駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

蒸気機関車を運行するということ

機関区に戻った罐は、かま替え、給水、給炭と、次の仕業に備える
表舞台の乗務員の陰で、裏方の地道な作業が黙々と続けられる

03715FR16.jpg
1973年3月 日高本線 静内

二つ目の罐といえば、北海道は岩内・胆振線の倶知安のキューロクの露出度が高いが、日高本線のC11なんていうのもあった。そのC11の塒はここ静内にあった。単独の機関区だった時代もあったようだが、この画の時は、正確には苫小牧機関区静内支区で、罐の所属名板も「苫」だった。ただ、趣は完全に機関区で、蒸気運行に必要な設備の一式を有していた。区の入り口には静内機関区と書かれた表札が掛かっていた。不見識にも、このC11は後方も二つ目であったことを、この画をアップするまで気付いていなかった。

この画の中には、かま替えで落とされたアッシュピットの炭殻を排出する人と、機関車上で給水をする人が見て取れる。小生は、こういった裏方で働く人の作業を眺めているのが好きだ。保線なんかも見ていて飽きない。列車が走るというのは、裏方の車両や施設の整備の結果であって、その影の作業にこそ、鉄道という事業の真髄が見えてくるというものだ。

近頃は、遊園地などより、工場見学のような社会見学の方が人気のようだ。昨年暮れに「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」に行ってきたが、事前に予約を取るのがなかなか難しかった。鉄道の車両基地の一般公開も狭き門だし、食品製造業の工場見学も大人気だ。皆さん思っていることは一緒のようだ。レジャーも本物志向になってきたということだろう。その昔、ほぼ自由に機関区内を徘徊できたのは、今のような時代になってみれば、とても幸せなことだった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/28(日) 01:00:07|
  2. 日高本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山北二題 第一話 鉄道の町 | ホーム | 家族で汽車見物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/224-a29fa1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (5)
後藤寺線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (11)
日南線 (2)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR