駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

増毛の残照 最終夜 駅舎の灯 21時49分

静まり返った駅前には、遠くから微かな波音が聞こえてくる
95年間この町を見守り続けた駅舎の灯が消えようとしていた

70011152.jpg
2016年10月 留萌本線 増毛

21時41分、深川からの最終列車4935Dが到着し、8分間の停車の後、21時49分発の最終の留萌行き5922Dとなって折り返して行く。この日は仕事帰りの勤め人と思しき方が一人だけ降りてきたが、返しの列車の乗客は皆無だった。ただし、これは平日の話で、土曜休日は1本前の19時台の列車が最終となる。最終運行日の12月4日は日曜日だったため、19時台がこの線区の最終運行列車となった。始発から15時間半の、長いような短いような増毛駅の一日が終わろうとしていた。静まり返った駅には、折からの強風に荒れる海からの波音が聞こえていた。

近頃では葬式鉄なる現象があるようで、廃止が決まった列車や車輌、路線に人が押し寄せているらしい。小生は一応「日常の鉄道」ということを大切にしているつもりなので、「非日常」となってしまったものは原則対象外だ。廃止前の増毛に行くかどうかも悩んだが、増毛港への誘惑には勝てなかった。とは云え、増毛は内地の都市からは極めて遠い。現地では何人かの道内の撮り鉄の方にお会いしただけで、いつも通り一人で列車を待つことが出来た。増毛駅の線路を囲むロープには少々落胆はしたが、好天の増毛港に立つことが叶ったし、それなりに静かに最後の増毛を眺める事が出来、44年ぶりのリベンジで気が済んだというものだ。

JR北海道の路線の廃止は、1995年の深名線から暫くはなかったが、19年後の2014年の江差線の頃から俄に雲行きが怪しくなり、それから僅か2年後の留萌線の増毛と相成った。この先も多くの廃止が計画されるに至って、北の鉄路の行く末がやっと全国区のニュースとなったのも束の間、今はトランプ大統領の爆弾発言の前には、それどころではなくなってしまったようだ。この分では、状況は厳しくなるばかりだ。世間の話題にも上ることなく、次々と路線が地図から消えていくことになりそうだ。拙ブログのカテゴリには、沢山の北海道の路線名が上がっているが、その多くが既に廃止路線になっている。それが時代の流れというものだろうが、思い出路線ばかりになってしまうのも哀しいものだ。


70011144.jpg


70011148.jpg


70011137.jpg


これで、6回連載でお送りした「増毛の残照」を終わります。



70011187.jpg
2016年10月 留萌本線 箸別


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/25(水) 00:30:00|
  2. 留萌本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雪の小海線2017 俄雪 | ホーム | 増毛の残照 第5夜 最北の酒蔵>>

コメント

ゴーヨン

こあらまさま

この形式は、どうやら撮らずに終わっちゃいそうです。ステンボディは・・・ですが、武骨な切妻姿は往年の国鉄設計の流れを汲んでいそうですね。宵の駅に佇む姿は様になってます!
  1. 2017/01/25(水) 21:39:38 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

国鉄からの贈り物

狂電関人さん、

この車種は、経営難が必定のJR北海道とJR四国に送られた、国鉄からの餞別みたいなものです。
そんなことをするくらいなら、分割民営化なんかやめときゃよかったんですよ。悪いのは国鉄じゃなかった訳ですから。
何年か前に、稚内から宗谷線の始発のキハ54に乗ろうとしたんですが、エアサスの空気漏れで出発できずウヤになったことがあります。
前日に切符を買い、始発に乗ることを伝えてあったので、ご丁寧に振替タクシーで抜海港まで送ってもらいました。
しかしながら、抜海で撮影予定のスーパー宗谷は撮れませんでした。こちらも必ずリベンジしようと思ってます。
  1. 2017/01/25(水) 23:01:16 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/390-56b2b001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (3)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (1)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (3)
長崎本線 (2)
唐津線 (2)
松浦線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (7)
日南線 (1)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR