駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

続・青葉の山陰線を往く その23 特牛という名の駅

新緑に包まれて、とびっきりの難読駅が佇んでいた
海岸の駅とは趣の異なる、緑の香りのする場所だ

70014277.jpg
2017年4月 山陰本線 特牛

難読駅名も難しさが群を抜けば、逆に皆の知るところとなる。そのいい例がこの特牛だろう。さまざまなメディアに取り上げられ続けているので、知名度はかなり高い。当然、鉄道ファンの間では誰もが知る有名駅だ。この特牛から滝部に向かう列車には、25‰の急勾配が待ち構えている。山陰線にまだD51が走っていた頃、その力走を求めて全国から多くのファンが撮影に訪れた。そんな撮影の記事を雑誌などで読み、「こっとい」という読みを知った。

この駅に来るのは、そのD51の時代以来のことだ。この駅が無人化されたのは国鉄時代の1971年のことで、同じ頃に島式ホーム2面2線の交換設備も閉じられ、棒線化された。その後、元国鉄職員が駅舎の空いた事務スペースを利用して食料品店を営んでいたらしいが、2001年頃にこちらも敢え無く閉店となったとのことだ。駅舎は開業当時の木造駅舎らしいが、売店開設時のものと思われる改装で新建材だらけになり、外観に開業時の趣は感じられない。

駅は少し内陸に入ったところにあるので、中心となる海辺の集落と港からは3kmほど離れている。駅は民家が点在する田畑から少し登ったところにある。緑に包まれた何とも長閑な駅だが、昔はちょっとした交通の要だったようだ。角島とを結ぶバス路線の停留所が駅前にあり、通学の生徒で賑わっていたという。映画のロケで「いがみはた」という駅に化けたことがあり、聖地巡礼のための観光客のため、臨時列車が走ったという、嘘のような話もある。


80009693.jpg


7時50分発の下りの滝部止りの列車が単車で到着したが、乗車する人はおらず、女性が一人降りてきただけだ。通学は6時台の列車で終わっていたようだ。2015年の平均利用者数は32人とあるので、10人くらいの生徒が乗車したはずだが、残念なことをした。もうすこし計画を詰めておけばよかった。


70014269.jpg


70014274.jpg


以前はこのホームが島式2面2線であったことがよく解る。前方のポイントが残され、行き止まりのごく短い引込線になっている。こちらが滝部方面で、この先に25‰の登り坂がある。D51の牽く客レは、特牛を出ると勢いよく加速していた。以前の構内踏切を渡って、白い手すりの階段を下ると駅舎がある。


70014275R.jpg


70014276.jpg


駅舎は大幅に改装されてしまっているが、どう云う訳か古めかしいラッチが残されていた。擦り減り具合から見て、開業時からのものだろう。開業したのが1928年、無人化されたのが1971年。このラッチで駅員氏が出迎えをした年月よりも、ラッチだけが鎮座していた年月の方が長くなってしまった。


70014271.jpg


70014272.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/18(月) 00:00:00|
  2. 山陰本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<漂泊の道標 構内踏切 | ホーム | 天高く>>

コメント

こっとい

こあらまさま

待ってました!この駅を絶対取材していないわけが無いと・・・(笑)
おっしゃるとおりに、数年前出雲市からライナーで益田まで出て、
駅前喫茶店で補給後、ヨンマル乗り継ぎ(途中奈古-須佐バス連絡)で帰福した際も、特牛周辺の山越えで、
ヨンマルが吠えてました(笑)
ちょうどそれで差しかかった特牛では学生諸君が一斉に10人ほど下車していきました。
階下の駅、特牛懐かしいです!
  1. 2017/09/18(月) 09:43:05 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

海辺の町の山の駅

狂電関人さん、

長閑なロケーションの駅ですが、ホームが長いのがやはり山陰線です。
地形の関係からか、駅舎から階段を上ってホームという駅が、山陰線には多い気がします。
この区間は旅客も貨物もD51が牽いていましたが、狙い目は駅に停車する客レでした。
このホームの端から線路伝いに1km程のサミットのトンネルを目指して歩いたものです。
やはり、通学は10人程でしたか。通学先は、長門市、滝部、小串辺りといったところでしょうか。
特牛漁港の傍に道の駅「北浦街道 豊北」があり、こちらの駅は賑わっていましたよ。
  1. 2017/09/18(月) 23:10:00 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

難読駅 特牛

こあらまさま、またコメントさせていただきます。
特牛駅も現役蒸気時代の1973年12月と翌年の8月に行きました。
駅もあまり変化がなく、特に改札口の木の感じは当時を思い出します。また夏はこの駅に泊り朝1番の下関行きⅮ51牽引の列車を撮影しました。
駅のホームから直線、滝部側に線路を歩いて行ったことも遠い思い出です。

  1. 2017/10/01(日) 10:03:55 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

山陰線の夜

yba-d51さん、

特牛にお泊りになられましたか。山陰線では駅泊が最良の夜の過ごし方でした。
無人駅は泊まるには、楽なような、寂しいようなでした。一番安全なのは話の分かる駅員さんのいる駅でした。
この区間はC57が走っていなかったので、少々不満もありましたが、急勾配が各所にあり結構楽しめました。
西日本は本当に古い駅舎の宝庫です。特牛も骨組みは初代のものだと思います。
あの頃のことが、こんなにも懐かしいのは、何もかもが冒険染みた体験だったからでしょうね。
  1. 2017/10/01(日) 21:55:01 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/508-d9807d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR