駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

高社山の里

秋も終わりが近づき、冬の季節風が雲を運んできた
街が変貌を続ける中、変わらずに迎えてくれるのは故郷の山、高社山だ

800E02696.jpg
2015年10月 飯山線

今回の「故郷の山」は、長野県の中野市、山ノ内町、木島平村の境界にある標高1351.5mの高社山だ。成層火山であるため、コニーデ型の美しい山容を有しており、別名高井富士とも呼ばれている。飯山線の飯山から戸狩野沢温泉にかけてと、反対側の長野電鉄の湯田中辺りの故郷の山だ。正式名称は「こうしゃさん」だが、地元では「たかやしろ」として親しまれ、その名は地域の校歌や会社名、物産名などにしばしば登場する。地元の格好の登山対象ともなっており、まさに地域密着型の山の典型だ。
飯山の街も、その中心部を巨大な新幹線のコンクリート高架橋が東西に横切り、何とも醜い姿へと変貌した。時が流れ、時代が変わっても、変わることなく迎えてくれるのは、故郷の山の姿だけかもしれない。

気象に興味をお持ちの方なら、この画の空模様が、秋の冬型であることは直ぐにお解りになるだろう。日本海の水蒸気が北からの季節風に運ばれて、次々と雲が発生する。黒雲も出てきたが、冬ならこれが雪雲となり雷を伴った降雪となる。山岳写真をやっていた頃からの習性で、気象にはとても敏感だ。昔は、ラジオの気象通報を聞いて天気図を作り、常に観天望気も欠かさず、身を守るための予報は自ら行っていたが、今では、気象庁のHPから細かい情報がリアルタイムに入手できるようになり、隔世の感がある。予報も人任せが多くなった。しかし、情報を得やすくなったからといって、天候が味方してくれる筈はないので、いつの世も油断は禁物だ。

足早に通り過ぎる雲で、引っ切り無しに、日が出たり翳ったりが繰り返され、日がスポットライトのように地面を駆け回る。こういう時の撮影は気が気ではない。どんな画になるかは運の部分も大きい。一枚目は翳った。二枚目は日が差した。三枚目は列車なしで晴れ間を狙った。目まぐるしく変わる光線状態の中では、手持ちでアングルを探ることになるが、何所を切り取るかが明暗を分ける。その時の気まぐれな天気を生かせたかは、何時もながら自信はないのだが・・・。


800E02706.jpg


70006187.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/06(水) 01:21:11|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<D60客レ驀進 | ホーム | 阿蘇外輪を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/243-f533155f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (5)
後藤寺線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (12)
日南線 (2)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
指宿枕崎線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR