駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

小海線の天空

今夏小海線に観光用の改造車両がお目見えする
そのコンセプトは、どこかで書いたことのあるフレーズだ

80003494.jpg
2016年4月 小海線

今夏のJR東日本の信州ディスティネーションキャンペーンに合わせて、小海線に登場する「のってたのしい列車」の車両愛称が、先月JR東日本 長野支社から発表された。その名は「HIGH RAIL 1375」ということで、1375 はもちろんJR最高地点の標高だ。車両コンセプトには「天空にいちばん近い列車」とある。むむ。これはどこかで書いたことがあるようなフレーズではないか。当ブログにお出でになる方ならピンとくるだろうが、小海線の空をテーマにした「天空の時間 空に一番近い列車」と題するシリーズだ。

「天空に一番近い」をネット検索すると様々な文言がこの後に続く。世間一般に広く使われているフレーズだということだ。そのために、駅舎の灯では頭に「天空の時間」と付けてみた。試に、JRのコンセプトの「天空にいちばん近い列車」で検索すると、天空の時間が一番にヒットする。次に「いちばん」を天空時間の漢字の「一番」にしてみると、JRが先で、駅舎の灯はぐっと後の方に下がる。グーグルでもヤフーでも同じだ。いったい検索エンジンのアルゴリズムはどうなっているのだろうか。

ふと、先日の「北辺の機関車たち」復刊の記事を書いていた時のことを思い出した。出版前に著者の御三方は、廣田尚敬さんのお宅に、あることをお願いに行ったという。当時、廣田さんには「蒸気機関車たち」と題する写真展があり、著書名の一部を「機関車たち」とすることのお許しを乞いに行ったそうだ。もちろん、廣田さんの答えは決まっている。後輩たちを優しく励まされたという。

命名に際してネット検索をするのは今では常識だ。かなり汎用的な表現でもあり、オリジナリティー云々などはさておいて、こちらもそれなりにない知恵を絞っているわけで、同じ道の関係者なら何か一言くらいという思いも湧いてくる。ましてや、当ブログは長野支社の小海線と飯山線をホームグランドにしているので尚更だが、そこは辺境のサイトの悲しいところだろうか。46年前の大学生の律儀さに、清々しさを覚える管理人だった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/30(木) 00:30:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<雪原の誘い | ホーム | 岳鉄駅巡り 駅舎の灯>>

コメント

流儀

こあらまさま

先だってのD●●A社の無断転用事件のように、特にネット社会になってからというもの、流儀というか作法というか、
急激に悪化の一途を辿っているようですね。
鉄の撮影地におけるマナーの悪さもそうですし、
いくらそれが一般名詞だといえども、先人に対する断りの一言は大切ですし、ましてやネット社会だからこそ、
検索すれば分かるはずですがね。
電関人がつい先ごろまで居た業界ってやつもクリエーターの風上にも置けないレベルの低いCMなどが溢れ返っていますしね・・・。長々と失礼いたしました。
  1. 2017/03/31(金) 13:05:05 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

絆のない絆社会

狂電関人さん、

今のクリエーターは、ネットの海の中からネタを探し、発想を得ているのでしょう。
ですから、ネットを丹念に検索すれば、必ず似たようなものが出てくるわけです。
知っているのか、知らないのか。とにかく類似のものが発掘されないことを、祈っているはずです。
全ての人が公に情報を簡単に発信できるようになったわけですから、クリエーターにとっては受難の時代ともいえます。
そうなれば、ネットから拾い出せばいいわけで、クリエーター自体が必要ないということにも。
ネット動画をテレビで放映してますが、これはもう放送者自体が番組制作を放棄したようなものです。
そんな時代の流儀とはどんなものになるのでしょう。ひょっとして、バレなければやり得でしょうか。
おまけに、SNSの広がりは、実体のあるコミュニケーションをどんどん遠いものにしてしまっているみたいです。
  1. 2017/03/31(金) 21:26:25 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

知らしめとタブー

日高本線沿線の某NPOのサイトにアクセスしたら、トップページの写真がどう見ても「オレの厚賀~大狩部間・・・」という事もありましたね。
データ名すら変えていないのは天真爛漫というか。
まあ日高本線廃止反対という団体でしたので何も言いませんでしたが。

風太郎も良くやりますが先達の偉業への感動を伝えるに何らかの引用が必要な事もあり、
その積み重ねが偉業を偉業として世に知らしめたのも事実かと思いますので、
あまりにもタブー化するのは文化を萎縮させるとも感じるところです。
明確な悪意や経済的利益の詐取を狙ったものでない限り大らかな対応というものもまたあるべきとは思うのですが。

話は変わりますが、「~たち」とか、「◯◯型が居た」とか、鉄道車両を擬人化する表現は、全くその気が無い人にとってはかなりのインパクトがあるようですね。
「深い・・・」と「哲学科」で学ぶ学生が詠嘆していたのをちょっと面白く思い出します。
  1. 2017/03/31(金) 21:52:01 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

ちょっときつ過ぎましたか

風太郎さん、

もし、その某NPOが風太郎さんに、これこれしかじかの目的で写真を使わせてほしいと頼んで来たら。
風太郎さんは、気持ちよく、そういう目的ならば喜んでという話になりますよね。
関電人さんもご指摘のように、ここで問題視しているのはオリジナリティー云々よりも、マナーということです。
写真の無断使用となると、マナーの範囲を越えていますが・・・。まさに、見つからなければです。
某大鉄道会社に、写真を商用に盗用された知り合いがいますが、これは断固たる抗議になりました。
社会的に認知された大会社ですら、このような所業に及ぶというのは、憂うべきことです。
こういった脱法的なケースは論外ですが、文化を委縮させないために、節度ある配慮が緩衝材になるケースもあると思います。
一方、引用というのは全く別の次元の行為です。ちなみに、学術論文は引用によって成り立っています。
つまらない言葉尻のことで、頭を下げに来いと、云おうとしたわけではありません。
「北辺」の御三方の行動を思い出し、こういうコミュニケーションが良き文化を育むのだと思います。
同時に、これだけ通信手段が進歩しても、肝心なコミュニケーションは薄れてゆく。そんな危機を感じた次第です。
  1. 2017/04/01(土) 00:46:14 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/421-d917884e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (5)
後藤寺線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (11)
日南線 (2)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR