駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

筑豊本線を歩く 冷水の峠道

冷水は優等列車も越えた本線筋の難所だった
今では鄙びた旧街道の峠の細道だ

01315RF16.jpg
1971年7月 筑豊本線 冷水峠

70013290.jpg
2017年4月 筑豊本線 筑前内野

筑豊本線の難所である冷水峠は、飯塚市にある筑前内野駅と、筑紫野市の筑前山家(やまえ)駅の間にある。分水嶺の3,286mの冷水トンネルまでは、両側とも25‰の連続急勾配が続き、多くの貨物列車が補機を従えていた。江戸時代には、ここを長崎街道が通っており、内野宿と山家宿はその宿場だった。現在の長崎街道は国道200号線だが、峠を冷水トンネルで貫くバイパスの冷水道路が完成してからは、九州の物流動脈の一つになっている。2007年の冷水道路の無料化で、さらに交通量は大きく増したようだ。その一方で、冷水峠を越える筑豊本線の桂川-原田間は、「原田線」と呼ばれ、電化幹線の「福北ゆたか線」のローカル支線のような存在になっており、非電化のまま細々と運行が続けられている。

そんな原田線においても、博多を経由せずに、折尾-原田間を走り抜ける優等列車が存在した時代があった。写真の1971年当時は、急行「天草」と特急「かもめ」が走っていた。「天草」は京都-熊本間の夜行客車列車で、本務機はDD51であったがD60の補機が付いていた。一方、「かもめ」は京都発着のキハ82で、小倉分割併合で、佐世保編成が筑豊本線経由、長崎編成が博多経由で、原田-肥前山口間は2本の「かもめ」が10分程の時間差で運行されていた。石炭で賑わう直方、飯塚にもそれなりの配慮がなされていた。当時の黒一色だった筑豊本線には、鮮やかな特急色の気動車は眩しい存在だった。現在のように、博多に一極集中した運行形態からは、考えられないような時代が在ったということだ。

折尾から冷水峠までの筑豊本線を見てきたが、石炭列車が走っていた頃とは、全く趣の異なる路線になっていた。列車の運行形態は、「若松線」、「福北ゆたか線」、「原田線」の3線に分割され、筑豊本線一体としての使命は既に終わっていた。それは、炭鉱地帯だった筑豊という地域が、様変わりしたからに他ならない。かつての炭都が、石炭に頼らない道を歩んできた結果だ。たまたま、筑豊本線沿いの町々は、博多・福岡、北九州のベットタウンとしての地の利があったために荒廃が避けられた。筑豊炭田は規模は大きかったが、良質炭の枯渇が早かったために、500程あった炭鉱の全てが1975年までにその姿を消している。当時は、日本の高度成長期の末期で、色々な意味で、日本全体も節目を迎えていた。


80008687.jpg


70013284.jpg
冷水峠を登る単行のヨンマル

原田線の途中駅である、上穂波、筑前内野、筑前山家の3駅は、何れも棒線化され、列車交換は出来なくなっている。かつて、ここでC55の客レやD60重連の貨物、キハ82の「かもめ」などが交換していた。原田線とは呼ばれるようになったが、本線の一部であることに変わりはない。災害時などの緊急使用に備えて、交換設備くらいは残しておいた方がいいように思うが、それも叶わないのが、今の鉄道の苦しいところだ。内野、山家の2番線には、原田線が本線筋だった頃の賑わいが偲ばれる。


70013293.jpg
筑前内野

70013298.jpg
筑前山家

70013287.jpg
桜の内野宿 正面奥が内野駅


これで「筑豊本線を歩く」を終わります。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/30(金) 00:30:00|
  2. 筑豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<「少年時代」の小海線 | ホーム | 桜の日に 桜雨>>

コメント

産業自生鉄道の終焉

こあらまさま
筑豊編の連載、お疲れ様でした。
うちの世代が物心ついた頃は、今、風太郎さまが連載している「石炭=夕張」でしたので、
北九州大炭田地帯の当時の様子は、初めて知り、とても興味深かったです。
当時のモノクロ写真と見比べての変化、また、変わっていないところも驚きました。
足尾のように、そのまま朽ち果てていく鉱山町が多いですが、
ベットタウン化で人々は住み続けているのは、良い方なのかもしれませんね。
  1. 2017/06/30(金) 03:12:52 |
  2. URL |
  3. hmd #q8mZJqzk
  4. [ 編集 ]

炭鉱の行く末

hmdさん、

日本には、1,000程の炭鉱が在ったと言われていますが、多くが九州と北海道でした。
その中でも、夕張は、筑豊閉山の15年後の1990年まで掘っていましたから、記憶に新しいのでしょう。
ただ、すったもんだの大騒ぎの後に、財政再建団体になった夕張市ですから、こちらの方がより有名かもしれません。
ところが、原発に逆風が吹いて、現在も操業している釧路コールマインと三美鉱業では、このところ増産に次ぐ増産だそうです。
「黒いダイヤ」の復権とは、時代の流れは分らないものです。ちなみに、日本のエネルギーの四分の一は依然として石炭です。
そうそう、常磐炭田と云うのもありましたね。
常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)は、常磐炭鉱が始めた新ビジネスでした。
炭鉱会社が、フラガールを採掘するとは、こちらは驚きの快挙です。
  1. 2017/06/30(金) 21:38:11 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

移ろい

勇壮な冷水峠越えの爆煙もさることながら、筑前内野の往時の賑わいを伝える様な枯れ具合がまた沁みますね。
駅桜はこの地の移ろいをじっと見て来たのでしょう。
  1. 2017/07/01(土) 17:42:23 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

桜の日に

風太郎さん、

桜というのは、日本人にとって特別なものなのでしょう。人生の色々な節目に寄り添う花です。
この内野駅の2番線ホームの桜も、ずっと人と列車を見送り、迎え入れてきたはずです。
その桜が、ある日ホームに取り残される。それでも、この宿の語り部のように毎年春には花を咲かせる。
たった1本の桜から、思いは限りなく広がって行きます。やはり、桜は特別な花です。
桜の季節を外して行ったはずの九州で、思わず桜の素晴らしさを思い知らされた旅でした。
  1. 2017/07/01(土) 21:28:55 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

冷水越え

こあらまさま

電関人が最後に訪れた時は、まだ明星が往来していて本線の風情がありましたが、
本当に鄙びてしまいましたね!
実は山家には父親の野辺送りをした場所があり、
その際に見た雪化粧をした冷水越えの築堤が
父親の思い出とともに心の中にしっかりと定着しています。
  1. 2017/07/01(土) 22:02:34 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

二つの冷水峠

狂電関人さん、

そうですか。ここでお父様をお送りになられたのであれば、思い入れも一入の地というわけですね。
ということは、電関人さんにとってもルーツの場所ということですか。
冷水峠の鉄道の方は、残念ながら寂れてしまいましたが、廃止の話が出てこないところがJR九州です。
勾配が緩ければ、貨物を走らせたりすればいいようなものですが、この急勾配じゃどうにもなりません。
それに反して、国道200号線は、マイカーも貨物トラックも凄い通行量でした。
あんなにトラックを走らせるくらいなら、鉄道に頑張ってもらった方がいいように思いますけどね。
  1. 2017/07/01(土) 23:59:54 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/468-f3db9d3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (30)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR