FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

日向路夕景

夏の夕日を浴びてC57が静々と下りてきた
日向路の暑かった一日が終わろうとしていた

05730RF216.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

昔も今も、蒸気機関車の名撮影地と言えば、煙を天高く勢いよく吐く、登りの急勾配か出発シーンと相場が決まっている。確かに、爆煙を上げてブラスト高らかに、懸命に急坂を上ってくるSLには心時めくものだ。ただ、そんな場所に陣取れば、坂を惰性で駆け降りる罐を見送ることにもなる。それとて貴重な被写体で、どう料理するかで悩んだものだ。希に、峠にトンネルもなく、サミットを行ったり来たりして、どちらも力走が狙えるという好都合な場所もあった。そんな峠道で補機運用がなされていれば、あの懐かしい絶気合図を聞くことも出来た。

絶気合図というのは、先導する罐が後続の罐に、峠のサミットなどで加減弁を絞る合図で、長音1回短音2回の組み合わせで、文字で表せば「ボーボッボッ」といった感じだろうか。後続の罐は、同じ音で了解の返事を返す。ところが、蒸気の汽笛というのは、同じ形式であっても、それぞれの車輛、状態によって音程や音質が微妙に異なる。そのため、本務機と補機が、如何にも会話をしているかのように聞こえるのだ。総括制御の無かった時代の協調運転は、こんな機関士間の合図によって成り立っていた。ファンにとっては思い出深い汽笛の饗宴だった。

少々話が横道に逸れてしまった。さて、写真は青井岳越えを終えて、宮崎に下る日豊線の貨物列車だ。見事なまでの絶気で静々と坂を降りてきた。この年は酷く暑い夏で、じりじり照り付ける晴天が続いていた。この日も灼熱の線路を歩き続けてバテバテだったが、この後は夜撮りに向っている。この頃は、残された時間の短さに急かされるように、寝る間を惜しんで撮っていた。そんな遠い日々を呼び起こすのは、爆煙よりも、日が傾いた日向路を、夕日を浴びてゆったりと進む1次型C57の美しい姿だろう。あの堪らなく暑い夏の日が沈もうとしていた。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/31(木) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<津山まなびの鉄道館 | ホーム | 新緑の残雪八ヶ岳>>

コメント

c57の記憶

清武~日向沓掛~田野~門石信号場~青井岳は下り列車に煙を望めましたが、夏は意外と煙を吐く列車の写真は少なかった気がします。
機関士が上手で石炭の燃焼度が良かったせいでしょうか?
この写真を見ていると45年前の空気感、音、草の匂いを感じます。
遠いC57記憶が頭の片隅に残っていました。


またこの年の12月にもこの地を訪れましたが寒さのせいかとても良い煙を吐くC57を撮影することができました。

  1. 2018/05/31(木) 21:55:31 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

夏の九州

yba-d51さん、

そういえば、日豊線に限らず、夏の九州では爆煙というのは、あまり記憶にありません。
やっぱり、蒸気機関車にとって、気温が高いのは健康に良かったのかもしれませんね。
私の場合、終ってみれば、夏は九州、冬は北海道ばかりという結果になっていました。
冬の九州と、夏の北海道は、それぞれ1回きりで、写真も少ないです。
夏の北海道には未練はありませんが、冬の九州はもっと撮っておきたかったです。
先輩方の写真を拝見していると、肥薩線でも日豊線でも吉都線でもモクモクですよね。
そんな訳で、私の九州の記憶は、暑かったことと、見事な絶気ばかりです。
  1. 2018/05/31(木) 23:24:38 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/636-cd3056a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR