駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

夜明け前

東の空が薄らと白んできた
その踏切は間もなく一番列車を迎える

80007901.jpg
2016年11月 飯山線 「踏切のある風景」

今年も184本目の記事となり、無事に大晦日を迎えることができた。
思えば、今年の元旦の第1話は、飯山線の森宮野原の一番列車の待機シーンだった。
その時には、秋に飯山線に蒸気が走り、森宮野原の給水シーンを撮れるとは思わなかった。
今年の最後も、そんな飯山線の夜明け前のシーンで締めようと思う。

西洋には「The darkest hour is always just before the dawn.」という諺がある。
「夜明け前が一番暗い」と和訳されている。
辛いことを乗り越えた後には、必ずいいことがあるという格言だ。
もちちろん人生訓であるから、科学的な検証などと考えてはいけない。

数えきれない苦境を切り抜けてこられた諸先輩方には、こんな格言はもう不要かも知れない。
しかし、歳をとったらとったで、そこにもまた色々な苦境が待ち構えているものだ。
四十にして惑わず。五十にして天命を知る。とは孔子の人生観で、俗人には縁遠い迷走の日々だ。
ましてや、多感な若い方々は、ウェルテルの悩み多き毎日を過ごされていることだろう。

皆さんにとっても、小生にとっても、今年もやはり山あり谷ありの一年であったはずだ。
「朝が来ない夜は無い」。「明日があるさ」。「なるようになるさ」。
こっちの方が、しっくりくるかもしれない。居直ることだって大切な人生訓だ。
今日が皆様方の夜明け前となることを祈りつつ、2016年の「駅舎の灯」の終わりとしたい。

今年もありがとうございました。良い年をお迎えください。


70011764.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/31(土) 00:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<線路の向こうに 平館 | ホーム | Sohya NORTH LINE>>

コメント

人生の分岐点。

こあらまさま

まさに電関人も今年春、慣れ親しんだ業界に別れを告げ、新たな世界へと踏み出しました。
まだまだリタイヤできる歳まで10年ほどあってもう一山越えなければいけない人生の途上です。
元々楽観主義なとこが電関人の性格ですから元気に鉄と仕事に励んでいきます。
来年も色々と記事を楽しみにしております。
良い年をお迎えください!
  1. 2016/12/31(土) 09:29:36 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

線路際に立てば

今年はお会い出来て良かったです。
世俗の迷いは多々あれど、こうして昔の写真に新たな感慨を求める事が出来れば今の写真に新たな何かを託す事も出来ている訳で。
写真を趣味として持ち続けている事の幸せも実感するところです。
線路際に立てばかつての胸の高鳴りが蘇る、そんな心のしなやかさを忘れずにいたいと思います。

来年もまたよろしくお願いいたします。
  1. 2016/12/31(土) 10:34:41 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

チキのレール

狂電関人さん、

そうでしたか。じゃあ今年は大変な一年でしたね。それを感じさせない楽天ぶりってことですか。
電関人さんは、肉体も精神も強靭そうですから、心配ご無用って感じですが、ポキッと行かないでくださいね。
鉄の強さと、柳のしなやかさがいいんじゃないですか。いや、チキの上のレールのようにですかね。
また、お会いしてパワーを頂きたいところです。
良い年をお迎えください。
  1. 2016/12/31(土) 16:30:57 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

果てしない世界

風太郎さん、

いやいや。こちらこそ、風太郎さんの奥深さに触れることができ、大変良かったです。
これまで、被写体を変えつつ写真を撮り続けてきましたが、今また鉄道をやっていて、なかなかいい被写体だと思っています。
風景だったり、人の営みだったり、さらにその先の「思い」だったり。色々なものを鉄道という媒体を通して問うことが出来ます。
風太郎さんの今年の写真展を拝見して、その思いを強くし、確信を得た次第です。
多分、行きつく先も完成形もないでしょう。それだけ、果てしない写真世界ではないでしょうか。
来年もよろしくお願いします。
  1. 2016/12/31(土) 16:32:18 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

ありがとうございました

こんばんは。

一枚目、心に沁みますね・・・

こあらまさまは全国各地通われており、そのパワーには感服する次第で、
私もまだまだ頑張らなくてはと奮起させて頂いております。

それにしてもお会い出来て嬉しかったです。
若輩者の私にも快くお付き合い頂き、感謝の気持でいっぱいです。
来年は更に凄い企画がありそうなので、楽しみにしております。

それでは良いお年をお迎えください。
  1. 2016/12/31(土) 22:47:30 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

鐵道巡礼

いぬばしりさん、

あちこち行けばいいというものでのありませんが、今年はちょっと頑張ってみました。
これで、来春には九州に出向き、全国一通りの巡礼の旅が終わる予定です。
現役蒸気の頃には、とにかく撮ることだけでしたが、今は旅そのものも楽しませてもらっています。
まだまだ日本には素朴な風景や人の営みが残っています。厳しい冬の顔も見られます。
今年は、そんな愛すべき鉄道風景を撮られている方々との親交が持てたことは、大いに刺激になりました。
来年も、また楽しい交流が続けばと願っています。よろしくお願いします
  1. 2016/12/31(土) 23:55:50 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/377-452d3cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR