駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

給水塔のある風景

道東の森林原野を往く盲腸線にも隔日で貨物列車が通っていた
そこには蒸気運行を支える素朴な給水給炭設備があった

07513F16.jpg
1974年8月 相生線 北見相生

前回の北見相生の記事では人力転車台をお送りしたが、今回は給炭台・給水塔をご紹介する。この時は石炭は見当たらなかったが、小型の給炭台として造られたものだろう。北海道のような積雪地帯では給炭台には屋根が付く。同じような造りの木造給炭台を道内で結構目にしたが、給水塔とこれだけ上手く組み合わされたものは、北見相生以外には見当たらない。画の右端に給炭台の後ろの建屋が少し見えるが、これが職員の詰所となる。こちらも風情があり、給炭台・給水塔・詰所の融合が絶妙なとびっきりの逸品だ。

これだけの眺めを鉄道模型趣味人が見逃すはずはなく、実物は見ていないが、日本鉄道模型ショー2013でそのジオラマが展示されたということだ。この建屋を幾つかのアングルから撮っているので、不完全ながら図面も引けるだろう。どこまで作り込めるかは分らないが、このシーンだけでも、北見のキューロクともども、何時かHOか16番辺りで模型化してみたいものだ。寄る年波には勝てず、老眼鏡だの拡大鏡だのが離せなくなったが、このゲージなら何とかなるかもしれないと考えるのはあまりにも安易だろうか。

相生線は第1次特定地方交通線に指定され、60年余りの営業を終え1985年4月1日に廃線になったが、旧駅構内は相生交通公園として整備され、駅舎とホームがキハ22やスハフ42などの車輌とともに保存されている。相生は人口減少の著しい津別町の片隅の集落で、偶々ここで工事が凍結されたための終着駅だった。現在は国道240号線の道の駅が鉄道公園に併設されているが、代替バスも疾うに通わなくなり、公共交通の届かない場所に戻っている。画の左端に小さく見えるのが保存されている駅舎とホームだが、残念ながら転車台や給水塔などは廃線前に取り壊されている。

会津線の会津田島での給水塔風景はこちらからご覧頂けます。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/06(木) 00:30:00|
  2. 相生線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<稲穂が香る小海線Ⅴ | ホーム | 稲穂が香る小海線Ⅳ>>

コメント

ちょうど給水中ですね、長年風雪に耐えてきた味のある木造の風合いです。
会津地方の給炭台も豪雪地帯のためか屋根がついていました。

  1. 2016/10/06(木) 21:56:56 |
  2. URL |
  3. 高辻烏丸 #-
  4. [ 編集 ]

ローカルな終着駅

高辻烏丸さん、

蒸気機関車の面白さは、転車台、給水塔、給炭台などの関連ストラクチャーとその作業風景にもありますよね。
蒸気が入線するローカル盲腸線の終着駅には、素朴な設備があることが多く、結構足を運びました。
そのひとつが北見相生です。36.8kmの路線ですから給水は要るが、給炭は不要といったところでしょうか。
これがキハだけになると、寂しいことに車止めひとつで終わりというところが数多くありました。
機関車と設備が丸ごと残された保存鉄道があると楽しいでしょうね。もちろん腕木式信号機とタブレットで。
  1. 2016/10/07(金) 00:49:31 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

汽車の世界

この建物、何処かで見たようなと思いましたら、確か「鉄道模型趣味」に詳細な図面、製作記事入りで載っていたような。
本来はセパレートされているはずの給水塔、給炭台がワンセットという省スペースぶりが小さなレイアウトに嵌まり過ぎるという事でしょうか。
素朴ながら頑丈そうな造りは、いかにも開拓地というようなワイルドな魅力があります。
結局汽車の魅力というのは車両のみならず、それと調和したストラクチャーや、勤勉に働く人々を内包した世界観から生まれたものかと思うのです。
  1. 2016/10/08(土) 20:57:35 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

開拓の匂い

風太郎さん、

どうもそのようで、これだけの容姿ですから、鉄道模型界でもちょっとは知られたストラクチャーになっているようです。
ウェブサイトで作製記は見つけましたが、雑誌には詳細な図面まで掲載されていたんですか。
北海道には蒸気用の立派な木製ストラクチャーが多々ありました。石炭や水を貯めるのですからどうしても頑丈になります。
この辺りも林業が盛んだったところで、津別からは森林鉄道も伸びていたようで、地場産の木材がふんだんにあったのでしょう。
まさに、周囲の北海道的なスケール感と相まって、開拓の匂いのする木造建造物だと思います。
汽車に限らず、それを支える人々や設備を見ずして語れませんが、より面倒の掛かる前時代的な蒸気は尚更なのでしょう。
やっと古い物の価値が見直される世の中になってきましたので、せめて現存するものは大切にしてほしいものです。
給水作業中の方も含めて、この画のままの模型が出来れば嬉しいのですが、なかなか実現は難しそうです。
風太郎さんも如何ですか。まずは、その図面を探してみることにします。
  1. 2016/10/08(土) 23:03:57 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

見つかりました

以前模型に凝っていた時、参考資料の切り抜きをデータベース化していたのを思い出して検索した結果、
制作記事は「鉄道模型趣味754号 2006.7」ですね。製作者は藤田さんという人です。
制作図面というのはウソで、制作者も9600の大きさと比較しながら割り出したようです。
1/87で制作していますが、給炭台屋根の長さ160mm、給水タンクの直径45mmとの事です。
実物の雰囲気をよく出していると思いますよ。切り抜きはあるのでご所望であればデータで送りますが。
  1. 2016/10/09(日) 20:11:53 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

有難うございます

風太郎さん、

わざわざ探し当てて頂けたんですね。さすがは風太郎さん、データベースまでお持ちとは。
見た目最重視の手作りですから、やはり縮尺1/87の正統HOということになりますか。
ただ、問題は機関車の方です。1/80、13mmか、1/87、12mmか。全てを手作りとはいきませんから。
本当にこの問題には悩まされます。がに股のキューロクでは様になりませんからね。
何時手を付けられるかは分かりませんが、資料は多いに越したことはありません。
お手隙の際で構いませんので、データを送信してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。
  1. 2016/10/09(日) 23:02:10 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/334-c8a7b994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (4)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR