FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

最果て鈍行 音威子府停車

下り最果て鈍行が音威子府に到着した
残りの道中に備えて罐が仕立てられる

0463016.jpg
1973年3月 宗谷本線 音威子府

321レ「最果て鈍行」稚内行きが音威子府に到着した。旭川から129.3kmを3時間半程で走って来た。稚内までの259.4kmのちょうど中間地点だ。ここ音威子府では1時間程の停車時間がある。その間に天北線経由の急行「天北」の上りが、続いて下りが停車する。天北線方面と稚内へ急ぐ旅人は、下り「天北」の人となる。「最果て鈍行」の使命は、荷物と郵便を各駅に届け、受け取ることで、先を急ぐことではない。そのために残されたスユニとマニを連結する客車列車だ。

音威子府では、長い停車時間を使って、罐の整備が行われる。C55は、一旦客車をホームに残して、単独で給水、給炭に向う。その後、罐替え、足回りの点検などがなされる。名寄機関区音威子府支区での一通りのルーティーンが終わると、再び客車へと戻って来る。冬場は、その間は客車の暖房が止まることになるので、のんびりとはしていられない。とは言え、座り疲れた乗客には息抜きの時間でもあり、音威子府名物の黒いそばを啜る、腹ごしらえの時間でもある。

写真は給水の様子だ。給水装置は何ともアナログな仕掛けで、両手で操るようになっている。テンダーの下から水が流れ出ているので、満水になったようだ。もう一人は石炭の掻き寄せを行っている。決まって、同時に二人して行われる蒸気の恒例の儀式だ。今時の機関車なら空調の効いた運転室で休憩といったところだろうが、今の機関士も蒸気には憧れるようだ。経験と技と勘が物を言う、どこまでも人間染みた機関車は、電子化の時代に在っても特別な存在のようだ。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/16(金) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<五能線点描Ⅰ | ホーム | 厳冬八ヶ岳 2018>>

コメント

汽車の時間

すぐ脇に音威子府そばの店があった辺りでしょうか。
改札外ならともかくホームにあって良く商売が成り立ったものと思いますが、こんな発車待ち需要があったからこそですね。
冗長に流れる汽車の時間、むしろ荷物郵便輸送が主だからそれで良かったのかも知れませんが、とにかく目的地に最短時間の新幹線と対極ですね。
でもそれで充分地域生活が成り立っていて特段の不幸があった訳でも無かろうと。
何かを求め過ぎて何かを失う、幸せの在りかとはと、大袈裟な事にも想いは及びます。

  1. 2018/02/17(土) 08:48:55 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

常盤軒

風太郎さん、

ここは島式ホームの稚内側末端ですから、後ろにそば屋のある建屋があり、その先が跨線橋だと思います。
常盤軒の写真がないかと探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。ちびっと写っているのはありましたが。
記憶にはありませんが、夜行のために24時間営業していたこともあるとかで、常盤軒、恐るべしです。
今は、駅舎内に収容されていますが、列車ではなく、車でお客がやって来るとかで、今も有名店だそうです。
音威子府のそば屋兼弁当屋が繁盛したのは、蒸気機関車故の停車時間の長さのせいだとされています。
停車時間中にちょっと駅前を散策したりと、そんな列車旅も楽しかったですよね。
今や、駅弁はデパートで買う時代です。車窓の眺めが一番のおかずなんですけどね。
商売上の過当競争が、逆に世の中を忙しなくしているような気もします。
確か、音威子府は風太郎さんゆかりの地でしたね。
  1. 2018/02/17(土) 23:10:44 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

常盤軒

こあらまさま

懐かしい響きです。

KWDがゴナナイチロクでしたぁ嬉しい!
  1. 2018/02/21(水) 14:42:05 |
  2. URL |
  3. 狂電関人@仕事休憩中 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

かけそば

狂電関人さん、

金欠旅行時代は、駅ホームの「かけそば」はご馳走でした。天ぷらそばとなると、もう絶品でした。
この常盤軒の黒い蕎麦は旨いですよ。数年前に音威子府に寄りましたが、常盤軒も健在でした。
天北線資料室もありますから、蕎麦と併せてどうでしょうかと言いたいところですが、ご予定は東でしたね。
私的には、今年こそは北の最果てまでです。
  1. 2018/02/21(水) 23:24:06 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

汽車旅

広田さんや大木さんの写真集でもよく登場するこの光景。蒸機全廃後、あれもこれも撮っておけばよかったと後悔したものですが、音威子府の給水風景を見るたびに、始発から終点までの汽車旅の何気ない日常をもっと記録しておけばよかったと思ってしまいます。
というわけで、初渡道した際に間に合わなかった悔しさもも手伝って、「北辺の・・・」のテーマの中では、宗谷路のC55が一番のお気に入りです。
ところで、フィルムスキャナー・オールスター揃い踏み、凄いですね。CoolscanがRVPに最適化しているとは知りませんでしたが、何分にもご老体なので、当方も今後はデジイチ接写に更なる可能性と活路を見出さねばと思っております。
  1. 2018/02/24(土) 08:23:09 |
  2. URL |
  3. ぜっきあいず #djaKVQjc
  4. [ 編集 ]

若過ぎました

ぜっきあいずさん、

あの頃、国鉄の職員と蒸気ファンの間には、同じ鉄道好きという連帯感のようなものがありませんでしたか。
ナッパ服の機関士と助士の方々の雰囲気は、蒸気と同じように好きでしたから、自ずと被写体の一部でした。
広田さんや大木さんの写真に魅せられるのは、人の物語が垣間見れることだと思います。
当時の旅では、国鉄の方々には散々お世話になっているので、その姿が余計に懐かしく思い出されるのではないでしょうか。
現役蒸気時代には若過ぎて、なかなかそこまで思いが及ばなかったのが残念です。

スキャナーの件ですが、本当は9000EDが1台あれば良かったのですが、あの価格でしたからね。
ブローニー判の次善の策としてDimageのMulti PROを格安で手に入れました。
それでも、どうしてもLEDのCoolが欲しくて、ライカ判専用の手頃なやつを追加しました。
Epsonはピントが甘く、スナップのネガカラーの一括スキャンにしか使っていません。
例のES-2も使っていますが、伸び縮が固定できないのが泣きです。ただ、これが一番早いですね。
ひぐまさんのアドバイスで、引伸機を改造した接写スタンド何てものも作ってみました。
こあらまもD850が気になっていますが、今のところ手が出ません。
  1. 2018/02/25(日) 00:07:11 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/584-6f3f80d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (5)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR