駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

夏のデゴイチ街道

雪と氷から解き放された季節を楽しむかのような走りだ
暗闇に丸く浮かんだ旋回窓が短い夏を見つめる

08515F16.jpg
1974年8月 室蘭本線 栗山

栗山、栗丘、栗沢は、室蘭本線の連続する栗の付く3駅だ。何回か訪れたことがあるが、列車本数が多いというだけで、これといった魅力のある場所がある訳でもなく、南の筑豊本線と似たような性格の場所だった。気力のある時は、役目を終えようとしていた夕張山地へと延びる炭鉱路線に足を運んだが、私鉄各線は次々と縮小、廃止されていった。そんな訳で、疲れを癒すために訪れていたような線区だったため、撮影場所の記憶も希薄で、どこがどうなっていたのか殆ど思い出せない。おまけに、下り線の栗山トンネルが崩壊して単線化されてしまい、現在の地図で旧下り線のポイントを特定することも難しくなってしまった。

さて、この場所はどうやら上り線の新栗山トンネルの栗山側の出口ではないかと思う。トンネルの上には国道らしき車道が通っており、道路除雪のためかシェイドがあるのが根拠だが、下り線の栗丘出口は片面がコンクリート法面だったはずなので、消去法といえなくもない。となれば、この左手に下り線の栗山トンネルがあるはずだ。崩落した栗山トンネルは、そのまま放置され、アーチ構造の覆道状で西側が抜けているため、隧道内が明るく徘徊するには好都合で、国道沿いということもあり、廃墟ファンに人気の場所になっているようだ。現役蒸気時代は列車本数が多く、並行する道もあったので、隧道を抜けることはなかった。

その新栗山トンネルを抜けて来たデゴイチは、岩見沢第一の915号機だ。1944年製の木製代用部品を多用した戦時簡易型として出場したが、その後、標準仕様に改装されている。追分の同族とともに国鉄現役蒸気機関車の最晩年まで走り続けた罐のひとつだ。デゴイチは大所帯だったので、人気は今一つ芳しくなかったが、こうして見るとなかなか均整のとれた凛々しい姿をしている。特に北海道形の切り詰めデフの正面は引き締まって見える。ものには美しく見える角度というものがあると思うが、この下から見上げるアングルは、特に格好良く見える。しかしながら、今ではこんなアングルはNGということでご了解のほどを。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/26(水) 00:30:00|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ようこそ小海線へ | ホーム | 鉄道を守る 踏切警告灯交換>>

コメント

世界的傑作機

こあらまさま
室蘭本線岩見沢口も、黒いダイヤのお陰で鉄道施設が充実していたそうですが、
今や、それが経営の足枷になっている様ですね。
デコイチは、国鉄末期の代表機として、また、性能デザイン共に
狭軌鉄道向け蒸気機関車の世界的傑作機と聞いたことがあります。
日本鉄道の技術と美が凝縮している感じがします。
  1. 2017/07/27(木) 08:31:41 |
  2. URL |
  3. hmd #-
  4. [ 編集 ]

石狩炭田

hmdさん、

石狩炭田は日本最大でしたから、南部の夕張炭田を中心に、鉄道網も凄まじいものがありました。1970年頃、国鉄線は夕張線、万字線、幌内線、南美唄支線、上砂川支線、歌志内線。私鉄で旅客も営んでいたのが夕張鉄道、大夕張鉄道、美唄鉄道。北部の空知炭田には芦別鉄道もありました。貨物専用線を数え出したら限がありません。どの路線名も書いていて懐かしさが込み上げてきます。
その石炭の運び出しの要が室蘭本線で、この区間は1892年に北海道炭礦鉄道線として開通し、翌1893年には栗山駅が開業しています。先日ご紹介した田川線の油須原の2年前です。黒いダイヤの輸送こそが九州と北海道の鉄道の始まりだったということです。数年前にここを乗り鉄したことがありますが、遺構ばかりが目立つ廃墟的路線になっていました。名機デゴイチがひっきりなしに行き交っていたのはもう遠い過去です。
その炭鉱路線網で唯一現存する旧北海道炭礦、現JRの石勝線支線の旧国鉄夕張線も、来春以降の廃止が予定されています。室蘭本線のこの区間も、例の「自社単独で・・・」に挙げられています。恐れていた自治体からのバーター廃線提案も現実のものとなり、いよいよ石狩炭田から鉄道の灯が消えそうです。
  1. 2017/07/27(木) 11:49:52 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

鎧兵の様な出立

こあらまさま

切り詰めデフにスノープローのD51は、
喩えるならば甲冑を背負った鎧兵のようにも見えます!
  1. 2017/07/27(木) 20:38:11 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

北海道形

狂電関人さん、

南北に長い日本、全国一律仕様の車両じゃ、どうにもなりません。
寒冷地形や北海道形があって然るべきでしょう。そういえば、塩害対策車とかもありますね。
蒸気機関車は水が命ですから、北海道形では凍らないようにあちこち蒸気が回っています。
キハ22やキハ56は北海道形のキハですが、キハ82にはちゃんとした北海道形がなくて、トラブル続出でしたね。
吹雪の時などドアが開かず、駅員が総出で木槌をもって待ち構えていました。そのため、ドアがベコベコでした
近頃、キハ40族の内装は、寒冷地車は暖色系、暖地車は寒色系というのを知りました。
その土地その土地の風土に合わせた車両があるのも、面白いところですね。
  1. 2017/07/28(金) 00:32:01 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/481-06ff3a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (106)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (9)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (24)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (1)
島原鉄道 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR