FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

三段式スイッチバックを往く

雪解けとともに出雲坂根にジョイント音が響く
中国山地の山懐を静々と単行列車が折り返す

80013563.jpg
2018年4月 木次線 出雲坂根

スイッチバックには、幾つかの分類がある。石北本線の遠軽のように、単に進行方向が変わるだけのもの。篠ノ井線の姨捨などで見られる、勾配区間において駅だけを本線から分離させたもの。この2種が多くを占めるが、鉄道ファン的に人気が高いのは、やはり高度を稼ぐために、本線がZ字型に方向転換しながら急勾配を登っていくタイプだろう。この3段式スイッチバックのタイプは、全国に5箇所が現存する。

木次線 出雲坂根
豊肥本線 立野  「立野の危機」
肥薩線 大畑  「山線の記憶 大畑の軌跡」
肥薩線 真幸  「山線の記憶 真幸の追憶」
箱根登山鉄道 大平台  「雨のスイッチバック」

面白いことに、全てが逆Z字の線路配置になっている。大平台だけは折り返し点に、上大平台信号場を有しているため、別タイプに分類されることもあるが、信号場が在るか無いかの違いで、線形と敷設目的は同じだ。JRの4箇所は、何れも国鉄現役蒸気時代には名撮影地として、蒸気ファンで賑わった場所となる。このブログでは、これまで立野、大畑、真幸、大平台の4箇所を、付記題名(リンク付き)でレポートしてきたが、今回は残った木次線の出雲坂根をご紹介したい。

この出雲坂根が開業したのは1937年で、他の4箇所に比べてかなり歴史が浅い。本線筋でも、都市近郊の名立たる保養地でもない、出雲街道沿いの中国山地の陰陽連絡線の歴史が短いのは当然だろう。しかし、スイッチバックの規模となると、出雲坂根と立野が抜きんでている。ところが、立野は2016年の熊本地震から休止状態が続き、ここ出雲坂根も積雪期の運転休止が恒常化しつつある。ここも自然災害にでも遭えば、結果は推して知るべしだ。旅客輸送の需要が尽きた今、一日3往復と云う限界ダイヤの中、観光列車「奥出雲おろち号」だけが頼みの綱だ。

1枚目の写真は、出雲坂根を出発して、30‰のスイッチバック2段目を登る下り列車だ。2~4枚目はスイッチバックを降りてくる上り列車になる。2段目と3段目の折り返し場所には、積雪からポイントを守るための屋根が設けられている。2段目は林に隠れて全く見えないため、ジョイント音だけを楽しむことになる。出雲坂根の駅は向かって右側にあり、折り返した列車は桜並木の1段目をスピードを上げて八川へと向かう。急勾配と軟弱路盤のため、スイッチバック内は徐行運転され、折り返しには運転士の移動もあるので、通過には結構な時間が掛かる。その分、高みの見物が長く楽しめる。スケールの大きい出雲坂根のスイッチバックの醍醐味を、少しでもお伝えできれば幸いだ。


80013575.jpg


70017346.jpg


70017350.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/25(金) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<魚沼へ 水温む季節 | ホーム | 駅の花>>

コメント

初めまして

初めまして新潟のとき300号といいます。
懐かしいです、木次線。最後に乗ったのがもう40年前です。有名な三段スイッチバックと延命の清水?がありましたね。
素敵な写真ありがとうございます。これからも拝見させていただきます。
美作滝尾の駅舎写真も素敵です。
  1. 2018/05/26(土) 07:57:36 |
  2. URL |
  3. とき300号 #EenCyZ0o
  4. [ 編集 ]

ご来訪ありがとうございます

とき300号さん、

初めまして。当ブログの管理人のこあらまと申します。

出雲坂根の40年前をご存知ですか。芸備線も含めて、備後落合界隈は本当に寂れてしまいました。
このスイッチバックも朝、昼、夕の3往復のみですから、撮るのも一発勝負です。
その分、並行する国道314号は、2重ループのおろち橋と三井野大橋とができて、立派に整備されています。
国道にある道の駅は、断崖を出雲坂根から三井野原に向かう列車の展望台になっています。
どうやら、他の4箇所の三段スイッチバックと同様に、観光路線として生き延びるしかないようです。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2018/05/26(土) 20:51:14 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

鉄道のある風景

撮り鉄という訳でなく、鉄道のある風景が好きで、中央線・小海線沿いをうろうろしてます。とても参考になります。これからも楽しみに見させて頂きます。
よろしくお願い致します。
  1. 2018/06/07(木) 21:46:38 |
  2. URL |
  3. 風来坊 #-
  4. [ 編集 ]

早速ありがとうございます

風来坊さん、

早速のご来訪ありがとうございます。「駅舎の灯」のこあらまと申します。
この「こあらま」が何であるかは、よくご存知ですよね。勝手に拝借させてもらっています。
なるべく、鉄分の少ない「鉄道写真」を目指していますが、ご参考になればいいのですが。
今日は惜しかったです。上手く行かないのが、長続きのコツですかね。
Aさんともども、これからも地の利を活かして楽しみましょう。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2018/06/07(木) 23:27:11 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/633-3d90852f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (6)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR