駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

私的「40年前の“出会い”」 渚滑線

40年前、オホーツク海岸の渚滑から、内陸の小さな町滝ノ上にキューロクが通っていた。
渚滑線はこの3年後に貨物が廃止され、10年後には路線そのものが消えてしまった。

10508F16.jpg
1975年3月 渚滑線 下渚滑-中渚滑

今年は、ぜっきあいずさん(?)から始まった『私的「40年前の"今日“へ」』のコラボ。くろくまさん版を拝見していて、その旅程に小生のものと重複部分があることに気が付きました。この記事です。

その日の小生の記録は、次のとおりです。
3/14 大雪5号→ 遠軽 622D→ 渚滑 723D→ 下渚滑 726D→ 紋別→ 湧網線

40年前の3月14日の朝、大雪5号で遠軽に到着した小生は、名寄線622Dにくろくまさんと同乗して、渚滑線の撮影に行っていたことが判りました。残念ながら、渚滑から渚滑線に入った列車がずれていたため、会話をすることは無かったと思います。もし同じ列車であれば、閑散としたキハ22の単行ですから、40年来の旧友となっていたことでしょう。

小生のこの画と、くろくまさんのこちらの画は、共に3月14日の1791レです。2人は、およそ2kmの距離をおいて、キューロクを挟み撃ちにして撮っています。小生の画の列車の進行方向左奥の丘の上に、くろくまさんがいるはずです。まもなく、このキューロクがくろくまさんの射程に入ります。「40年前・・・」を通して判ったことです。

当時 大勢の同業者が道内を巡回しており、有名なところは何処も人だかりでした。そんな中、渚滑線はマイナーな路線で撮影者も少なかったと思います。きっと、「くろくまさん」も「こあらま」も、誰も来ないような静かな場所で、残り少なくなったキューロクとの時間を過ごしたかったんでしょう。


10505F16.jpg
1975年3月 渚滑線 下渚滑  乗って来た723Dキハ22が遠ざかって行きます 

くろくまさん、
お待たせしました。あの日の渚滑線1791レのこあらまの画です。列車編成、平行して走る国道、点在する民家と屋敷林、国道向こうの山肌等々、どこをどうみても、下渚滑-中渚滑間の直線を走る同じ列車です。きっと何処で、お互い見かけていたはずです。
この後、また行かれたんですね。今回、初めてきっちり手を入れ、隅々までじっくり眺めましたが、なかなか類を見ないロケーション。再訪が解ります。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/30(月) 01:27:13|
  2. 渚滑線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<荒川を渡る | ホーム | D51北海道形>>

コメント

うわっ

たまりません、駄目です、涙が出てきました。

素晴らしい写真ですね、道内ローカル線の日常がしかと記録されております。
キューロク、貨物、後追い、煙、雪晴れ、すごいなぁとつくづく。
で、この先にぼくがいたのですよ。40年前のぼくが……
この日は十六号線で下車していますから下渚滑は近かった、、、

独りっきりで対峙していた渚滑線、遠くに見えた煙、ほっと安堵したあのとき、
まさか、それを捉えていた方がおられたなんて、
感激を通り越して、本日の更新をパスしてしまうかもしれません。

すごい写真、あるとこにはあるんですねぇ。深謝いたします。
  1. 2015/03/30(月) 23:18:09 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

40年ぶりにネットで再会ですね

おもしろいものですね。ネットの功罪はいろいろと言われますが、こういう再会方法が出来るのも昨今の技術ディバイスのおかげですね。
ぼくも、高校3年の秋に磐越西線で出会った慶応大学生が、さる有名なお方だったと知ったのは、数年前のネットに載った写真の撮影日付を見たときでした。その後ご当人とも「再会」し話がはずんだのは言うまでもありません。
こあらまさんともネット上のお付き合いですが、これからもどうぞよろしく。ちょっと疑問なサイトが多いのですが、大事に大切に育てていきましょう。
  1. 2015/03/31(火) 08:47:19 |
  2. URL |
  3. 大矢 真吉 #DLXCxV2k
  4. [ 編集 ]

びっくりでしょ!

くろくまさん、

やっぱり、びっくりでしょ。こんなことがあったんですよ。それもオホーツクの渚滑線で。
くろくまさん好みの画であると確信していましたが、実際お楽しみ頂けたようで嬉しいです。
それに、この画にはくろくまさんも写っていますから、いわば記念写真でもあります。
額にでも入れて差し上げましょうか。(笑)

渚滑線の同じキハに乗っていれば、肩を並べて撮っていたかも知れませんね。惜しいことをしました。
まあ、こうやって再会できたわけですから、大いに感謝です。
くろくまさんが一時休業される際に、「いつか昔話でもしたいものです」というコメントを差し上げたと思いますが、思わぬかたちで実現しました。

何時ぞやのEXTRAさん主催の西武線練馬談議といい、次のサプライズがたのしみです。
どんなのが、飛び出すことやら。
  1. 2015/03/31(火) 13:31:06 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

お出でいただき感激です

大矢 真吉 さま、

お越し頂けていたのですね。コメントまで頂戴し大変恐縮です。

凄い時代になったものです。こうして、趣味を同じくする全国の方々と、手軽に日常的に情報交換できるようになるとは。皆さん、かなりのつわものぞろいで、素晴らしい画を上梓し続けていますので、過去画や思い出を楽しみつつ、今の撮影には無くてはならない刺激や情報源になっています。
ただ、おっしゃるように、スタンスがかなり違うサイトもあります。自分の立ち位置を見失わないようにしたいものです。

ここに来られる煙派は、大先輩のファンの方々ばかりです。くろくまさんは写真展の時に、くろくまの名刺をだされたとか。
このようなお言葉をいただけると、大いに励みになります。
今後とも、折りに触れて、アドバイスを頂戴できれば幸いです。
よろしくお願いします。

  1. 2015/03/31(火) 13:35:42 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/59-88443cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (30)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR