駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

遅れを取り戻せ

定刻遅れで通過の「富士」のタブレットが交換された
少しでも遅れを取り戻そうと、駅員が懸命に走る

05924RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

九州熊本・大分の震災から二週間が経った。余震が続き、眠れぬ夜が続いている。ゴールデンウィークに入り、多くのボランティアが被災地に向かっているという。高度に分業化、IT化された社会は、人との関わりは希薄だ。その隙間を埋めるためなのか、被災者相手のボランティア活動が盛んだ。ただ、豊かさと便利さの上に築かれた被災社会を復興させるのは、やはり資金と物量だ。篤志家ボランティアの労務提供だけでは到底成し得ない。そこにまた新たな軋轢が生じる。豊かさというのは何処までも酷なもので、人の心を冷たくさせるものなのかもしれない。

すでに日が傾きだした日豊本線日向沓掛駅を、DF50牽引の下りの特急富士が都城方面に通過した。EF65に牽かれて東京を出発したのは前日の夕刻だ。日本最長運転の定期旅客列車は、何百という駅をやり過ごし、やっとここまでたどり着いた。20系客車の編成の一部は切り離され、こんな後ろ姿になっている。「FUJI」というアルファベットは、この地の純日本風の風景には到底似合わない。この先、西鹿児島で、1574.2kmの長旅が終るまで、もう少し南国九州の旅が続く。

この日の富士は生憎遅れを生じていた。交換のキハ10系の上り普通列車は少々待ちくたびれた感だ。富士から受け取ったタブレットを、左肩にしっかりと抱えた駅員が、閉塞解除のため駅舎へと急ぐ。遅れを1秒でも取り戻そうと、思いっきり本気走りだ。この時代、働く人の多くは、社会貢献なんて気の利いたことは考えていなかった。細やかな生活を維持するために、誰もが懸命だった。与えられた任務を愚直なまでに遂行することだけを考えていた。決して豊かとは言えないが、逆に人の支え合いが実感できる温かみのある世の中だった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/30(土) 03:08:24|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<青葉の山陰線を往く その1 旅の始まり | ホーム | 北の駅の春>>

コメント

モータードライブなんか、まだなかった時代。
決定的瞬間を切り取るには、高度な技術が必要だった。
おそらくこの一枚も、富士との交換を狙ったもので、駅員さんの走りではなかっただろう。
それにもかかわらず、鉄道員の仕事をきっちりとらえたあたり、こあらまさんのするどい観察眼があればこそ。
重厚な文章がそこに重なって、遠い夏の日の想い出がよみがえる、すばらしき一枚!
  1. 2016/05/01(日) 02:24:27 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

あの夏の思い出

まこべえさん、コメントありがとうございます。

お察しの通り、狙っていたのは「富士」の沓掛進入とキハ10系との交換風景でした。
光線状態からご想像していただけるような、進入はまさにピカピカの眺めでした。
振り返れば、駅員氏のお姿が。この駅員さんは、カッコよくて話の分かる、とても頼もしい方でした。
富士の後ろ姿の輪郭が、電柱と重なってしまいましたが、「富士」の名が削れなかったので、良しとしないといけませんね。

この画のような描写って、デジカメで出来るんでしょうかね。トライしてみないといけないですね。
傷とゴミの除去しかしていませんが、恐るべきコントラストと沈み込むような黒の深さ。フィルム恐るべしです。
そんな印象的な午後だったことは確かなのですが・・・。

こういう眺めを見ていると、思わず、もう一度ここに立ちたくなってきます。
ただ、この地は電化されてしまったので、多分このホームに再び降り立つことはないと思います。
二度と撮り直せない、遠い夏の終わりの思い出です。
  1. 2016/05/01(日) 18:38:56 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

素朴な誇り

草の匂いがしてきそうなローカル駅と「走るホテル」の組み合わせもなかなかシュールですが、
末端区間におけるブルートレインのもうひとつの顔でしたね。
長閑な駅の佇まいと、必死に走る駅員氏のコントラストがこの写真の白眉でありましょう。
中央から遠い日本の片隅であっても、1分の時間を節約せんとする真摯さが、
世界一正確な鉄道を支えていたと実感しますし、
仕事への素朴な誇りを感じさせる風景は忘れ難い印象を残しますね。
  1. 2016/05/02(月) 21:56:14 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

ぽっぽや

風太郎さん、

田舎をちぎれ編成でいくブルートレインも面白いですが、
おっしゃるように、目を引くのは、ローカル駅のこの駅員氏のいでたちと体勢だと思います。
こんな長閑な駅であっても、きちんとネクタイを締め、制帽を被り、皮靴です。服装に乱れはありません。
そして、大事そうにしっかりと抱えたタブレット。何処から見てもバリバリの国鉄マンです。
こういう方が、懸命にダイヤを守ろうとするのを目の当たりにするのは、気持ちのいいものです。
国鉄がまだ華やかだった時代、鉄道マンは憧れの職業でしたから、誇りもありました。
あの高倉健の「ぽっぽや」みたいな人がたくさんおられました。今はどうなんでしょうね。

山梨の家の近所に、「駅長さん」と呼ばれる清里や小淵沢の駅長を歴任された国鉄OBの方が居られます。
色々とお話を伺って、その辺の実話をお伝えしたいなと思っていますが、駅長さんはかなり耳が遠くなられたので・・・。
  1. 2016/05/03(火) 01:56:26 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/254-22d21eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (35)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (3)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (1)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (13)
筑豊本線 (3)
長崎本線 (2)
唐津線 (2)
松浦線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (7)
日南線 (1)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR