駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

北斗星の灯

津軽海峡を越え北海道に向かう夜行列車には、誰しも一度は乗ってみたいと思うはずだ。
遙かな北の都まで、どこまでも流れ行く風景は、飛行機では味わえない至福の一時だ。

70001574.jpg
2012年11月 函館本線 札幌

先日、北斗星の最終列車の切符が発売となったニュースが流れた。札幌駅ですら入手出来なかったらしい。例によって、恐ろしい程の争奪戦だ。直後には、とんでもない値段でオークションにでてくる。最終日などに執着する気のない小生には、何か遠くの世界の出来ごとだが、別れを惜しむ気持ちには変わりはない。

上野からの長旅を終えて、北斗星が札幌に到着した。この7号車の食堂車に、テーブルは10台しかない。ここで晩餐を楽しむためには、前々からの予約が必要だが、その予約すら難しかった。食堂車のスタンドは、大切な人との、大切な日の語らいを、ずっと照らし続けてきた。車窓を流れ去る風景は、旅人の心の中に、原風景のようにして刻まれたことだろう。

こういう列車が消えていくのは、とても残念だ。それも、新幹線絡みで淘汰されていくのは、何ともやるせない。上質の時間を提供し、「鉄道旅」を楽しむことを目的とした列車の存在は、今後鉄道が存続していく上で、重要なアイテムの一つだと思う。そのためにも、全国を繋ぐ狭軌の鉄道網を途切れさせてはいけない。

この後、このスタンドの灯は落とされ、編成は静かに手稲の札幌運転所に回送されて行った。こんな美しい光景と、北の大地を象徴するような「北斗星」という名が、またいつか蘇ることを祈るばかりだ。

スポンサーサイト
  1. 2015/02/19(木) 00:42:00|
  2. 函館本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雪遊び | ホーム | SLキューロク館>>

コメント

安堵感

こんばんは。

札幌駅、反対側のホームから撮られたお写真ですね。
終着駅へ着いた安堵感と、さみしさが交差する
メッセージ性のある素敵なお写真だと思います。

いよいよカウントダウンの始まった北の1列車。
私も悔いのないようにしないと・・・
  1. 2015/02/21(土) 22:04:03 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

感慨一入

いぬばしりさま、

私のかみさんは北海道出身でして、年1,2回は北海道に帰省しています。たぶん、渡道歴は通算百回を越えていると思います。近頃は安くて早い飛行機が多くなりましたが、よく夜行列車にも乗りました。ただし、自慢じゃありませんが新幹線はゼロです。新幹線に乗るくらいなら、奮発して北斗星やカシオペアを選びます。私が特別ならいいのですが、皆さんがそう思っていたら、北海道新幹線の将来は暗いです。特に、社用族はマイルのつく飛行機がお好みですからね。

そんな訳で、私にとって北斗星とカシオペアは、被写体であるとともに、時として帰省の楽しみの一つでもありました。消えてしまうのはとても残念で辛いです。感慨一入です。
  1. 2015/02/23(月) 01:54:34 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/39-dab25ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR