駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

山線の秋 ニセコ アンヌプリ

そろそろ紅葉も終わり、冬の気配が忍び寄ってきた
単行のキハが、静々とニセコ連山の裾野を巡って往く

80007616.jpg
2016年10月 函館本線 ニセコ

ニセコアンヌプリは、美しい響きの名を持つ標高1308mのニセコ連山の主峰だが、その名が登場するのは明治期のことのようだ。その語源にはいくつかの説があり、和製アイヌ語という説もある。近隣にはワイスホルンといった、アイヌ語とはまったく縁のない名の頂まであり、山々の語源については、謎多き山塊だ。標高がそれ程高くもなく、優美な独立峰もないため、連なる小峰の名前が正確に伝承されることはなかったのだろう。何はともあれ、ニセコアンヌプリは結果オーライの命名だろう。

一方、「ニセコ町」は、細川たかしの出身地である「真狩村」から独立した「狩太村」が改名したものだ。駅名も、北海道鉄道開通時には「真狩駅」であったものが、まず「狩太駅」に改正している。しかし、どうしても、もっと垢抜けた駅名が欲しい観光業者が中心となって、別のアイヌ語起源の地域名を用いた「ニセコ駅」への改称を国鉄に働きかけたが認められず、ついには改正の要件である町名改名にまで至ったという経緯がある。そんな訳で、観光地「ニセコ」の名は漢字表記されることもなく、世界的なスキーリゾート地として、海外にも広く知れ渡ることになった。地名に賭ける地元の執念の勝利だろう。



さて、いよいよ年も押し迫ってきたので、年を越してまで「山線の秋」ではないので、ここらでシリーズを端折ることにしたい。折角用意した写真なので、今回は準備していた二話分の写真のみを追加してみる。どんな記事を書こうとしていたかはご想像にお任せしたい。


[山線の秋 蘭越 跨線橋再び]


70011080.jpg


70011087.jpg



[山線の秋 ニセコひらふ リゾートの秋日]


80007601.jpg


80007606.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/23(金) 00:30:00|
  2. 函館本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Tokyo Night Sight 秋葉原界隈 | ホーム | 山線の秋 目名 峠路>>

コメント

ニセコアンヌプリ

こあらまさま

スキー好きの電関人としては憧れの地なのですが、未踏の地でもあるのです。
北の大地のスキー場は、サホロ、比羅夫そしてキロロと体験しているのですが、
なぜだかニセコに行けてません。。。
さて、山線の話に戻り14年9月に訪れた撮影ポイントもあって懐かしく拝見しました。
C623復活時は子育て休鉄時代で悔みようもありませんが、
もう一度ハドソンが華麗に舞う姿を妄想してしまいます。
  1. 2016/12/23(金) 11:10:43 |
  2. URL |
  3. 狂電関人 #vqoLnCUQ
  4. [ 編集 ]

SURF & SNOW

狂電関人さん、

北海道まで遠征されるとは、なかなかのスキー好きとお見受けします。雪質が違いますからね。
私は、年に1回斑尾に行くのが儀式でしたが、10年程前からご無沙汰です。スキーもボードもずっと物置です。
近くにスキー場があるので、たまにはと思うのですが、付き合ってくれる人もなく、いよいよ道具の処分を検討中です。
一度、撮影道具として山スキーを北海道に持ち込んだことがありましたが、邪魔物以外の何物でもありませんでした。
電関人さんの14年の北海道の旅を見返してみましたが、確かに同じ場所が数か所あります。
やはり山線はデカい罐のイメージです。いきなり小さくなってしまってはローカル線風情ですね。
  1. 2016/12/23(金) 22:15:17 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

栄枯盛衰

こんばんは。

先日は有難うございました。お会い出来て嬉しかったです。
私は山線と言えば、DD51牽引の「ニセコ」号だったりしますが、
当時はまだ特急列車も走っていて本線の威厳があったと思います。
そんな山線も廃線の噂があるそうで、当時からすれば信じられないです。

PS ○○丸の進捗状況は如何ですか(笑)
  1. 2016/12/24(土) 23:44:47 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

夢の跡

いぬばしりさん、

ミーティングもパワーアップして、とても楽しかったです。いぬばしりさんもお元気そうで何よりです。

「ニセコ」時代の山線のダイヤグラムを見ると、D51やC62の普通客レもあり、贅沢な時代があったものです。
特急の「北海」、急行の「らいでん」、「宗谷」なんかの名前もあります。荷物列車も1往復あります。
そうそう、夜行の旧客普通列車もあり、多くの周遊券放浪者が寝床代わりに利用してました。
それが、今は単行か2連のキハのローカル線です。長万部-蘭越間は、次回には廃線リストに登場しそうな雰囲気です。
旧型の車輌が消えるのはいいとしても、路線の廃止は拙いです。もう二度と列車が来ないということですからね。

○○丸は早くに地鎮祭くらいはやっておこうと思ってます。(笑)
いぬばしりさん主催の合宿の方が先になりそうですね。
  1. 2016/12/25(日) 01:08:50 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/373-d42204d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR