駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

秋の飯山祭り

豪雪地帯の飯山線に蒸気の煙が帰ってきた
白煙を棚引かせ、防雪トンネルとシェッドを抜けて往く

70011755.jpg
2016年11月 飯山線

家を出るまで散々悩んだが、折角の40何年か振りの飯山線の蒸気だと言い聞かせて出掛けてみた。混雑と駐禁だらけという話を聞いていたので、何時もの年代物のデリカをやめ、小回りの利く軽にした。手持ち一本でいこうと機材も減らした。いざ、現地に着いてみると、やはり凄い人出になっている。パトカーがあちこちで国道の路駐を排除していたが、不思議と刺々しい雰囲気はない。警察も学習したのか、DJポリスではないが、一般人にはソフトに優しく対応した方が、スムーズに事が運ぶことが分かったようだ。ご丁寧に町が撮影者用の駐車スペースまで確保したお立ち台まであった。撮る側も、もう馴れっこになったのか至って自制的だ。

このSL運行には、沿線自治体が万全を期して臨んでいる。資金集めから沿線警備までJRに約束している。沿線自治体としては、今回のSL運行を成功裏に終え、年中行事化し、沿線の活性化に繋げたいところだ。そのためか撮り鉄にも抑制的な対応はとっていない。一方、運行する側のJRも今後に野望を秘めているようだ。何れにしても試運転は大過なく終わったようだ。いよいよ今日、明日が本番となるが、事が起きないことを願いたい。健全な鉄道趣味が根付けば、もっと多くの蒸気が見られるようになるかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/19(土) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<平成の給水作業 | ホーム | 線路の向こうに 羽前松岡>>

コメント

こんにちは!

先日はお疲れ様でした。
昨日の飯山駅出発式を撮影した後、十日町市方面へ向かうものの、森宮野原駅を頭に大渋滞でした。
本運転はやはり、スゴい人出ですね(o_o)

そして今は、早々と戸狩野沢温泉駅発車を撮影しようと場所取りしています。

飯山線沿線、昨日からずっと雨降りです(笑)
  1. 2016/11/20(日) 12:28:16 |
  2. URL |
  3. わひこ #-
  4. [ 編集 ]

おつかれさまです!

わひこさん、

先日はお疲れ様でした。大変お世話になりました。
連日のロケハンご苦労様です。出発式は無事にやっつけられましたでしょうか。

本番はやはり身動きが取れないことになってしまいましたか。
二日目は何とか天気が回復するような感じでしたが、ついてないですね。
あの内ヶ巻の日に、上境のオメガカーブ俯瞰にも行きましたが、凄い嵐に合いましたよ。
国道からの俯瞰の人も、あまりの風雨に、半数以上の方が諦めて何処かへ行ってしまいました。
飯山線ですから、この季節はこんなもんだと思ってないと、愚痴ばかりになってしまいます。

長岡への夜の回送も撮られるのでしょうか。
何れにしても、今回はこれが最後ですから、気を付けてお帰りください。

また機会があればご一緒させてください。
  1. 2016/11/20(日) 18:21:11 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

疲れました。

飯山線の本運転、行って来ました。
なんせ、飯山駅では44年振りのSLですから、19日の駅周辺はあいにくの雨にも関わらずどこを向いても人人人‼︎

僕は出発式を撮影してスグに十日町市方面へ向かいましたが、今度は国道117号が大渋滞。
信濃白鳥から森宮野原駅前の信号まで、通過するのに何と1時間ですよ(o_o)
ですので、十日町駅までの間では撮影をせずに、仲間が場所取りをしてくれていた内ヶ巻手前のダブルSカーブまで直行でした。
煙はそれなりに出ましたので、満足して土曜日が終わりました。

20日の日曜日は、越後岩沢〜下条のトンネル飛び出しを狙いに前日、土曜日の18時から場所取りしてました(笑)
この日も雨降りが続き、SLが通過する時はもの凄い降り。
どれだけ飯山線沿線に「雨男・雨女」集まったんでしょうね!(◎_◎;)

こじんまりとした中で撮影し、国道117号の大渋滞を予想していたので、途中での撮影は全く考えなく戸狩野沢温泉駅発車を狙いにまたまた場所取りに向かいました。

SLが通過する10分前になると、どこから湧き出たかと思うほど地元の方々が押し掛けて、今回の撮影で初めて「罵声」を聞き、撮り鉄の行為に呆れてました。

僕はたまたま七五三帰りの家族がいたので、後ろ姿越しのSL撮影を楽しめて満足(笑)

本運転と合わせて4回撮影出来た事を幸せだと思い、また飯山線でSL撮影が出来る事を祈りながら、帰路につきました。

次回、お会いした時に僕の作品を評価してくださいね(^^)
  1. 2016/11/21(月) 20:11:36 |
  2. URL |
  3. わひこ #-
  4. [ 編集 ]

また来年

わひこさん、

普段は気にしていませんでしたが、117号の横倉―森宮野原辺りには、抜けられる旧道や脇道がないようですね。
それが原因の渋滞でしょうが、何時もなら渋滞するようなところではありませんから、とんでもない数が押し寄せたってことでしょう。
片道4、5回は楽勝で撮れていたのが、本番では2回とは随分と厳しいことになってしまいましたね。
それが引いては罵声に繋がったのでしょう。撮り鉄諸氏も渋滞でイラついていたはずです。
おまけに、二日続けての雨降りでは尚更です。しとしと降るのならまだしも、ザーッと来られたらめげますわ。
しかし、撮り鉄同士のいざこざならともかく、地元の見物人に罵声を浴びせるなどというのは、極めて悍ましい行為です。
こういうことが続くと、運行が終ってしまうか、撮り鉄側が排除される羽目になってしまいますので、くれぐれも自制してもらいたいものです。

それでも、何だかんだと長期間の試運転には楽しませてもらったことは確かです。
今回は盛況に終わったみたいですから、当面は、春は只見、秋は飯山ってことになりますかね。
次回からは試運転の回数は減るでしょうが、二日で一往復というのも、考えていた程には、悪いものではありませんでした。

そうですね。次回の時には、わひこさんの名作をじっくり鑑賞させてもらいたいです。こちらこそお願いします。
今回も何とか大過なく終り、シャンシャンということで。お疲れ様でした。
  1. 2016/11/22(火) 01:38:00 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/356-cbfc0d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (30)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR