FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

魚沼へ 雪解けの頃

雪解けが進み、間もなく農作業が始まる
増水した残雪の破間川を、凸凹気動車が往く

17920F.jpg
1977年4月 只見線 入広瀬

豪雪地帯の魚沼の中山間地域から雪が消えるのは、春の大型連休頃です。雪に閉ざされた季節から解放されて、一気に緑溢れる伸びやかな季節へと移っていきます。その変化の素晴らしさは、長い雪の中での暮らしを通してしか分からないものです。残雪が残る中での、新緑は本当に輝かしいものです。また、雪深い魚沼は山菜の宝庫でもあります。狭い棚田からは十分な収穫は得られず、山菜によって得られる収入が、村人の生活を助けてきました。ここ入広瀬は「山菜王国」としての顔ももっています。

破間川の河岸には多くの残雪が残り、雪代が入り年間で最も流れが強くなっています。その破間川に沿って只見線が走っています。小出に向かう国鉄時代特有の凸凹の5両編成の普通列車がやって来ました。先頭のキハ58・28の3両に続いて、キハ23とキハ16が連なっています。当時の只見線では、キハ10系、20系、45系、58系などの気動車を見ることが出来ました。ここ小出口は全通する前は客車でしたが、無煙化直後にはSG付きのDDが配属されず、C11が冬季限定で復活したこともありました。

集落の周辺には棚田が広がっていますが、一帯は雪解けで湿地帯の様相です。冷たい雪解け水を温めるために早くから田んぼには水が貯められます。雪解けの際の田んぼには、尾瀬の風物詩でもある「赤シボ」と呼ばれる現象が起きます。鉄分とも藻類の仕業とも言われていますが、詳しくは解っていません。棚田から完全に雪が消えるころに、いよいよ田での農作業が始まります。この時代には、まだまだ出稼ぎにでる家庭が多かったようです。雪解けとともに、大黒柱のお父さんが都会から帰ってきます。


17926F.jpg


17934F.jpg


17927F.jpg


18003F.jpg


17931F.jpg


18005F.jpg


18011F.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/23(月) 00:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<桜の日に 散り際 | ホーム | 春の雪景小鳥原川>>

コメント

お久しぶりです。

こあらまさま

山笑う季節がやってきましたね!!

電関人、数年前バケツがオーバーフローで、
特に今年は人間はビンボーにもかかわらず、桧に
悩まされる今日この頃ですが、奮起して鉄撮続行です(笑)
こういった、何気ないかつて其処のあった風景のカットが、
この年になって、ボディーブローのように効いてきますよねぇ。。。
  1. 2018/04/23(月) 10:50:41 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

お元気ですか。

狂電関人さん、

こあらまも、何故かこの春は、風邪をひいてはないのに鼻水が。頭の中もやや春霞模様です。
不思議に目には来ていないので、撮影もレタッチも平常運行。ただ、いよいよかの感も・・・。
この魚沼の民家は、見掛けは貧相ですが、骨組みは至って堅牢。さすがは豪雪地帯の家です。
新建材も塗料も使わない木だけの家の、風雪に耐えた抜いた風合いは、古老の旧型電気といったところでしょうか。
思えば、家屋も鉄道車両も、軽薄短小化の進化を続けて来たのでしょう。
  1. 2018/04/23(月) 23:54:10 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

懐かしい日本の原風景

なんと懐かしい風景でしょう!
子供の頃の千葉の田舎もこんなでした!
40年前にこのような写真を撮っていたのですね。その当時は特別に珍しくて撮っていたのでは無いようにも思えますが(おそらく私だったら見過ごしていたでしょう。フィルムがもったいない、みたいな感じで)さすが!こあらまさんの先見性に感服しました!
  1. 2018/04/25(水) 23:23:53 |
  2. URL |
  3. 高橋邦明 #-
  4. [ 編集 ]

古民家探しの旅

高橋邦明さん、

多分これは好みのせいだと思います。何故か、今も昔も古民家が好きなもので。
山村にせよ、漁村にせよ、農村にせよ、古民家のある日本の風景には目がありません。
それは、どこの国でも同じ事で、その場所の風土が作り出した民家が似合うのは当然のことだと思います。
ヨーロッパ辺りでは、建材的にも、気候的にも、国民性からも、古い家が大切にされているのは羨ましい次第です。
トスカーナのブドウ農家が新建材だらけの家だったら、まったくもって絵になりませんよね。
残念ながら、日本はスクラップ&ビルドの国ですから、油断をすると直ぐに「懐かしい風景」となってしまいます。
ローカル線の旅のもう一つの目的は、人知れず息づく古民家と古き良き日本の風景を探すことです。
  1. 2018/04/26(木) 15:57:34 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/617-7445dcbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR