駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

D60客レ驀進

筑豊炭田の繁栄を象徴するかのような非電化の複々線
古武士の形相のD60が力強く日本を支えていた時代だ

01202RF216.jpg
1971年7月 筑豊本線 折尾-中間

筑豊本線は、言わずと知れた筑豊炭田の石炭を、積出港の若松や北九州の工業地域へ輸送するための路線だった。筑豊地方の飯塚市、直方市、田川市を筑豊三都と呼ぶが、明治期に炭鉱が開かれるまでは、閑散とした農村が続くだけの地域だったそうだ。「筑豊」という名も、「筑前」と「豊前」から来ているというから、近世の新興地域ということが分る。ちなみに、石炭で財を成した筑豊御三家なるものもあるが、麻生、貝島、安川と聞けば頷けるところだ。筑豊のその後は、飯塚、直方は北九州のベットタウン化したらしいが、地の利の悪い田川は、過疎地域に指定されてしまったようだ。

当時の折尾-中間間は、複線の本線に、鹿児島本線への複線の短絡線が並ぶ非電化の複々線を、蒸気列車が頻繁に走り抜ける蒸気天国だった。数時間もいれば、贅沢にも腹が膨れ、貴重なフィルムが勿体ないとシャッターを切るのも控えたものだ。沿線には大小の炭鉱があり、貨物線が毛細血管のように張り巡らされ、動脈である筑豊本線に石炭が掻き集められた。中間にも炭鉱があり、駅からは香月線とは別に貨物線が2線伸びていた。これらの貨物線はヤマの閉鎖とともに全て廃線になった。いつか、この地が繁栄した証のボタ山と廃線跡を巡る旅をしたいと思っている。

やって来たのはD60牽引の客レだが、平坦線にしては随分とハッスルしている。この頃のこの区間では、直前に最後のD50が休車にはなっていたが、それでも8620、9600、C55、C57、D60、D51と多彩な顔ぶれが楽しめた。冷水峠を除けば平坦線のためか、その運用は大雑把だったようで、C55の石炭列車が来たかと思えば、D60の旅客列車が現れるといった具合だった。それにしても、この画の立ち位置は、今では絶対御法度の禁断のアングルだ。おまけに機関士氏のドレインサービスまで付いている。今のような豊かさは無かったが、近くに国鉄関係者がいたとはいえ、こんなことが許された、人が本音で生きやすい世の中だった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/08(金) 00:55:55|
  2. 筑豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<駅舎の灯 中込 17時58分 | ホーム | 高社山の里>>

コメント

許容

何度見ても物凄い立ち位置ですね。
左側の線路の通過列車は無かったのでしょうか。
国鉄という組織そのものは杓子定規の塊だったはずですが、
現場の大らかな許容は何処から来ていたのか、不思議としか言いようがありません。
職場に対する誇りと、それを讃える人との目に見えぬ絆でしょうか。
  1. 2016/04/10(日) 17:51:28 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

国鉄時代

風太郎さん、

当時、国鉄職員と鉄道ファンの間には、妙な一体感がありました。
国鉄マンは、鉄道が好きな方々ばかりでしたから、同好の士だったんでしょう。
それに、乗り鉄はもとより、撮り鉄も国鉄利用が大半でしたから、皆大事なお客さんでもありました。
「〇添」なんて言うのも日常的で、最果鈍行の音威子府から稚内までというのもあります。
世の中も温和で、少々のことなら和気藹々にやっていられた、おおらかな時代でした。

情報化が進んだ昨今は、小さなことでも直ぐに、社会的な攻撃のネタになってしまうので、
規則を守ること、守らせることが、護身の嗜みのような時代になってしまいました。
昔も、許されていたわけではなく、咎める人がいなかったというのが正確なところです。
規則を破ることを礼賛するわけじゃありませんが、情状酌量の余地がない社会も考えものです。
ただ、少しばかり広がった場所とはいえ、複々線の中央で撮るのは、やはり安全とは言えませんね。
筑豊線の本線は普通客レと石炭ですが、短絡線には特急も通過します。
  1. 2016/04/11(月) 01:12:35 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/245-273eb095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (106)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (9)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (24)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (1)
島原鉄道 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR