FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

キューロクの日 2018

短足動輪と太いボイラーがこの罐の個性だ
北と南の炭鉱町を甲斐甲斐しく走り回っていた

04214F16.jpg
1973年3月 留萌本線 留萌 19605

今年のキューロクの日は、その活躍の場だった北と南の炭鉱町から2輌の罐をピックアップして、進化の違いを比較観察してみようと思う。同じ形式であっても、その土地の風土や趣向、仕業内容に合わせて、大きく姿を変えていたのが、蒸気機関車の面白さの一つだろう。

まずは北のキューロクから、留萌で入換に勤しむ深川機関区の19605。一目でわかる無骨な防寒装備が、北の大地で生きるキューロクの特徴だ。腹に抱えた給水温め器と切り詰めデフ、スノープロウ。キャブの寒さ除けの幌と、窓に付けられた防風のためのバタフライ・スクリーン。そして深川区を特徴付ける前照灯のツララ切り。どれも極寒の地を生き抜くための装備だ。蛇足になるが、煤けたテンダーに大書きされた労働組合のスローガンも、北海道の早春の風物詩かと。

変わって南のキューロクは、直方機関区のヤードで休憩する行橋区の79668。晩年にC5058から譲られた「波に千鳥」のK-7門デフが人気の罐だった。九州の罐は、何といっても原型に近い姿と、磨き込まれた鐵にある。何があったのか、この時の79668は特に入念に磨かれ黒光りしていた。化粧煙突に門デフ、一つ目の大型の前照灯。九州勢のキャブ下に並んだの点検口が少々残念だが、白線入りのすっきりとした非公式側から眺めると、とりわけこの罐の手入れの良さが際立つ。

この2輌の共通点は、日本の北と南で、ともに石炭輸送の任に当たったことだろう。留萌本線と田川線、どちらも石炭輸送のために開かれた鉄路だ。キューロクと石炭とは切っても切れない仲だ。この短足動輪と太いボイラーは、石炭列車を力強く牽くためのものだ。その容姿と高い粘着性能に反して軸重は軽く、運用線区を選ばず、使い勝手の良さは後進の追従を許さなかった。より高出力のD50やD51が現れた後は、全国各地の亜幹線やローカル線での活躍が待っていた。

かくして、キューロクは、日本の国産蒸気機関車の創成期に産声を上げ、国鉄の現役蒸気の最後を飾った、日本で最も長寿の蒸気機関車となった。今もこうして「キューロクの日」を祝ってもらえる、ファンからの愛着も深い名機だ。


02115F16.jpg
1971年7月 筑豊本線 直方 79668


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/06(木) 00:00:00|
  2. 留萌本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<天空の時間 空に一番近い列車 2018 No.7 | ホーム | 白波の夕景>>

コメント

北と南と

わざわざ北と南のキューロク現役写真をご準備いただき、
ありがとうございます。

炭田地帯の集荷用として、そして入替用として最後まで生き延びたキューロク。後方からではわかりませんが、旋回窓装備の北のキューロク(69620など)もいましたね。

南の79668はこのとき「波と千鳥」をすでに装備していたのか。私が撮影した72/7には、千鳥こそやや煤けていましたが、波ははっきり遠くからでもわかる状態ですでに装備していました。ただ、目立つほどに磨かれていたのは、この罐くらいで、直方でも後藤寺でも他のキューロクは煤けていた記憶があります。79668を最初に見たとき、お召し機だっけか?と思いました。
  1. 2018/09/06(木) 13:03:52 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

祝記念日

マイオさん、

マイオさんの前宣伝やひぐまさんの早出しもありましたので、今年は景気づけに2枚アップしてみました。
ハチロクの日が、キューロクの日の前振りのように思っていたのですが、どうなんでしょうか。
そこそこの参加者があったのなら、何時だったかのように、参加者を紹介してもらいたいところです。

確かに、筑豊の罐は全てであまり綺麗ではありませんでした。この「波に千鳥」が特別なんでしょう。
煤けた公式側のぐちゃぐちゃしたメカニカルな眺めが、キューロクの見所でもありますから、あまり綺麗でもです。
これだけ人気があるのに、何でキューロクの復活話が出ないんでしょうか。マニアック過ぎですかね。

まだまだ在庫はありますから、浮き沈みには目をくれず、もう暫く二つの記念日を続けようと思ってます。
  1. 2018/09/07(金) 01:47:08 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

一段落

マイオさんの集計記事も出て今年も一段落。
それなりに盛況だったようでしたら、ちょっぴり焦る傾向にある8/6も確かに9/6の前振り的な位置付けで、
あまり一喜一憂しない方がいいかもしれませんね(笑)

「その容姿と高い粘着性能に反して軸重は軽く・・・」なるほど、晩年まで重宝がられた理由はそこだったんですね。
とは言え、ぜっきあいずにとってキューロクは、どうしても遠方の希少なカマのイメージがあって、
今年のように「景気づけに2枚アップ」が常態化すると、非常に苦しいところではありますが、
ひょっとして9/6がきっかけでキューロクの動態復活・・・なんていう夢物語が現実のものとなる日が来ることを期待して、
普段はできるだけ節約して(笑)来年以降も細く長~く続けられるようにしたいと思います。
  1. 2018/09/08(土) 06:57:03 |
  2. URL |
  3. ぜっきあいず #djaKVQjc
  4. [ 編集 ]

思い出記念日

ぜっきあいずさん、

今年のキューロクの日も北と南がほとんどで、舞鶴の29680には目を引かれました。
懐かしい大宮の入換機です。大宮ではデフなしだったような。その頃、稲沢にもキューロクが居ました。
大宮には、僚機に29683というのが居まして、二グロハッサンと呼ばれ人気の高い罐でした。
川越線・八高線を走っていたのですが、こちらは、ひぐまさんの帯広に転出していきました。

北海道と九州の炭鉱地帯には、キューロクはゴロゴロしていましたが、本州は早くに少なくなりましたね。
本州ではハチロクよりもキューロクの方が希少だったよな気がします。何とか真面に撮れたのは米坂線くらいです。
その分、北海道にはキューロク路線が沢山ありましたから、質を問わなければ、多くのカットが残されています。
ぜっきあいずさんやマイオさんのように蒸気がメインだと、それはそれはネガ探しが大変でしょう。
こちらは、近頃のデジタル画に流されてしまっているので、幸か不幸かネガ在庫は余りはけていません。
その分、記念日くらいは、蒸気ブログの端くれとして、仲間入りをさせてもらいたいところです。
年に1、2度、同じ時代を生きた仲間で、思い出を共有するのも悪くはありませんよね。
  1. 2018/09/08(土) 21:55:26 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/685-52438b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (6)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR