駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

山線の記憶 峠の秘境駅

厳しい矢岳越えの山中のサミットにその駅はある
峠越えの休息場所は、今や観光列車の記念写真のスポットだ

80009038.jpg
2017年4月 肥薩線 矢岳

この肥薩線矢岳駅は熊本県人吉市矢岳町にある。2010年の国勢調査では人口77人、33世帯とある。今回初めて車で訪れてみて、その秘境駅ぶりを再確認することとなった。大畑駅は国道221号線から続く市道189号線をほんの数キロ走れば行き着く。真幸駅は駅前に国道447号線が通り、京町温泉からひとっ走りだ。ここ矢岳駅へは大畑から細い山道を辿るか、京町温泉から九十九折の坂道で矢岳高原を越えなくてはならない。さすがに、現在はその全線が舗装されているので、通行には大した問題はないが、砂利道だった頃は、余程の用事がない限り、行き来するのが憚れるような道程だ。人吉市立矢岳小学校は2014年に廃校になったが、その始まりは1892年設立の大畑尋常小学校大川間分教場ということで、矢岳は大畑の辺縁集落の一つであったようだ。

この矢岳集落は、鉄道と盛衰をともにしてきた。1909年の鹿児島本線の開通から、1927年に肥薩線となるまでの18年間が最も矢岳が栄えた時期とされている。運行上の理由とは思われるが、優等列車も停車し、駅弁まで売られていたというから驚きだ。もちろんその跡地から当時の交換設備の様子などを窺い知ることが出来る。この肥薩線全線が現在観光路線として人気を博しているのは、変化に富んだ車窓風景や峻険な矢岳越えのスイッチバックやループ線にもあるが、当初鹿児島本線として敷設され、その後ローカル線化したということに由るところが大きい。本線仕様の橋梁や隧道、駅舎などの鉄道施設が、ローカル線という時間の止まった博物館で静かに保存されてきたように思う。そういった意味では、やはり肥薩線自体が掛け替えのない鉄道遺産というべきものだ。

下りの「いさぶろう」が到着した。車内から乗客が一斉にホームに降り、駅舎や列車などをバックに記念写真の撮影会が始まった。暫し賑やかな時間が流れたが、列車の出発とともに直ぐに静かな秘境駅へと戻った。列車はすぐ先の宮崎県との県境を過ぎると矢岳第一トンネルへと入る。その隧道を抜けたところが日本三大車窓となる。残念ながら、いさぶろうの乗客で人吉市SL展示館に足を向けられた方はおられなかった。横に展示されていたハチロク58654が現役復帰してからは、D51170が一両でこの展示館を守っている。現役引退直後からずっとここで保存されているため状態は良さそうだ。人吉市と湧水町のこのデゴイチの復活プロジェクトは一体どうなったのだろうか。そういえば、プロジェクトがスタートしたときの国交相は前原誠司氏だった。時間が経つのは早いものだ。


70013663.jpg


70013664.jpg


70013665.jpg


70013670.jpg


70013657.jpg


70013661.jpg


80009042.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/27(土) 00:30:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<桜の日に 「かいもん」と言う名の駅 | ホーム | 川線の印象 雨のトラス橋>>

コメント

鉄道遺産

真幸、矢岳、大畑、かつての峠道の息遣いを大木さんの写真で見るにつけ溜息つくばかりですが、
「山ばかりの大畑に床屋があった」という廣田さんのエッセイも懐かしく。(左右のもみあげの長さが1cm違ったという顛末)
通り過ぎた時代の記憶を閉じ込めた仰る通りの鉄道遺産。
  1. 2017/05/27(土) 22:41:41 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

大畑侮ることなかれ

風太郎さん、

堀越さんも絶賛している大木さんの肥薩線山線ですから、こちらも是非写真集で拝見したいものです。
「北辺」の復刊本が順調に行けば、ひょっとしたら、その気になってくれるかもしれません。密かな期待です。

日本人の多くが農民だったころ、土地を求めて山中へと分け入ったはずです。矢岳もそうだったのでしょう。
大畑は、車窓からは民家は殆ど見えませんでしたが、駅が集落から少しばかり離れていることが分かりました。
それでも、床屋とはね。腕前からして農家の副業だったのかもしれませんね。
いやいや、大畑を侮ってはいけません。立派な小学校もあり、児童もこんなにいます。
http://www.htedu.ixnet.jp/okoba/
  1. 2017/05/28(日) 01:31:18 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/451-582c0089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR