駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

山線の記憶 大畑の軌跡

霧が晴れ大畑駅の向こうに人吉盆地が見えてきた
一駅でこれだけの高低差を稼がなくてはならない

80009022.jpg
2017年4月 肥薩線 大畑

現役蒸気機関車の時代の、大畑の最もポピュラーなお立ち台は、ループ線を見渡せる丘の上だった。駅からループ線を辿って30分も歩けばその場所に着く。当時、ループ線一帯には木はなく、草原が広がっていた。日陰は見当たらず、夏であれば炎天下でひたすら列車を待つことになる。大畑駅での列車の動きは見えないが、全ては音で窺える。下り列車のループ線への引き出しは凄まじいものがあった。何とか加速を終えた列車が姿を現す。夏らしいまずまずの黒煙だ。厳しい仕業中ではあるが、炎天下で見守るファンのためにドレインをサービスしてくれた。何ともいい時代だった。

それから46年が経ち、木々の成長がループ線の眺望を奪ってしまった。駅前の丘の上にある神社からも構内は見渡せない。現在撮影できるのはスイッチバックを望む場所くらいだ。この辺りも以前は木々が少なく、色々なアングルから狙え、駅も丸見えだったが、もはや昔話だ。何となく駅周辺だけが観光用に開けているような気もする。この撮影ポイントも地主さんが撮影用に木を伐採して整備したものだ。立ち入りが有料化されたという話も聞こえてくる。今や鉄道も周辺も観光地ということだろう。記憶の中の大畑は遠い世界になってしまった。

以前この大畑スイッチバックを往く「ななつ星」をバルブ撮影することを考えたが、とうとう機会に恵まれなかった。このお立ち台でお会いした鹿児島在住の肥薩線のエキスパートに、そのことをお話すると、なんと彼のEOSにその映像が現れた。人吉の夜景をバックにした何とも美しい光の軌跡が収められていた。やはり、考えることは一緒だ。その他にも多くの作品を拝見させて頂いたが、地元の方には全く持って脱帽だ。


01812RF16.jpg
1971年7月 大畑ループ線

さて、大畑の最後に施設の現状を一通りアップしておこう。何だかんだとよくよく見ると、昔とは大分違っている。給水塔には三角の屋根が被せられていたはずだ。ホームの一部にあった屋根もなくなっている。湧水盆にも手水舎に掛かっているような屋根があったはずだ。それでも、こうして駅舎も残っているのだから贅沢を言ってはいけない。昔と比較するからああだこうだとなるが、現代にあって古き良き時代を思わせる逸品であることには違いない。


80008995.jpg


80008996.jpg


80008993.jpg


80009001.jpg


70013626.jpg


70013629.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/11(木) 00:30:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<駅舎の灯 千綿 18時06分 | ホーム | 山線の記憶 大畑雨情>>

コメント

懐かしき大畑

真夏の大畑と違って、桜咲く春の大畑はどこかやさしい感じがしますね。
だいぶ木がのびたようですが、それでも半世紀ほど前の駅舎が現役で残っていることが驚きです。
水飲み場もそのままですね。
名刺の貼り付けは、景観をそこねていて残念ですが、駅舎の木造の長椅子(改札はいって右側の窓の下だったかな)に寝かせてもらって夜汽車の音を聞き、早朝から撮影に出かけたあの日のことが、きのうのことのように思い出されます。
あのころは、ダブルルーフの客車もいましたね。
いつかまた訪れたい青春の原点。
とても懐かしい風景をありがとうございました。

  1. 2017/05/13(土) 23:27:34 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

青春の駅

まこべえさん、

私も灼熱の大畑しか知らなかったので、春の雨に煙るスイッチバックもまた一興でした。
今回改めて大畑と真幸のスイッチバックをじっくり鑑賞しましたが、奥が深いですね。
7両編成のななつ星が余裕で切り返せるのですから、さすがは旧鹿児島本線です。
D51の時代にも、あれだけ長い混合列車が走っていたのですから当然と言えばそうなんですが。
バラック小屋の幸福駅舎とは違って、こちらは文化財ですから、確かに名刺のべたべたは考えものです。
ここでお休みになられましたか。駅員さんも親切だったそうじゃないですか。ここで夜汽車とは、今なら寝る時間がありませんね。
それぞれのパーツはそれなりに残っていますが、全体的な雰囲気となると、ちょっと物足りない気がします。
欲を言わせてもらえるならば、もう少し全体像にも気を配ってくれたら、もっといいものになるのではと、感じた次第です。
ただ、あの頃の記憶を蘇らせるには十分な状態です。是非、まこべえさんも旅してみてください
この後、矢岳、真幸、そしてあの悲劇の場所へと続きます。
  1. 2017/05/14(日) 10:30:04 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

今昔

駅舎は昔の記憶のままですね。湧水盆周りは相当変わったかも。
屋根が消えたのは知っていましたが、ホームに段差が出来ているのは初めて知りました。
観光列車用にホームのかさ上げでもしましたかね。
  1. 2017/05/14(日) 21:42:42 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

景観と安全

風太郎さん、

このホームの段差と金物の手すりは実に美しくないです。本来は全体が低い砂利敷きだったはずです。
その時々の保安基準で手を入れて行ったら、こうなってしまったのでしょう。
安全は大切ですが、もはや観光路線ですから、駅の景観が崩れてしまえば、元も子もありません。
何といっても、今の基準ではないところが観光資源なのですから。
通常の保安設備とは違う方法で、安全を確保するアイデアが必要でしょう。
  1. 2017/05/14(日) 23:32:19 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/443-5e6843db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (29)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR