駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

雪の飯山線2017 信濃平の朝

信濃平の雪原をゆっくりとキハが近づいて来る
今年はどうも例年より積雪が少ないようだ

80008258.jpg
2017年2月 飯山線

この冬は、大雪のニュースが多かったように思うが、その中心となったのは中国地方だ。鳥取、岡山辺りで道路がマヒしたのは記憶に新しい。気象庁の2月末日までの累積積雪量を眺めてみると、本来の多雪地帯である北海道から北陸へと続く日本海側の地域では、軒並み平年値を下回っている。豪雪地帯で名高い飯山線沿線だが、こちらも平年値の8割前後となっている。長野、新潟の両県で、平年値を上回ったのは軽井沢の一地点のみだ。年々積雪量は減少傾向で、雪国の冬の生活も楽になりつつある。とは言え、十日町679cm、津南927cm、野沢温泉776cmと、無雪地帯に暮らす人々には、想像を絶する豪雪地帯に変わりはない。

本来積雪地帯とは言えない冷涼な高原を往く小海線の乾いた雪と、折り紙付きの豪雪地帯を走る飯山線の湿った雪景色とでは、大きく趣が異なる。JR東日本長野支社の二つの非電化ローカル線は、それぞれに特徴ある気候と風土を持つ地域を走り抜ける路線で、両線の沿線風景への興味は尽きない。小海線に併せて、本場飯山線のこの冬の雪景色もお送りしたい。千曲川・信濃川に沿って点在する豪雪地帯特有の家屋から成る集落は、日本の故郷風景を代表するものの一つだ。その集落と里山の雪景色から、雪国の生活の一端を感じて頂ければ幸いだ。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/04(土) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雪の飯山線2017 河岸集落を巡る | ホーム | 岳鉄駅巡り 茶所>>

コメント

戸狩スキー場

こあらまさま

連投コメ、失礼いたします。
飯山線は写真こそ最近しか撮っていないのですが、
実は大学4年間の冬と春に必ず鉄道のクラブメンバーで戸狩スキー場で合宿してました。
鉄道クラブなのにその時代の飯山線にカメラを向けていないのが残念なのですが、
良い思い出となってます。
しかしながら、この冬その戸狩スキー場で悲しい事故が起きました。
場内の雪崩事故によってスキー場関係者が生き埋めになって亡くなられました。
今年の雪の降り方が変則的だったのが影響したのか分かりませんが、
やはり慣れている方でも雪の状況を見誤るのだから我々も冬の撮影などに気を付けなければと再度気を引き締めるのでした。
  1. 2017/03/05(日) 09:53:04 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

雪崩注意報

狂電関人さん、いつもコメントありがとうございます。

鉄道クラブでスキー合宿というのも面白いですね。それだけ、スキーが人気だったということでしょう。
何処のスキー場も休日は凄いリフト待ちで、国民的なスキーブームが巻き起こっていましたね。
こちらは、会社絡みで格安だった斑尾のリゾートでのんびり雪見酒なんぞを楽しむのが恒例でした。

昔、山岳写真もやっていましたので、雪崩には随分と悩まされましたし、怖い目にも遭いました。
雪崩に巻き込まれたパーティーの行方不明者の捜索もやったことがあります。
スキー場は雪崩が起きやすい条件を完備していますから、定期的な圧雪と除雪がなければ雪崩の巣です。
この時期、気温が上がって雪崩注意報が多くなってきました。春先の雪崩は全層ですから怖いです。
鉄道写でも、難易度の高いアングルに挑戦される方が多くなってきていますから、気を付けるに越したことはありませんね。
  1. 2017/03/06(月) 02:25:52 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/409-65641824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR