駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

稲穂が香る小海線Ⅲ

この小海線からポニーが消えて何年経っただろうか
ひょっとすると、塚本氏がもう一度復活させてくれるかもしれない

80006540.jpg
2016年9月 小海線

昨年は小海線全線開通80周年の年だった。記念事業の一環として、小海線とC56のエキスパートである塚本和也氏の写真展が、長野県南牧村の主催で「美しき郷土小海線よ永遠に」と題して開かれ、好評を博したことは記憶に新しい。その塚本氏が今度は、「南佐久小海線まつり」に合わせて、東京西荻窪の自宅の庭先で保存していた泰緬鉄道へ出征したC5626の動輪と関連機器を南牧村に寄贈し、その贈呈式があのDD16の旧型客車が運行された7月30日に野辺山駅前で行われた。また、それに合わせて氏の写真を用いた記念切手シートも発行されている。長野県南牧村にあるのは野辺山の1駅だが、小海線への入れ込みは、沿線随一かもしれない。

塚本氏は小海線のC56の写真家として余りにも有名な方だが、C56の研究家としても数々の業績を残されている。C56は1-90号機の90両が、タイ・ビルマ・マレーシアの南方戦線に送り込まれ、日本軍に従軍した。タイへ渡った罐は泰緬鉄道で運用されたが、その多くが戦争の犠牲になっている。その出征機関車の調査と帰還事業に尽力しているのが塚本氏だ。氏は昭和40年代に自ら現地調査を行い、多くのC56を発見している。靖国神社で静態保存されている31号機。大井川で動態保存されている44号機。部品だけでの帰還となった26号機。氏が見つけ出し帰還させたC56たちだ。その研究成果は「遥かなりC56」に編纂されている。

塚本氏の本業は、写真家でもC56研究家でも文筆業でもなかった。慶応義塾を卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の大学院を修了され、日本の高度成長期を支えた鉄鋼建材メーカーの日本ビティ取締役、住友鋼材工業参与を歴任されたバリバリの鉄鋼屋だそうだ。鉄と鉄、何とも意味深い仲のようだ。この辺りに氏の出征機関車C56への強い思い入れの根源が隠されているのかもしれない。それにしても、写真集を出版し、数々の写真展を各地で開催し、小海線の無煙化後に時の国鉄総裁を動かし一時期とはいえ「高原のポニー号」を復活させ、タイからはC56を帰還させ、氏のC56への思いは並々ならぬものがある。大井川鉄道に続き、今度は本命の小海線でのポニーの完全復活を画策しているのかもしれない。何時までも、お元気で活躍され続けてほしいものだ。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/30(金) 00:30:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「行くぜ、東北。」キャンペーン | ホーム | 八高線から蒸気が消えた日 「46年前の“今日”へ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/331-c6972d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (30)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR