駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

復旧断念

通らずの橋梁となって早2年が過ぎた
牧場と海岸を巡る名路線の復旧は遂に断念された

0371816.jpg
1973年3月 日高本線 静内

この静内川橋梁を列車が渡らなくなって早2年が過ぎた。厚賀-大狩部間の土砂流失は収まるどころか拡大を続け、沿線自治体との協議でも復旧の活路は見いだせず、昨年末にJR北海道が復旧断念を発表した。日高線が全線開業したのは1937年8月10日のことで、1943年の富内線の開業に合わせて、日高本線と改められた。この写真の時代には、急行「えりも」が3往復し、輸送人員は現在の10倍もあった。80年代には凋落が始まり、貨物は廃止され、「えりも」も消えた。富内線は廃止となり、日高本線は支線のない本線となってしまった。今後、どの区間が残されるかはまだ分からないが、少なくとも日高門別-様似間は廃止ということのようだ。残念ながら、また一つ北海道に思い出路線が増えることになってしまった。

JR北海道は廃止理由に、沿線人口の減少とモータリゼーションの進展の二つを挙げている。日高本線沿いには日高自動車道という高規格幹線道路が浦河まで建設予定で、現在 日高門別まで開通している。この道路は、ご存じのように、採算の取れない高速道路を、無料の高規格国道の名目で国費で建設するものだ。設計速度は100km/hで、どう見ても高速道路だ。こちらには幾らでも税金を注ぎ込めるようだ。国鉄分割民営化後も新幹線は相変わらず国主導で建設が続いている。高速道路公団も分割民営化されたが、こちらでは無料の高速モドキが蔓延るばかりだ。現在文科省の天下りが露呈しているが、規制が厳しくなるや否や新たな内部システムが構築されたというから呆れてしまう。時の首相の矢は3本しかないが、もっと沢山の矢が要るのではと思うのだが・・・。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/10(金) 00:30:00|
  2. 日高本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<雪の小海線2017 雪降る夜 | ホーム | 夕暮れ時を往く>>

コメント

とうとう

こあらまさま

日高本線は、計画段階のままお蔵入りしてしまいました(悲)
JRAの資金力がきっと投入されるものだと信じていたのですが・・・。
  1. 2017/02/10(金) 21:30:32 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

鉄道空白地帯

狂電関人さん、

その昔、広尾線の広尾と日高本線の様似の間に、襟裳岬を巡る国鉄バスが走っていました。
周遊券で乗ることが出来たので何回か行ってみました。その後、森進一の「襟裳岬」がヒットしました。
広尾線は無くなり、とうとう日高本線も終わりになってしまい、大きな鉄道空白地帯が出来ることになりました。
国鉄と国鉄バスを使って旅をしていたのが、遠い思い出になっていきます。
  1. 2017/02/10(金) 22:15:54 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

日高本線

その昔は幸福駅も見つつ広尾までは行きましたが、襟裳岬経由のバスは気になりつつも北海道はあまりに広く行程に組み込めませんでした。
つまり日高本線を訪ねたのはつい最近で、その素晴らしさに触れ、さあこれから入れ込もうと思っていた矢先ですから無念です。
鉄道維持を国策として大転換する機運でも盛り上がれば一縷の望みもと思うのですが、道路利権の方が余程うまみがあるのでしょうね。
高規格道も並々ならぬ維持費が掛かっているはず、巨額のそれを教えてもらいたいものです。
かつてはサラブレッドすら貨車で送り出したという日高地方、汽車以外は今もあまり変わらないような気がしますが、そんな時代のヒトコマですね。

  1. 2017/02/11(土) 09:29:12 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

思い出路線

風太郎さん、

夜行暮らしが長くなるとさすがに疲れてくるので、安息日のつもりで襟裳には行きました。
何となく「えりも」という地名には後ろ髪をひかれますね。思わず速足に回ってしまいました。
広尾線と日高線本線が計画通り繋がっていれば、えりもにも鉄道で行けたんですけどね。
この2線は好みの路線だったので、私的にも大変残念です。厚賀-大狩部の海をもう一度見たいものです。
寂しいかな。サラブレッドの牧場を横目に走るキハはもう見れないということです。
その昔、汽車の音で、乳牛の乳の出が悪くなるとか、馬が驚いて脅えるなどと、毛嫌いされたこともありましたが。
整備新幹線にしても高規格国道にしても、日本特有のとんでもない底なしの建設費です。
造ること自体が目的ですから、日高本線の復旧工事でもよさそうなものですが、やはり鉄道は無視のようです。
  1. 2017/02/11(土) 23:59:55 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/398-0caa842a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (106)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (9)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (24)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (1)
島原鉄道 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR