駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

岳鉄駅巡り 駅舎の灯

夜の帳が降りて来たが、プラントが眠ることはない
ホームに明りが灯り、製紙工場の夜が更けてゆく

70012420.jpg
2017年2月 岳南電車岳南線 岳南原田

この鉄道を訪れた最大の目的は工場夜景にあった。工場夜景ブームは2008年に神奈川県の川崎から巻き起こったとされている。高度成長期には公害都市と言われ、お隣の横浜に比べて圧倒的に観光資源に乏しい川崎市が、逆転の発想から取り組み始めたのが工場夜景の観光化だった。その後、ブームは全国に広がった。日本五大工場夜景として、室蘭、川崎、四日市、北九州、周南が挙げられるようになり、ここ富士と尼崎は、それに次ぐ場所とされているようだ。工場夜景の愛好者からは「工場萌え」なる言葉も生まれている。

鉄道に日本三大車窓があるように、夜景の分野にも日本三大夜景があり、函館、神戸、長崎の三か所ということになっている。何れもが港町だ。新日本三大夜景や夜景100選なども加わり、根強い夜景人気があることが窺われるが、この「工場夜景」はその延長線上にはないような気がする。巨大コンビナートのもつ非日常的な重厚な機能美は、生活の光である街の夜景とは、異なる性格のものだろう。何れにしても、観光客相手の薄っぺらな商業施設には踊らされない本物志向の人たちが、ここでも増えているということだろう。

民間の日本夜景遺産事務局が、日本夜景遺産の認定を行っているが、「岳南電車(岳南鉄道)」もその遺産の一つで、唯一の鉄道施設ということだ。暗くなってくると、沿線には三々五々カメラマンが現れるが、多くが「工場萌え」に鉄道を絡めようとする工場夜景趣味の方々で、鉄道趣味からは少数派だ。ただ、製紙工場の夜景はあまりぱっとしない。川崎や四日市の石油化学コンビナートの眩い照明を期待していたが、どうも事情が違うようだ。カメラの感度アップで施設を浮き上がらせる作戦にでたが、敢え無くセンサーの限界となった。


これで「岳鉄駅巡り」を終わります。


70012430.jpg
岳南原田

70012439.jpg
比奈

70012444.jpg
比奈

70012450.jpg
岳南富士岡


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/28(火) 00:30:00|
  2. 岳南電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小海線の天空 | ホーム | あの「北辺」が蘇る>>

コメント

プラント夜景

こあらまさま

中々萌え萌えな写真、堪能させていただきました!
そんなコンビナート萌えなんかブームになる遥か前、郷里から寝台列車にのって夜の山陽本線を走ると瀬戸内のコンビナート群が車窓を流れ、徳山や柳井辺りはいつも楽しみでした。
それから暫く、今度は四日市の港辺りでDD絡ませての夜景バルブ。
これも楽しかったですね!
その後ですね例の工場萌が段々とカミングアウトして来て・・・。
最近では何とか女とかマスコミも図にのって煩わしいったらありません。
世のマスコミにはもっと鋭く世相を斬って欲しいものですが・・・。
  1. 2017/03/28(火) 17:58:46 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

流れる工場の灯

狂電関人さん、

思い出しましたよ。徳山、柳井のコンピナート夜景を。ちょうど幻想的に見える時間に通過するんですよね。
あの辺りを、「桜島」、「高千穂」、「西海」、「阿蘇」、「雲仙」などで通過しました。みんな急行ですけどね。
「紀伊」に乗ると、夜明け前の四日市の夜景が見られるのですが、驚きの眺めでした。
そうですか。四日市を撮られましたか。羨ましい。私は通り掛かりに、鉄抜きでしか撮っていません。

確かに、何とか女とか、何とか女子の氾濫は、違和感たっぷりです。鉄女とか、山ガールとか、嫌ですね。
そもそも、男女平等とかいっていて、こういう表現が溢れているのは、いったい誰の仕業なんでしょうかね。
何処かに仕掛人がいるはずですが、それを平気で吹聴するマスコミと、面白がる人がいるということでしょう。
  1. 2017/03/28(火) 23:04:49 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/422-01c59947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR