FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

さらば三江線

その昔、小さな罐が中国太郎江の川に沿って走っていた
幾多の水害を乗り越えてきた鉄路も88年の役目を終える

05106RFT16.jpg
1973年7月 三江北線 川戸


私的三江線年表

1926年09月 起工
1930年04月 江津-川本間が開業
1937年10月 段階的に浜原まで延伸開業
1955年03月 三江南線 三次-式敷間が旅客開業 江津口が三江北線に改称
1963年06月 三江南線 式敷-口羽間が延伸旅客開業
1973年07月 こあらま 三江北線のC56を撮る 川戸周辺
1974年08月 マイオさん 三江北線のC56を撮る 因原周辺
1974年11月 三江北線の貨物輸送のC56が無煙化
1975年08月 地元政治家により浜原-口羽間が旅客開業し、全線が開通 三江線に改称
1982年11月 江津-浜原間の貨物営業廃止
1996年06月 旧国鉄気動車がキハ120に置き換え
2012年12月 存続を賭けて、バスによる増便社会実験が開始
2016年04月 こあらま 三江線のキハ120を撮る 江津口と三次口
2017年07月 山岡亮治さん 「三江線写真集」を出版
2017年10月 風太郎さん 山岡山さんのガイドで三江線を撮る
2018年01月 山岡亮治さん 写真展「江の川に寄り添って」を三次市で開催
2018年04月 廃止予定 開業から88年目のこと


05108RFT16.jpg


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/26(月) 00:00:00|
  2. 三江線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<時の踏切 | ホーム | 駅舎の灯 森宮野原 18時16分>>

コメント

心の中で

三江線に別れを告げております。

わざわざ、私の撮影時期まで年表に入れていただき
ありがとうございます。

蛇足かも知れませんが、2017/7に山岡山さんは
写真展「鉄道」と「猫と鉄道」に出展されて上京された
ので私も会場(渋谷)で初めてお目にかかりました。
おそらく、別の日だと思いますが、風太郎さんも
山岡山さんとこのときに初対面だと思います。

そのときの話は拙ブログに登場します。

http://myoldsteamers.blog.fc2.com/blog-entry-2009.html

  1. 2018/03/26(月) 19:32:04 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

山陰のポニー路線

マイオさん、

年表にアンギュロンさんと、くろくまさんをお入れするか悩みましたが、長らく休業なさっていますからね。
この橋梁を、菜の花を前景にバックで往くC56を、アンギュロンさんがアップされています。
ということで、代表してご活躍のマイオさんのお名前を勝手に使わせていただきました。ご勘弁ください。
例によって、あの超ローカル線にも、廃止前の葬儀参列者が押し寄せているようです。
最後に一目とも思いましたが、何とも都合がつかず、最終日の様子をニュースで見ることになりそうです。
昨年の渋谷の写真展では、知っている方が何人か出展されていたので出向きました。
残念ながら、山岡さんにはお会いできませんでした。山岡さんもこの春は節目の年になられるのではないでしょうか。
三江線の次は、備後落合周辺の木次線、芸備線ということになりそうです。廃線に弾みがつかなければいいのですが。
  1. 2018/03/26(月) 22:53:18 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

宴のあと

顔見世興行的な一回きりで年表に登場する程の事をしてきたとは思いませんが・・・。
一時の宴が終わればまた普段通りの山河に戻るのだろうと思います。
諸行無常の感はありますが、日本の片隅の美しき里がそこにまだ残るならひとつの救いであります。

チップ積み貨車のリズミカルな響きは写真の中で永遠です。
  1. 2018/03/26(月) 23:42:03 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

林業華やかなりし頃

風太郎さん、

私的年表とは言え、勝手な振る舞い、ご勘弁ください。
この路線は、新線部分にコンクリート構造物が多いですから、この先どんな遺構に化けるのでしょうか。
同時代に建設された油須原線の遺構を昨春偶々見ましたが、立派な橋梁がしっかり残っていました。
よくよく見て行くと、当時のローカル線貨物にはチップ積みの貨車が結構写っています。
日本中で林業が盛んに営まれていたためでしょう。当時、三江北線では石見川本が木材の集積地になっていました。
今では短尺キハの単行運転のみですが、当時は簡易ローカル線としては長目の貨物が走っていました。
  1. 2018/03/27(火) 00:43:08 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/603-02004ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (159)
飯山線 (39)
宗谷本線 (32)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (11)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (9)
根室本線 (18)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (6)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (52)
室蘭本線 (13)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (7)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (1)
八高線 (15)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR