駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

冬を待つ

田はきれいに刈られ雪の季節の到来を待つだけとなった
厳しい豪雪地帯の冬が来る前の一時の晩秋の穏やかな眺めだ

80002613.jpg
2015年10月 飯山線

飯山線のC11運行まで一カ月となったが、関東からも関西からも地の利があるので、多くの撮り鉄諸氏が押し寄せる盛況なイベントになりそうだ。小海線と飯山線はJR東日本長野支社の双子のローカル線であり、飯山線の方にも偶に出向いているので、どういうポイントがあるかは知っているが、勾配がどのようになっているかがとんと分からない。蒸気の場合、勾配が撮影地選びの大きな要素になるが、キハ撮りを続けていると、勾配には無頓着になってしまう。この場所にしても、どうやら向かってくる列車には上り勾配のようだが、何‰あるのかは勾配票でも写っていなければ知る由もない。季節的には、こんな眺めだろうが、さて如何したものだろうか。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/16(日) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<レタスの村 | ホーム | よこはま・たそがれ>>

コメント

飯山線

これは横倉辺りでしょうか。
朝の列車でしょうか、空気感が良いですね。
飯山線、とんでもない狂騒になりそうでもとより行くつもりはありませんが、
馬鹿なトラブルが起きない事を祈るばかりです。
飯山線は私も大好きですが、普段着のままを気持ち良く撮りたいですね。
  1. 2016/10/16(日) 14:04:51 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

静かな朝

風太郎さん、

ということは、ここに立たれたということですね。
朝日の光線状態が、とてもいい場所です。
飯山線の魅力は、沿線の小集落を巡ることだと思います。
そこに雪国の生活の知恵を見つけることは、楽しいことです。
日常の飯山線であってのことでしょう。
汽車はいいのですが、やはり混雑は苦手です。
順調に北上中です。
  1. 2016/10/16(日) 22:28:53 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

やはり

最初の一瞬、横倉かな、という気がしましたが、やはりそうでしたか。
といっても、私が訪問したのは、44年前でしたので、確信が持てませんでした。似たような景色もあるでしょうし、特徴的な短いガーターと千曲川と線路の隔たりがよくわからなかったもので。
飯山線SL運行には行きたいですが、混乱には巻き込まれたくないものです。
  1. 2016/10/17(月) 08:27:37 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

古きよき飯山線

マイオさん、

飯山線も現役の頃とは隔世の感ですよ。
集落はカラフルになりましたし、
国道も立派な新道が貫いています。
ただ、旧道を丹念に探ると、懐かしい情景に出会えたりします。
C56なら文句なしに行くでしょうが、
飯山線のC11って、何か変じゃないですか。
線路も立派になったってことでしょうか。

  1. 2016/10/17(月) 23:12:43 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/339-bba14c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (5)
後藤寺線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (12)
日南線 (2)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
指宿枕崎線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR