FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

初めての流し撮り

球磨川に沿う川線は、C57王国だった
美しくも力強く、九州の罐が駆けてゆく

01713RF16.jpg
1971年7月 肥薩線 渡

今回は、かなりお見苦しい写真をアップしようと思う。47年前の初めての流し撮りだ。当時の鉄道雑誌には、田澤義郎さんの、それはそれは素晴らしい流し撮りの蒸気が、折り込みグラビアに載ることがあった。ピタリと止まった機関車の大型カメラによるディテール表現に魅了されたものだ。写真を始めたばかりのカメラ小僧には、全く手の届かない芸当で、ただただ、食い入るように眺めることしか出来なかった。

この写真にしても撮りたくて撮ったわけではない。ASA100のNEOPAN SSしか使えなかった時代には、朝夕には直ぐさま露出不足に陥ることになった。この時は、正面撮りならまだしも、サイドとなるともう流すしかなかった。河岸段丘が背景になってしまう肥薩線川線では、特に厳しかった。今のように、ジョグダイヤル一つで感度が上げられ、開放でも耐えられる明るい高解像度のレンズなど、夢のまた夢だった。

技術的には幾らでもケチがつけられる写真だが、私的に、まあまあ気に入っている。というよりは思い出深い。こんなボロボロの写真だが、「これが現役C57の本物の走りだ」とまでは行かなくとも、ちょっとだけ、そんな気にさせられないこともない。手前味噌的で、負け惜しみ的なことは分っているが、やはり、現役時代の、磨き込まれた九州の、美しくも力強い3次型C57の姿と走りが思い出される一枚となった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/09(水) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<若桜夜桜 | ホーム | 会津の春>>

コメント

同感

田澤さんの画とは較べられないかもしれませんが、思い出深くお気に入りのお写真であろうことは容易に想像でき、お気持ちに全く同感です。
でも、ベテランこあらまさんの流し撮り初体験が、昭和46年だったとはちょっぴり意外でした。
ぜっきあいずは、コダカラーで撮った同じ46年の小浜線のC58が最初。結果は推して知るべしで、悲惨でした。
こあらまさんは、その後上達されたに違いありませんが、ぜっきあいずの場合は、一発必中の蒸機現役時代は言うまでもなく、連写し放題の現在も、自信をもって全く進歩無しです(笑)
  1. 2018/05/10(木) 19:50:20 |
  2. URL |
  3. ぜっきあいず #djaKVQjc
  4. [ 編集 ]

好きこそ物の上手なれ

ぜっきあいずさん、

お言葉ありがとうございます。少しでも現役蒸気を思い出していただけたのなら幸いです。
実は、これより前に、近所を走る電車で、何回かは流し撮りの練習をしたことはあります。
正確には、「蒸気初の流し撮り」です。それも、お気づきでしょうが、この写真には前のコマがあります。
さすがに、筑豊線ならともかく、川線のシゴナナで流し撮りだけをするほどの勇気はありませんでした。
その後は、流し撮りもぼちぼちやりましたが、成功体験が少なく先細りでした。下手なんでしょうね。(笑)
今は、たいして好きな車両もありませんから、流すのは車両の方ばかりです。
やはり、好きな撮り方に集中した方が、結果はついてくるのではないでしょうか。
ぜっきあいずさんの「夜」には脱帽ですよ。その分野ではぶっちぎりです。
  1. 2018/05/10(木) 22:19:59 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/625-61e19f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (6)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR