駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

続・青葉の山陰線を往く その18 再び飯井へ

トンネルの合間の僅かな入り江にその集落はある
住民悲願の細やかな駅は今も集落を見守り続けている

70014353.jpg


80009765.jpg
2017年4月 山陰本線 飯井

昨春は「青葉の山陰線を往く」と題して、竹野-三見間の非電化区間を17回の長きに渡ってお送りした。旅は兵庫県豊岡市の竹野に始まり、山口県萩市三見の飯井で終わっているが、撮影は三見までで飯井は下調べだけに終わっている。今春は、非電化区間の全線踏破のため、残った飯井-下関間を旅した。実際の旅は下関から東に向かったが、前シリーズの続編ということで巻き戻しでお送りしたい。既に残暑の季節で青葉もないものだが、掻い摘んでこの区間を、例によって断続的にご紹介しようと思う。今回の物語の始まりは、鄙びた石州瓦の赤い集落の向こうに日本海が望める飯井だ。今年は井伊が流行りだそうだが、こちらの飯井には何の関係もない。

飯井の駅はご覧の通り妙に小さい。今となっては単行か2両のキハしか停車しないので、これでも十分過ぎるホームの長さだ。山陰本線にはかつては長大編成の普通客レが行き交っていたために、優等列車の停車駅でなくても長いホームと交換設備を持つ駅が多く、こんなちんちくりんなホームの駅は少ないのではないだろうか。これまでに、両隣の三見長門三隅 の駅を上梓しているが、どちらも山陰本線然とした駅だ。1970年代初めに現役蒸気を撮りに訪れた頃には、この駅を通過する普通列車が結構あった。長大な客レは通過し、区間列車の短い気動車だけが停車していた様な気もする。とにかく、時刻表を精査してから降りないと、大変なことになってしまう要注意駅だった。

山陰本線のこの区間が開業したのは1925年のことだが、飯井駅は1964年の開業だ。鉄道は通ったものの20年近くここには駅がなかった。この集落出身の県議会議員が駅の設置を請願し、国鉄が渋々認めたというのが、俄作りの小さな駅となった理由のようだ。その議員の息子が、山口3区選出の現衆議院議員の西村建夫氏である。二枚目の写真が飯井集落のほぼ全景であるが、川沿いにもう少し集落が続いている。家の数も簡単に数えられそうな集落だ。この駅が開業した頃、ここには三見小学校の分校があった。幼い低学年のための分校で、高学年は6km離れた本校に徒歩で通っていたそうな。それを見かねた西村議員が奔走することになった。何か餘部の駅とも通ずるところがある。


70014338.jpg


D700_14339.jpg


この集落の中を流れる小川が、萩市と長門市の市境になっている。小さな集落で行政区が分かれるのは何とも奇異だが、この周辺の地勢を見てみると、鎖峠に続く尾根筋とこの小川が江戸時代の三隅中村と三見村の村境だったことが頷ける。ちょうど両村の中程を流れる水無川は村の境に打って付けだ。三見が赤間関街道の宿場として栄えていた頃、僅かな平地だが水の得られるこの小さな入り江にも人が住むようになり、つられて三隅からも人がやってきたというのが、この集落の誕生の勝手な見立てだ。


70014340.jpg


70014341.jpg


集落には僅かな水田と簡単な漁港があるが、半農半漁の自給自足の時代ならともかく、今の時代に生活の糧を得るのは難しいだろう。察するに多くの住人は、半年金半農か半年金半漁と云ったところだろう。列車で萩や長門に働きに出る人の姿も減って、駅の乗車人員はこのところ日に10人程度で推移している。夕方の列車だというのに通学風景も見られない。時代を象徴するかのようにクルーズトレインのトワイライトエキスプレス瑞風が「美しい日本」の風景を求めてこの駅を通過するようになったが、その華やかさととは裏腹に、海辺を彩る集落は過疎化と高齢化に苛まれている。飯井の浜にも明日があることを祈るばかりだ。


80009769.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/19(土) 00:30:00|
  2. 山陰本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<漂泊の道標 飫肥杉のある風景 | ホーム | 冬の気配>>

コメント

石州瓦の美景

こあらまさま

そうそうこれこれ!っと言いたくなる、飯井~三見~玉江の景観。
山陰本線の白眉は庫の旧石見の国にこそと思う電関人なのであります!
  1. 2017/08/20(日) 09:05:50 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

長き山陰線

狂電関人さん、

山陰線は673.8kmもある長大路線ですから、沿線には数々の名所があります。
その中でも、やはりこの石州瓦と日本海の組み合わせは、山陰線の象徴的な眺めですね。
となると、石見か岩美でしょう。何かこの二つの地名は似てませんか。石もいいですが、岩もいいです。
ただ、失われてしまった場所も多々あります。保津峡、余部橋梁、岡見の海岸などなど。
時代の流れは容赦ないので、次があるとは思っちゃいけませんね。三見のポイントも大変貌してます。

それと、この場を借りてお詫びを。前回のコメントで「関電人」などと書いてしまいました。これでは関西電力ですね。
どう云う訳か何回か書き間違えたことがあるので、注意はしていたのですが、申し訳ありません。
電関人のブログは編集ができないので、後の祭りでした。失礼をお詫びいたします。
  1. 2017/08/20(日) 23:06:29 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

遠い思い出

初めまして、こあらまさま
私は43年前の1974年8月、山陰本線に残されたⅮ51を追いかけていました。
列車を待つ間、この飯井駅のホームにある待合所で着替えて、写真にある入り江で泳ぎました。
飯井駅に上がるスロープ、小川(当時はこの小川で地元の人が食器、野菜を洗っていました)
どれも懐かしい写真です。
ありがとうございました。
  1. 2017/08/21(月) 19:25:58 |
  2. URL |
  3. yba-d51 #-
  4. [ 編集 ]

夏の山陰海岸

yba-d51さん、はじめまして。

現役蒸気の時代に訪れた駅と集落が、飯井のように、あまり変わることなく現存するのは心弾むものです。
そうですか。この浜で泳がれましたか。夏の線路は特に暑いですから、この海の蒼さには誘惑されますよね。
私も、当時、待ち時間にあちこちで海に入りました。その後、水道の水をかぶって、風呂の代わりにしたことも。
あれから、40有余年。あの頃体験した日本各地の原風景を求めて、今また小さな駅を巡っています。
同じように山陰のD51を追ったyba-d51さんの思い出にも触れることが出来てよかったです。

嬉しいコメントありがとうございます。
  1. 2017/08/21(月) 23:14:40 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

日本の風景

ラストのカットをながめていると、首都圏色のキハがもっとも似合う風景は、石州瓦の村がある山陰なのかもしれませんね。
いつまでも残しておきたい日本の風景です。
ただ、ちょっと気になるのはお宮さんの向き。
このあたりは東からの山すそを削って線路を敷設しているようなので、もともとはその先端にあったものを下したのかな。
村落調査なんかをしていると、ちょっとしたことが気になるこの頃です。
  1. 2017/08/22(火) 00:37:55 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

集落と鉄道

まこべえさん、

今ではこの首都圏色も特別なリバイバルカラーですが、JR西ではいまだに標準色のようなものです。
山陰線、津山線、芸備線、山口線などなど。何所に行ってもうようよ走ってますよ。
赤い石州瓦の地域とも一致していますので、なかなかいい眺めですし、いい被写体です。
ちょっとばかり毒されてしまったようで、毎年のように行ってしまいそうです。
まこべえさんも、こちら方面の出張があるといいですね。そういえば、次は山口線でしたね。

なかなか鋭いご指摘で。確かに、このお宮の向きは、かなり不自然です。普通は在り得ません。
多分、山陰線が通る前には、お宮は山を背に建ち、集落から細い参道が続いていたはずです。
山陰線の築堤で分断され、新たな道路も出来て、仕方なくこの向きのなってしまったのではないでしょうか。
まこべえさんの集落調査というのは、社会学的なものなのでしょうか。それとも民族学的なものなのでしょうか。
何れにしても、面白そうですね。自然科学で来てしまいましたが、そういう世界にも興味深々です。
  1. 2017/08/22(火) 23:46:56 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/493-68c3f68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR