駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

或る機関助士の記憶 大畑

矢岳越えに挑む機関助士が峠のオアシスで汗を拭っている
この後サミットの県境に向け、さらなる激闘が続く

017_14RF_16.jpg
1971年7月 肥薩線 大畑

その後の進捗状況は知らないが、2009年に熊本県人吉市と旧吉松町のある鹿児島県湧水町が、肥薩線山線に矢岳のD51170を復活させる計画を発表した時、今の時代に矢岳越えが出来る機関士/機関助士がいるのだろうかと思った。肥薩線山線の厳しさは、現在復活蒸気が走っている線区とは比べものにならない。鍛え抜かれたスペシャリストだけに挑むことが許された峻険な峠だ。本務機と後補機の4人の男たちの連携で、二つのスイッチバックとループ線を越え、幾つものトンネルを抜けていかなくてはならない。終戦直後に起きた悲惨な事故については以前ご紹介した通りだ。そんな路線での運行はやはり難しいのか、復活計画が進んでいるという情報は目にしていない。

小生を含めた多くのファンを乗せて、人吉からの朝一番の混合列車が、朝霧に包まれた大畑に到着した。出区からたった一駅だが、本務機の機関士と機関助士は、すぐさまキャブから降りて汗を拭いだした。多分、後補機の二人組みも同じ状況だろう。機関助士氏のナッパ服は既に汗でびっしょりで、肌にへばりついている。こんな格好だが、二人の帽子の国鉄の章は誇らしげだ。先の事故の教訓として取り付けられた重油併燃装置を使った時の、ボイラーからキャブ内に発せられる熱は凄まじいという。大畑はスイッチバックの中にあるので通過することはできないが、別の意味でも停車が必要だった。乗務員は身を休め、乗客は煤けた顔を洗い、罐は給水してもらうなど、峠越えのオアシスが大畑だった。

停車時間が終わり、体を休めていた二人は再び戦時型D51のキャブに戻った。発車を知らせる汽笛がやり取りされ、ゆっくりとバック運転でスイッチバックの折り返し地点に向かう。再び発車の汽笛が響くと、今度は猛烈なダッシュが始まる。山にブラスト音が木霊し続け、遠ざかり、また近づいてくる。見上げるとループ線で高度を稼ぎ矢岳に向かう列車の気配を感じることが出来る。何時しかブラストが聞こえなくなり駅に静けさが戻りドラマが終わる。小生はループ線の撮影ポイントに向かうことになるが、霧が晴れると灼熱地獄に見舞われる。ループ線一帯には木立がなく、日向でじっと我慢することになる。夏の乗務員は重油併燃装置地獄、撮り鉄は日照りの灼熱地獄。どちらも決して楽ではなかったが、何度でも行きたい場所だった。


017_16RF_16.jpg


017_17RF_16.jpg



お知らせ

ブログ「風太郎のPな日々」でお馴染の風太郎さんの写真展が開かれています。いよいよ閉幕が近づき、来週29日月曜が最終日です。
ご興味のお在りの方はお急ぎください。また、週末には新宿のカメラ屋なんてお考えの方は、覗いてみるといいかもしれません。

ウェブ全盛の時代ですが、絵画にせよ、写真にせよ、本物だけがもつ真実は、何物にも代え難いものがあります。この写真展の作品は全てがモノクロです。色彩のない写真からは、見る人の中に何時しか忘れかけていた時代が蘇ります。そこに、失ってしまった大切なものや、過ぎ去った日の憧憬を見ているのかもしれません。そんな心の旅への誘いです。昭和末期の素朴な鉄道風景が、卓越したモノクロ表現で綴られた写真展です。


写真展 「 旅のたまゆら1981-1988 」 モノクロ 77点
 
◯ 開催期間  2016年8月16日(火)~8月29日(月)  (21・22日は休館日)
◯ 開場時間  10時30分~18時30分  (最終日 15時まで)
◯ 場所     新宿ニコンサロン 新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階 (新宿駅西口より徒歩5分) 

20005586.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/27(土) 00:30:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<秋の気配 | ホーム | ペットボトル風車>>

コメント

追憶の大畑

九州随一の峠越えといえば、ここ大畑でした。
雄大な風景、補機をしたがえてのD51の力闘、トンネルにはいるたびに車内にたちこめる煙。
いまも忘れられません。
駅舎のベンチは、寝床にも使わせてもらいました。

言われてみれば撮影ポイントに日陰などなく、夏の太陽にじりじり焼かれながら汽車を待ちましたね。
それでもまた行きたくなる場所でした。
そんななかでも、さすがにこあらまさん、機関助手や駅職員にもレンズを向けて、貴重なショットを撮られている。
風太郎さんの写真展でも思いましたが、もっとたくさんの鉄道に関わった人々を撮っておけば良かったと悔やまれます。
ただ、何十年もたってから、同じ世界に身を置いたものたちの写真をたくさん見られるとは、あのころは想像もできませんでした。
おかげで、みなさんの視点や表現の違いを楽しませてもらっています。
それでも大きく引き伸ばした生の写真がもつ迫力は、違いますね。
できることなら、こあらまさんと会場でお会いして、鉄道談義で盛り上がりたかったなあ。
ちなみに風太郎さん、私の大学の後輩なんです。世の中、狭いですね。
  1. 2016/08/27(土) 13:02:56 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

撮りたいものと撮るべきもの

まこべえさん、

この山線はもっと撮っておきたかった場所の一つです。厳しい峠は無煙化が早かったですから、仕方ありませんね。
スイッチバック、古い駅舎、混合列車、ダブルルーフ客車などもあり、題材には事欠かない場所でした。
それに、あの頃はまだ真幸の集落もあり、乗客もそれなりにいましたから、素朴な人の姿も撮れたはずです。

風太郎さんの「たまゆら」は、お気に入りのシリーズですから、写真展を楽しみにしていました。
あの時代に車両ではなく人物を狙っていた人などいませんでしたから、そこが秀逸なところです。
何が好みかは人の勝手ですが、山程ある車両画より、写真作品としての価値が高いとは言えます。
かなりの人が、撮るものが違っていたと気付いたことでしょうが、もう手遅れです。
私もその一人ですが、今みたいなデジタルだったら、もっと撮っておけたなどと思っても、後の祭りです。
今何を撮るかは悩ましいところですが、好きでないものを撮ることはできませんから、最後には感性の問題になるのでしょう。

ほんとうですね。鉄道談義で盛り上がりたかったですね。
これから先、いくらでも機会はあると思いますので、その日までとっておきましょう。
  1. 2016/08/28(日) 15:33:38 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

夏の山線

昨日はお疲れ様でした。

矢岳越えの時代など露知らず、全ては想像でしかないのですが、
汗を拭く機関士の写真を拝見していたら、「夏の山線」という人吉機関区の機関士が書いた詩を思い出しました。(ご存知ですか?)

(一部のみ抜粋)

運転室に煮湯が渦巻き
目ん玉から汗が湧く

南無三ー
俺は防毒マスクを被ったまんま
全ての価値あるもの 思想も猜疑も友情さえも
一緒たくれ 1500度の火室へ打ち込むのだ


異様な迫力を持ったこの詩が語る労働環境を知ればこそ、休息にも味を感じます。いい写真ですね。
  1. 2016/08/28(日) 22:25:43 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

暑さ寒さも程度もの

風太郎さん、

先日は大変お世話になりました。

こんな詩があったんですか。知りませんでした。なかなか凄い詩です。
やはり、目玉から汗が湧くほど、火室からの熱は激しいものだったのでしょう。
詩が作られるくらいですから、苦労たるや、かなりのものだったのでしょう。
煙と熱で失神してしまうというのは、なかなか想像できませんが、尋常な職場ではなかったということです。

今や冷房の効いた運転席でマスコンを操作するだけですから、さぞかし楽だろう思うのですが、
知り合いのJRの機関士/電車運転士氏は、ただ同じ場所を行ったり来たりするだけで、つまらないと言っています。
機関車はまだ技能が要るので面白味があるのだそうですが、電車は全然だそうです。

あまりに劣悪な労働環境では困りものですが、なんの苦労もないのも遣り甲斐が無くなってしまうようです。
世の中、なかなか上手く行かないものです。
それに、この画のような恰好をしていたら、今ならクレームがつきそうです。それも何とも寂しい時代です。

とうとう最終日なってしまいましたね。あと一日存分にお楽しみください。お疲れ様でした。
  1. 2016/08/29(月) 00:51:36 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/313-59a7e4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (35)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (3)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (1)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (13)
筑豊本線 (3)
長崎本線 (2)
唐津線 (2)
松浦線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (7)
日南線 (1)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR