りましたが、客車風のディーゼルカーは結構な出力です。C58の煙は、勾配とは関係ないといった感じです。非電化で風光明美で、勾配が連続する路線ですが、蒸気列車の醍醐味を感じられないところがありました。秩父とは一長一短です。

小海線の国鉄急行色、思ったより行けそうです。この色は、場所や天候にかかわらず目立ちますから、撮影のバリエーションが広がることは確かです。本当は鈍行色がよかったんですが、贅沢は言えません。

蒸気一筋のマイオさん、ちょっと浮気して、古の国鉄色DCで遊んでみませんか。
  1. 2015/05/01(金) 23:33:08 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/72-9ac8e34d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
富良野線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR