駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

輝きの朝

オホーツク沿岸の網走は温暖で明るい場所だ
そこには眩しいくらいの輝きの朝があった

0392016.jpg
1973年3月 石北本線 網走

網走という街は、意外にも温暖で明るいところだ。海洋沿岸性の気候のため、夏は涼しく、冬は暖かい。冬に北西の季節風の吹き荒れる日本海沿岸からは遠く離れ、夏に東風が運ぶ山背が発生する太平洋とも隔絶されているため、積雪は少なく、一年を通して晴天率が高い。冬のオホーツクの流氷や、かつての網走監獄の過酷な囚人労働の歴史からか、冷たく凍り付いた不毛の土地のようなイメージを抱かれがちだが、実は道内では過ごし易い地域となっている。それが関係しているかは判らないが、道内の都市としては比較的安定した人口を維持している。

網走駅に、1527レ「大雪崩れ」が到着し、俄に構内が活気を帯びてきた。釧網本線、湧網線の列車の出入りも加わり、慌ただしく入換作業が続く。操車掛氏は職種柄こんな軽装で寒そうだが、きびきびと作業が進められていく。ちなみに、北海道形の特徴の一つである前面デッキ手すりは、このように使用されていた。ここ網走には機関区はないが、一通りの設備はあった。屯するのは北見、遠軽、釧路などの罐だ。晴天の朝だけあって放射冷却でしばれてはいるが、春が近づき、日の強さはもう冬のものではない。そこには、オホーツクの眩いくらいの輝きの朝があった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/08(水) 00:30:00|
  2. 石北本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<岳鉄駅巡り かぐや姫伝説 | ホーム | 雪の飯山線2017 河岸集落を巡る>>

コメント

思い出しました

画面左端に僅かに覗く乗務員詰所らしき建物とその屋根で、この場所でバルブ撮影したことを思い出しました。
大雪崩れは網走駅で撮影したことがなく、この時刻の網走駅風景は新鮮な印象です。拝見させていただき、ありがとうございました。
  1. 2017/03/08(水) 17:48:52 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

何故か網走の朝

マイオさん、

何時もながら、マイオさんの記憶力の良さには驚かせられます。よく覚えてらっしゃいますね。
この画の状況を少しご説明すると、大雪崩れは順光の画の後方からC58331牽引で到着しました。
そのまま推進で通り過ぎた留置線に向かうのではなく、お尻に正方向のC58392が連結されました。
牽引機のC58331は単機後進で転車台に向かうことになります。長編成ですから推進は避けていたのでしょう。
マイオさんは、この場所で出発を待つC58をバルブ撮影されたということですね。
その後、給炭台の横で休んでいたキューロクが、入換の済んだ貨物編成に繋がれ、湧網線へと入ります。
何で朝っぱらから網走で駅撮りしていたかは記憶にございませんが、私的には貴重な網走の写真です。
  1. 2017/03/08(水) 22:36:56 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

連コメすみません

言葉足らずでした。仰る通り、バルブ撮影したのは、この場所で待機するC58牽引の石北線客レと、側線で入換作業が一服した9600頭の客車群の並びでした。
ちょうど投光器の照明がバッチリだったので、何枚も写しており、そのため印象深く記憶に刻まれています。
そんなに色んな場面をどれも覚えているわけではなく、網走駅のバルブは刻まれてますが、美幌周辺は完全に消えてます。
かつて訪問した鉄路そのものが消えてしまう、記憶からも消える。残る写真はせめてキャプションがないと、訳がわからないものになりますね。
  1. 2017/03/10(金) 10:39:33 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

記憶再現の旅

マイオさん、

C58と9600の並びですか。灯光器であれば、さぞかしきれいなツーショットが撮れたんじゃないですか。
本当に記憶というのもいい加減なもので、40年以上も前の当時のことは断片的にしか覚えていません。
僅かばかりの旅の記録と当時のダイヤグラムと時刻表を用意して、写真を精査していくと、旅の足跡が見えてきます。
駅名標がなければ、どこの駅だかも判らないようなものもあります。ただ、ここは網走で間違えはありませんよ。
そうやって一つ一つの現役蒸気の記事を書いていますので、改めて旅をしているようなもので、楽しい作業でもあります。
そういう意味では、写真自体が自分の記憶と言ってもいいくらいです。あの頃、蒸気を追っていたという確かな記憶です。
マイオさんにも、消え去った記憶がお在りということで、ちょっと安心しました。(笑)
  1. 2017/03/10(金) 22:01:30 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/411-900c3972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR