駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

駅舎の灯 森 17時33分

函館から札幌に向かう列車に乗り、再び海が見えるのが森だ。
噴火湾の向こうのすぐそこに室蘭の街が遠望できるが、陸路はその何倍もの距離だ。

70001719.jpg
2012年11月 函館本線 森  (以下同じ)

北海道茅部郡森町は、人口17,000の噴火湾に面した駒ケ岳の麓の町だ。産業は漁業と農業だ。かつてはニシン漁で栄えた。この町の森駅は、JR北海道・函館本線の駅で、函館駅から49.5km、特急で40分のところにある。「トワイライトエクスプレス」と「はまなす」以外の列車はすべて停車する。渡島総合振興局の中心地の函館の文化圏で、この町の人は何かあれば函館に出向くことが多い。


70001723.jpg
駅構内 函館方面

この駅の構内は今も複雑な線路配置をとっている。函館方面へは大沼公園経由の本線と、佐原経由の佐原支線に分かれ、長万部方面は鷹の巣までが複線化されている。つまり、本線で函館に向かう列車と、支線からの下り列車がこの駅でクロスすることになる。そのため信号機の数もとりわけ多い。
森駅の駒ケ岳バックの下り列車の発車シーンは、定番アングルとして今も受け継がれている。


70001717.jpg
2846D キハ40

小生の乗る2846D長万部発佐原経由函館行きは森で30分程停車する。駅を撮るにはうってつけの時間だ。こうやって鈍行で一駅一駅の佇まいをチェックしていくのが小生の流儀だ。というか、散々、貧乏旅を続けてきた者の断つことのできない習性だ。
到着後暫くすると、帰宅する高校生の一群が、がやがやと乗込んできた。鉄道風景も随分と変わったものだが、最も様変わりしたのは、やはり人間なのかもしれない。


70001720.jpg


70001721.jpg
「いかめし」の柴田商店

森と云えば何と言っても「いかめし」だ。1903年の森駅の開業に合わせて設立された阿部弁当店(現いかめし阿部商店)が、1941年から製造・販売している。駅中のキオスクと駅前の柴田商店で販売しているが、関連グッズも開発されており、観光客には人気のようだ。この時間に来ると、だいたい売切れになっている。
東京の元祖駅弁大会の京王百貨店でしか買ったことのない方々には、唯一の「いかめし」販売店の柴田商店の佇まいは想像できないだろう。しかしながら、こういうところで買うのが駅弁の醍醐味だ。是非、現地まで足を運んでもらいたいものだ。ただ、現役蒸気時代には当然食することのできなかった味だった。「いかめし」で滋養をつけていれば、もう少しましな画が撮れていたかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/02/24(火) 23:19:01|
  2. 函館本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<オートフォーカス考 | ホーム | 緑輝く頃>>

コメント

こんな駅なんですね

一回も下車したことがありませんでしたが、
最近の皆さんのブログではよく拝見しております。

昭和46年7月には駅売りのいかめしを80円で買いましたし、
その後も150円時代に購入しています。

スーパーの駅弁まつりで買ったときには400円くらいになっていたような……
包装紙が昔ながらなのがいいですねっ!
  1. 2015/02/25(水) 23:52:02 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

ちょっと高過ぎません?

くろくまさん、

いかめし安部商店のHPで確認したところ、現在の価格は何と¥650也。有名になると強気ですね。
かみさんの親が函館なもんで、帰省した時に、車で通りかかるとよく買ってましたが、こんなに高くなっているとは。
前も、倍はあろうかという真空パック品より高かったですが、こうなると現役蒸気時代と同様に手がでません。

私奴は現役時代も何回か森には降りました。主にD52目的でしたが、月並みに駒ケ岳バックの発車シーンなんぞを撮っていました。
キューロク好きのくろくまさんには、ちょっと縁遠かったんですね。
  1. 2015/02/26(木) 02:08:49 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

森駅

こんばんは。

森駅って、とても素敵な駅ですよね。
構内の規模も丁度良く、なにより海に面していて
個人的には「これ以上ない」ロケだったりします。

このお写真を拝見すると、行きたくなってしまいますねぇ~
  1. 2015/02/26(木) 21:25:32 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

後僅か

いぬばしりさま、こんばんは。

何故か森駅は大編成の似合う駅ですね。駒ヶ岳も噴火湾も構内の施設も、長大編成が映える背景です。下り列車の出発は、まさに「引き出す」という言葉通りです。昔は、C62、D52といった大型蒸気、キハ82の大編成が出発する様は壮観でした。今では、DD51重連、赤熊といったところでしょうか。

4月に北海道に帰省する予定です。残念ながらトワイと北斗星は終わっていますが、カシオペアを大沼や森で狙いたいと思っています。季節的には何とかなる時期です。一月前倒したかったのですが、それは許されませんでした。(泣)
ただ、ヒガハスのような人出になっていたら、どうしましょう。
  1. 2015/02/26(木) 22:37:10 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/41-68af2a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (106)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (9)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (23)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
島原鉄道 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR