FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

駅舎の灯 美作滝尾 18時46分

美作の出雲街道沿いの小駅に明かりが点いた
90年の時の流れが凝縮したような駅舎の灯だ

70008239.jpg
2016年4月 因美線 美作滝尾

この駅舎は国の登録有形文化財になっている。文化庁のデータベースを覗くと、登録基準は「造形の規範になっているもの」とある。つまり、1928年(昭和3年)に建設された、90歳のこの駅舎は、当時の駅舎の標準型で在ったということだ。運輸省鉄道総局が昭和5年に制定した「小停車場本屋標準付図」の中の、1日の乗降人数が100人未満の一號型に近い作りだそうだ。有人駅の駅舎としては最も小型のものとなる。無人化されて久しく、国鉄末期にはかなり荒れていたようだが、地元津山市の所有となり、2008年には有形文化財に登録され、現役の駅舎として保存がなされている。

「男はつらいよ」にも登場し、露出度の高い、あまりにも有名な駅舎なので、敢えて「駅舎の灯」での上梓とした。駅舎以外にも、貨物ホームやその上屋、引込線跡なども現存するが、灯りのない場所なので、今回は割愛することに。この時は18時台の下り列車に照準を合わせて、津山から車で向かったが、渋滞であえなく遅刻。写真の列車は、上りの快速で、お隣の三浦と当駅は残念ながら通過となる。その通過後、待ちかねた明かりが駅舎に灯った。ところが、駅舎正面の裸電球が何時まで経っても点灯しない。壊れていたのか、初めからダミーなのか。後ろ髪を引かれる思いで駅を後にした。


80004488.jpg


70008235.jpg


70008234.jpg


70008237.jpg


70008236.jpg


70008240.jpg


70008245.jpg


70008227.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/19(土) 00:00:00|
  2. 因美線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<漂泊の道標 混合列車の人々 | ホーム | 桜の細道>>

コメント

幾度となく

40数年前山陰本線蒸気撮影を終え、駅に戻るとこの様な駅舎、灯り、列車進入を幾度となく見てきました。

リックサック、三脚、カメラバックの当時の3点セットを持って、「次はどこの撮影地へ行こうか」と思っている自分がいるような懐かしい写真です。
車両の形式が変われども線路に映る光は当時と同じですね。
遠くから蒸気機関車の汽笛が聞こえてきそうです。


来年は平成から年号が変わり、昭和はもっと遠くに行ってしまいますね。


  1. 2018/05/19(土) 21:46:07 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

昭和も遠くになりにけり

yba-d51さん、

山陰線をはじめ西日本には、古い木造駅舎が沢山残っているのは嬉しいことです。
冬の厳しい北海道などでは、無人の木造駅舎は次々と壊され、小さな待合室に化けています。
蒸気時代には、こんな駅舎が当たり前でしたが、今や有形文化財です。
あの頃は、旅は周遊券と決まっていましたから、駅は本当に身近な存在でした。
思えば、駅で過ごした長い待ち時間は、贅沢な時間だったのかもしれませんね。
車を撮影に使うようになってからは、鉄道の本質には触れられていないのかもしれません。
偶に、乗り鉄旅もやってますが、その時ばかりは昔の放浪旅を思い出します。
蒸気を追いかけていた昭和のあの頃が、どんどん遠ざかって行きますね。
  1. 2018/05/20(日) 00:48:04 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

電球寄付

ダミーなら仕方ないですが、切れているなら電球一個寄付するという裏技も。
その昔北海道でやった事があります。
まあ昨今は白熱電球も簡単に手に入り難くなっていますし、下手すりゃ不審者扱いですから無理かあ。

さすがにいい雰囲気ですね。一度行ってみたい駅です。
  1. 2018/05/20(日) 17:45:54 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

寅さんセレクション

風太郎さん、

古き良き鉄道風景の目利きである山田洋二監督のセレクションですから、一度見ておく価値は十二分にあります。
ちなみに、発券窓口の横に掛かっている、正方形の額の色紙は中井精也さんのものです。
勝手な推測ですが、駅舎正面の駅名票と裸電球の電灯は、単なる意匠ではないかと思います。
実は、その後ろにローマ字の読みが付いた本物の駅名票があり、蛍光灯がちゃんと点灯していました。
手前の「美作滝尾駅」の看板は2008年頃に掲げられています。裸電球は2009年以降に付け加えられています。
2008年といえば、この駅舎が登録有形文化財になった年で、記念に付けられたものかもしれません。
本物でない証拠に、元からあった駅名票と電灯はそのまま使われています。ややこしいですね。
その昔、無人駅に泊まった時、電灯のスイッチが見つからなくて、近所の家に聞きに行ったことがあります。
そんな時代には、電球交換でも何でもやったでしょうが、今の時代じゃあ確かに不審者ですよ。カメラも見てますし・・・。
  1. 2018/05/20(日) 22:29:40 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/630-8812c1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (150)
飯山線 (38)
宗谷本線 (30)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (9)
根室本線 (13)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (10)
札沼線 (4)
函館本線 (49)
室蘭本線 (11)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (65)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
八高線 (13)
秩父鉄道 (9)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (20)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (23)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
宮原線 (1)
名古屋鉄道 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR