駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

夕暮れの狼煙

最果ての地に夕闇が迫り、構内の明かりが灯りだした
一瞬風が止み、キューロクの煙が天高く立ち上った

10039F16.jpg
1975年3月 宗谷本線 幌延

現役蒸気が間もなく終焉を迎えようとしていたこの時期、宗谷本線の最果て鈍行は、既にC55からDD51にバトンタッチされており、宗谷北線では数少ない貨物列車を牽くキューロクのみが生き残っていた。この写真は稚内方向を撮ったものだが、向って左の島式ホームの外側の線が羽幌線のりばで稚内側で分岐していた。中央に給水塔が見えるが、最果て鈍行はじめ蒸気列車の殆どがこの幌延で給水給炭を行っていた。以前「北緯45度の青い空」という記事で、2013年の2面2線のこじんまりとした構内の幌延をお送りしたことがあるが、その旭川方向の写真の右側の空き地が、以前どんなだったかが今回の写真でお解りになる筈だ。

この日は、「利尻」で札幌から南稚内に到着後、下沼、徳満などで過ごして、17:10に幌延に辿り着いて、上りのキューロク貨物の発車を撮っている。18時近いので構内の明かりが灯りだしている。日の出前や日の入り後の僅かな時間風が止まることがある。この時も一瞬無風となり、キューロクの煙が狼煙のように真っ直ぐに立ち上った。その後、駅周辺を歩き回り食料を調達している。風呂に入りたいところだが、風呂屋があっても時間があまりないので、この日は早々にスキップと決め込む。そして19:19発の「礼文」で旭川着23:02、翌1:02発の「大雪5号」に乗り換えて遠軽へと向かっている。こんな無宿生活が周遊券の有効期間中ずっと続くのだった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/29(日) 00:30:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<雪の小海線2017 雪晴 | ホーム | 雪の小海線2017 俄雪>>

コメント

昔の駅構内

こあらまさま

いいですねぇ。
貨物仕分け線があって、転轍機様々なストラクションがあり、広い空はややグレーに明るさを落としていく時間。
電関人も、エアー蒸機を画面に置いて何度もこんな写真を
撮ったものでした・・・。
  1. 2017/01/29(日) 10:18:05 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

懐かしき世界

まっすぐ、高く登る煙。
この光景も、復活蒸気では見られない、現役蒸気、しかも凍てついた北の蒸気に見られた光景でした。
撮影後、駅周辺で食糧を調達して、また夜行に乗り込む。そんな生活も懐かしいですね。
夏は、駅前やホームにあった水飲み場でタオルを濡らし、からだをふいたものです。
40年という月日は、風景だけではなく、旅のしかたまでかえてしまいましたね。
  1. 2017/01/29(日) 13:53:01 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

過ぎ去りしもの

狂電関人さん、

この中央の給水塔の向こうには、機関庫や転車台もあり、小さいながら一通りのストラクチャーがありました。
貨物好きとしては、2軸貨車なんぞが構内に留置されている眺めが好物でして、こんなのをよく撮ってました。
電関人さんも、現役蒸気をお撮りになりたかったご様子ですが、80年代の国鉄だって、若いファンの方々には垂涎の的です。
誰しも、手の届かなかった一つ前の時代への憧れのようなものがあったりします。
私だって大木さんの写真を拝見していると、内心「こんちくしょう」と思ったりしてますよ。(笑)
  1. 2017/01/29(日) 22:44:52 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

生活の中の汽車

まこべえさん、

そうですね。復活蒸気は、現役蒸気のようにはしっくりこないですね。別物と考えた方がいいです。
蒸気機関車ということでは一緒なんですが、生活感や日常感があるかないかは、私的には大きいです。
そんな訳で、蒸気ファンとして偶には復活も撮りますが、メインは現役のものということになっています。

春夏冬の休みには、中高生だというのに、こうやって全国を津々浦々まで巡りました。
一日でも長く旅を続けるために、随分と貧弱な食事と連日の夜行でしたが、楽しかったですね。
北海道でも「はまなす」も終わってしまい、夜行列車で旅するなんてことは考えられない時代になりました。
まこべえさんも、お忙しいご様子ですが、少しは余暇が楽しめるようになったら、当時の旅談義なんぞをいたしましょう。
  1. 2017/01/29(日) 22:46:45 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

「こんちくしょう」です

 ぼくも、あと10年、いや5年早く生まれていたらば… と思っていましたよ。
東海道本線、関ヶ原、東山が、瀬ノ八が、C51が、思うように撮れたのに…なんて俺は不幸なのか…と思っていました。

ギリシャの昔から「今の若い者は…」と年寄りは言っていたとか。歴史はいつも同じことをくり返すものなのでしょう。

大切なのは「今の旬」が何なのか、それを見つけ出して捕まえること、なのでしょうね。
  1. 2017/01/30(月) 10:24:22 |
  2. URL |
  3. 大木 茂 #-
  4. [ 編集 ]

申し訳ございません

大木茂さん、

聞こえてしまいましたか。分かり易い云いまわしだとは思いましたが、大変失礼致しました。

私の場合、10年とか5年とかは申しません。あと3年くらい欲しかったです。
大分狙いが定まって来たころに、プツンと切れてしまいましたから残念至極です。
大型C形機などは、あれよあれよと無くなってしまいましたから、真面な写真などありゃしません。
それでも、若さだけが頼りの全国旅が出来たことは、何事にも代えがたい経験でした。

どうも鉄道趣味の方々は、私も含めて、過日への思い入れが強いように思います。
それは鉄道がどんどんつまらなくなっているからでしょうか。鉄道の衰退と関係があるのかもしれません。
確かに今でしか撮れない旬のものもあるでしょうし、時代に流されない普遍的な背景のものもあるように思います。
自分が撮りたいものが旬であればいいのですが、それが判る頃には時間切れなんでしょう。
  1. 2017/01/30(月) 22:41:57 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

旅の記憶

蒸気機関車の記憶とは単純な物体の記憶では無くて、めくるめくような旅の記憶と共に在るから忘れ難いのでしょうね。
冷たく濡れた靴下をスチームで乾かしながら、今夜の寝床でもある夜行列車で過ごす時間。
まだ見ぬ土地への憧れを夢枕にしたとびきり自由な日々こそ、ひょっとしたら蒸気機関車以上に心に刻まれるものではなかったでしょうか。
煙は無くともそんな旅のかたちがギリギリ残っていた時代に生きられたのは幸せだったかと思います。
  1. 2017/01/30(月) 23:26:14 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

旅と写真

風太郎さん、

「冷たく濡れた靴下をスチームで・・・・・。」磐西のたまゆらでしたね。つい数年前の事ですが、もう懐かしいです。
蒸気機関車が切っ掛けで旅が始まりましたが、何時しか旅をして写真を撮るというのが恒例になりました。
風太郎さんもそうだと思いますが、あの頃の旅がその後の色々な原点になっているような気がします。
蒸気全廃後も鉄道旅は続きますが、蒸気の呪縛からの開放なのか、本当に風任せの気儘な旅をしてました。
ところが、機材もパワーアップしていたにも関わらず、数は撮っていません。特に鉄道は断片的です。
当時の旅程を見ると結構面白そうな処へ行っているのですが、そこの写真がなかったりします。
やはり、撮るべきものを撮っておかないと後悔が残るというのが教訓です。スナフキンは遠いです。
今になってみれば、これが第二の「こんちくしょう」です。
  1. 2017/01/31(火) 02:23:06 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/392-3ab2047d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR