FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

若葉のえびの高原線

南九州も過疎化で減便が続く
今年の吉都線は厳しい春となった

70013980.jpg
2017年4月 吉都線 西小林

吉都線は、私的には影の薄い路線だ。現役蒸気の頃は、近くの肥薩線山線を差し置いてまで来るところではなかった。山線無煙化後も、ライトパシフィックのみの運行で、見せ場もあった日豊線などの方が優先順位は高かった。敢えて、思いつくことを挙げれば、京町温泉駅前の温泉旅館に泊まったことがあることと、私的理由により、名前が少々気になる自治体が二つばかりあったくらいだ。

その駅前旅館をネットで調べてみた。その宿は「あわじ荘」という名で、URLも見つけたが繋がらず、今まさに営業しているかは分からない。この旅館の2階からは、吉都線の列車の発着を見ることが出来た。横着にも宿から撮ったD51が何列車か記録されている。さすがに、流改のC5534が現れると、いそいそと駅まで撮りに出ている。まあ、D51には反応しない位に疲れていたということだろう。

そんな吉都線を昨春ロケしてみた。都城から吉松までの全線61.6kmを一日掛けて回ってみた。印象はやはり、掴みどころのない難攻不落の線区といったところだ。もちろん、霧島連山を背景にした、南九州の長閑な田園を表現する力量があれば話は別なのだが。それと、残念なことに、人気のあった小林の木造駅舎は壊された後だった。新駅舎はただの小さな箱なので、コメントは差し控えておこう。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/07/06(金) 00:00:00|
  2. 吉都線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<芸備線 第一三篠川橋梁 流失 | ホーム | 中央西線 只今電化工事中>>

コメント

蒸気現役当時のことですが、吉都線は大きな山越えこそありませんでしたが、
逆に開けた農村地帯ばかりでその中をのんびりと走っているというのが魅力だったような気がします。
このあたりでは志布志線もそんな感じの路線でしたね。

当時私も京町温泉で宿泊したことがあります。
駅で安い駅前温泉旅館を紹介してもらいましたが旅館名はなんだったのか?
それにしても旅館の窓からの撮影とは何と贅沢なことか。

  1. 2018/07/06(金) 19:42:57 |
  2. URL |
  3. 高辻烏丸 #-
  4. [ 編集 ]

駅前温泉旅館

高辻烏丸さん、

そうですね。長閑な田園風景が吉都線のいいところなんでしょう。たた、夏の無煙には泣かされました。
そういう意味では、冬の朝の白煙が似合う路線だったと思うんですが、残念ながら冬に行ったことはありません。
高辻さんは、京町温泉に泊まられて、やはり朝の白煙狙いだったのでは。冬にも行かれてましたよね。
お隣の志布志線も南国の農村風景でしたが、もう少しコンパクトだったような気がします。こちらは、一度っきりでした。

蒸気を撮り始めた頃は、割かし、のんびり、ゆったりしていたような気がします。駅前温泉旅館なんかに泊まったりして。
そうそう、高森線の白川橋梁狙いで、戸下温泉なんかにも泊まりました。今無き「碧翠楼」でしたっけ。
それが、究極の安近になって、宿は駅そのものになりましたからね。宿代までお金が廻らないのが一番の理由でしたが。
今はどうかというと、朝晩が勝負でして、相変わらず無宿者です。今のローカル線は、昼には列車は来ませんから。
  1. 2018/07/06(金) 23:07:09 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

京町

私も1973年8月に京町駅の国民宿舎「やたけ荘」に早朝のⅮ51牽引の混合列車を撮影するべく泊まりました。写真は朝もやの中で混合だか貨物だかよくわからない写真になっています。
その年の12月には谷頭~日向庄内で霧島連山をバックにC57やⅮ51を撮影しました。
九州蒸気撮影では勾配区間でも無煙な列車が多かったです。それに比べ冬はなかなか良い煙の蒸気を撮影することができました。

やっぱり蒸気撮影は冬がいいですね。
  1. 2018/07/07(土) 15:39:40 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

吉都線の白煙

yba-d51さん、

またお一人、京町に泊まって、朝の白煙を狙った方がおいででしたか。
当時、そういう写真を雑誌で結構目にしましたから、潜在意識に吉都線の白煙が刷り込まれていたんでしょうね。
確かに、貨物列車にしか見えない混合列車が走っていました。貨車の中に客車が埋もれる様に付いていました。
きっと、朝もやがなくても、あの紛らわしさは一緒だと思いますよ。乗客は困らなかったんですかね。
吉都線には、D51重連の客レや、D51とC55の重連の貨物もありました。そう考えると、それなりに役者も揃っていました。
ただし、やっぱり冬じゃなくちゃ駄目ですよね。

そうそう、yba-d51さんのお写真も拝見したいものです。
  1. 2018/07/07(土) 23:53:08 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

ミクシーにハンドルネーム「信号所」として現役蒸気の写真をアップしています。よかったら、ご笑覧下さい。
  1. 2018/07/08(日) 13:33:06 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

yba-d51さん、

mixiですか。登録ユーザーではないので、何所まで入れるかは分りませんが、探ってみます。
  1. 2018/07/08(日) 22:20:25 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/654-29b126c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (6)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR