駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

駅舎の灯 千綿 18時06分

どんよりとした空模様の一日が終ろうとしていた
海辺の駅舎にも優しい明りが灯った

80008829.jpg
2017年4月 大村線 千綿

大村線に早岐の美しいシゴナナの牽く客レが走っていた頃の、1928年に建てられた初代駅舎をご存知の方には、ちょっと不思議な風景に映るかもしれない。実は、1993年に旧駅舎をイメージして、再び木造で建て替えられている。その際に、駅舎のダウンサイジングと地盤のかさ上げがなされている。旧駅舎よりこぢんまりとした、今では調度いい大きさかもしれない。「青春18きっぷ」のポスターにも登場し、今や押しも押されもしない人気の海の見える駅の筆頭格だ。

無人駅化してから、この駅舎の所有者は地元自治体の東彼杵町だ。町のHP にもちゃんと駅の紹介が載っている。千綿という駅名は合併前の千綿村からきている。活気をなくしていく駅の再生策の公募で選ばれたのがデザイン事務所「UMIHICO ウミヒコ」だったわけだ。デザイン事務所に再建やその運営を任せるのも善し悪しだが、千綿はまずは成功といったところだろう。一昨年カフェも併設され、翌日の仕込みをされていたのか、カレーの良い香りが漂っていた。

訪れたのは、調度そのマシマ・レイルウェイ・ピクチャーズのポスターが撮られた時間帯だ。綺麗な夕日に染まる海と空をお見せしたいところだが、そうは問屋が卸さない。狙い目の快速長崎行きの国鉄急行色のキハ65が定刻に通過していくが、相変わらず生憎の空模様だ。晴れの日もあれば、雨降りの日だってあるさ。与えられた条件下で、その風情を何とか引き出したいのが、写真屋の願いだ。どんよりとした空の下、ゆっくりと静かに光を失ってゆく或る日の千綿駅をお楽しみいただければ幸いだ。


80008817.jpg


80008822.jpg


80008827.jpg


80008816.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/13(土) 00:30:00|
  2. 大村線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<川線の印象 雨降りの川面 | ホーム | 山線の記憶 大畑の軌跡>>

コメント

駅の日々

千綿駅行きましたね。
ポスターは何日も粘った末の晴れ舞台、誰もが頷くテンプレートであるのですが、
あまり顧みられない状況こそがその駅の淡々と過ぎてゆく日々をかえって饒舌に語る気がします。
晴れの日もあれば雨風の日もあります。
千綿駅の何の変哲も無い一日の在りように乾杯。
  1. 2017/05/13(土) 10:17:04 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

さりげない夕暮

風太郎さん、

やっと行くことが出来ましたよ。
行こうと思ったのは、18きっぷのポスターでもなく、海が見える人気駅ということでもありません。
敢えて言うならば、風太郎さんの千綿の最後の写真と、千綿という駅名ですかね。
千綿というのは、漢字も読みも不思議とイメージを掻き立てられる駅名です。
何の変哲もない夕暮でしたが、きっちりと記憶に刻まれました。これもまた、一期一会というものです。
奢らず高ぶらず、慎ましやかに日々を重ねて行く千綿駅に乾杯ですね。
  1. 2017/05/13(土) 21:49:17 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

千綿

こあらまさま

やっぱり、しみじみ来ますねぇこの駅は。
排煙うっすらと遠ざかる急行色のロクロクロクナナ、
九州出身鉄の電関人にはもっともココロに染み渡るモノがあります!
  1. 2017/05/14(日) 10:03:20 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

国鉄急行色

狂電関人さん、

改めてこの周辺を散策してみて、ここにしか駅を造るスペースがなかったことに気付かされます。
そのお蔭で、こんな海辺の駅が出来たということなのでしょう。木造の二代目駅舎も秀逸です。
国鉄急行色にちょっとばかりきてしまったので、稲の成長の観察がてら、来月只見にでも行ってみようかなどと考えています。
  1. 2017/05/14(日) 11:11:35 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/444-728be5fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (5)
後藤寺線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (12)
日南線 (2)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
指宿枕崎線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR