駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

陶山神社の参道を往く

この小さな谷間には多くの陶工が犇めいている
列車は僅かな余地を求めて、神社を掠めて行く

70013338.jpg
2017年4月 佐世保線 上有田

肥前有田は、600余りの陶工が軒を連ねる磁器の町だ。所謂「やきもの」は、陶器と磁器に大別される。簡単に言えば、粘土を低温で焼いたのが陶器で、長石を含む磁土を高温で焼いたものが磁器だ。この磁器の歴史は比較的浅く、11世紀頃の中国・景徳鎮に始まるとされ、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に、肥前領主の鍋島直茂が呼び寄せた朝鮮人陶工・李参平らによって日本に伝えられた。磁土が発見されたのが有田東部の泉山であったため、それまで陶器の唐津焼の産地であった有田が、一躍磁器の産地へと変貌を遂げたというわけだ。有田の磁器は東インド会社により世界に広められことは、あまりにも有名な史実であるが、その積出港が伊万里であったため、「有田焼」とも「伊万里焼」とも言われている。その後、愛知県の瀬戸で磁器が大量生産されるようになり、別名「瀬戸物」とも呼ばれるようになった。

当時の中国、日本の白磁は、欧州列強国では大変貴重な高価なものとして扱われた。現在も「古伊万里」は博物館くらいでしかお目に掛かれないお宝となっている。欧州では、自国生産のための技術開発が競われたが、磁土自体が産出されないため難航を極めた。18世紀になって、ようやくイギリスで「BONE CHINA」と呼ばれる技法が開発された。読んで字のごとく「骨から作った中国白磁」とでも言おうか。骨灰のリン酸カルシウムを陶土に練り込んで、白色陶土の代用とする技法だ。そして、「ウェッジウッド」や「ミントン」、「ロイヤルドルトン」などでボーン・チャイナが生産されるようになった。日本では、「ナルミ」や「ノリタケ」が有名だ。この技法も、「やきもの」の一つのジャンルとして発展を遂げながら現在に至っている。

当ブログの管理人は、焼物にも興味があるので、ついつい長くなってしまった。ということで、九州に来て有田、伊万里を素通りするわけにはいかない。有田の町を散策しに来たわけだが、際どいところを佐世保線が走っているので撮影と相成った。この神社は「陶山神社」で、正式には「すえやまじんじゃ」と読むが、「とうざんじんじゃ」でも通じる。八幡神とともに、最初に登場した鍋島直茂公と李参平公を祀っており、「有田焼陶祖の神」とされている。この有田では、「柿右衛門」、「今右衛門」、「源右衛門」の三つの窯元が「三右衛門」と称され、有田の代表格とされているが、唯一の庶民派の「源」でも、湯飲みや茶碗の一つが一福沢諭吉程だ。もちろん、「柿」や「今」は桁が違う。どちらかというと、志野や織部で一杯やるのが好みなので、今はまだ無名陶工のお手頃品を幾つか仕入れて有田を後にした。


70013339.jpg


70013344.jpg


EM02505.jpg
この谷間に「有田千軒」と呼ばれる町並みが形成され、繁栄を極めた。現在は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。


EM02506.jpg


EM02508.jpg
1894年創業の「深川製磁」。香蘭社深川栄左ヱ門の次男深川忠次が設立。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/06(火) 00:30:00|
  2. 佐世保線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<桜の日に 春の嵐 | ホーム | 新しい「北辺」がやって来た>>

コメント

街並み

こあらまさま

鉄道風景もさることながら、こうした古い街並みの風景が電関人も大好きです。
旅先で見つけると、しばし鉄道のことを忘れて没頭することもあったりします。。。
妻面の山に雲のデザインや、窓の桟の付き方が痺れますねぇ。
  1. 2017/06/06(火) 17:53:38 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

重要伝統的建造物群保存地区

狂電関人さん、

文部科学省が選定した「重伝建」は全国に114地区ありますが、これに限れば完全に西高東低です。
古い町並みが見たければ、西へ行けということです。当然、古くて立派な木造駅も西ということになりますね。
この有田の町は、さすがに歴史がありますし、焼物ということもあってか、なかなかのものです。
あまり「鉄」ばかりにのめり込まずに、色々楽しんでいた方が、逆に長続きするような気もします。(笑)
春は文化財の九州でしたから、秋は大自然の北海道の予定です。実は秋は法事です。
  1. 2017/06/06(火) 22:40:31 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/456-1c2c6230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR