駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

冬の日の残照

雪の山間の集落も一日の終わりの残照の時を迎えた
集落を貫く一条の鉄路に旅情を乗せた列車が過ぎていく

80003371.jpg
2016年1月 小海線

現役蒸気の終焉の後、一旦は鉄道写真からは遠ざかり、風景写真などを撮り続けてきた。そして、再び鉄道写真を始めた理由は、次の三つにあるように思う。第一に、相変わらず鉄道という輸送手段が好きなこと。第二に、鉄道から連想する旅が好きなこと。第三に、鉄道には人の温もりがあることだ。

そんな理由から再開したものだから、好き嫌いは否定しないが、あまり車両には拘りはない。車両が写っている必要性すら何所にもない。或る時はホーム、或る時はレールだけだったりする。要は、鉄道車両好きが鉄道を撮っているのか、写真好きが鉄道を撮っているかの違いだろう。小生もこの違いを変遷したようだ。

常々、風景的鉄道写真を撮っていて思う事がある。この画にしても、残念ながらベストな光線状態ではない。別に最良と思われるタイミングで風景だけを撮っている。しかしながら、光線状態云々を越えて、レールが醸し出す「旅情」だとか、キハの前照灯から感じられる「時間」の流れみたいなものには、何物にも代えがたい魅力がある。やはり、鉄道好き、旅好きということには抗えない。鉄道にあまり造詣のない方が見ても、そこに行ってみたい、そこで時間を過ごしてみたいと思ってもらえるような画を撮りたいものだ。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/31(日) 00:31:12|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<シゴナナのフォルム | ホーム | 本線貨物>>

コメント

どっちなんだろう。

こあらまさん、こんばんは。

車両好きが鉄道を撮っているのか、写真好きが鉄道を撮っているか。
私も、こあらまさんと同じように、両者の間を変遷してきました(いまでも変遷しているかな)。
本格的に撮影をはじめたきっかけは、蒸気機関車。
その意味では、車両好きが鉄道を撮っていたのでしょう。
しかし、カメラは、その前から持っていた。
子供用のカメラでしたが、それでも電気機関車のほかにも、身の回りのものを撮りまくっていた。
だから、蒸気を撮り始めると、ストレートにのめり込んでいった。
おそらく、蒸気を追いかけなくても、写真は続けていたことでしょう。
ということは、写真好きが鉄道を撮っていたと言い直したほうが良いのかな。

ただ、こあらまさんと違うところは、蒸気が終焉をとげたあとも、鉄道を撮り続けてきたこと。
やっぱり、鉄道好きが写真を撮っているのかなあ。
たぷんその両方なのでしょう。
だから車両にもこだわる(^^)
それでも、鉄道写真に興味がないかたにも、「そこに行ってみたい、そこで時間を過ごしてみたいと思ってもらえるような画を撮りたい」と願って、私もファインダーをのぞいています。
もっとも、願うだけで、こあらまさんのように旅情あふれる写真は、なかなか、撮れないのですが。
  1. 2016/01/31(日) 02:11:15 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

全く同感です

はじめまして。
小海線の検索からたどり着きました。
私も実は今日小海線を撮ってきました。
私は色々なジャンル撮りますが、鉄はそのひとつです。
風景に溶け込む鉄道が好きです。
旅情を写し止めることができたらと思っています。
  1. 2016/01/31(日) 17:37:46 |
  2. URL |
  3. eight__zhongguo #-
  4. [ 編集 ]

鉄が先か、写真が先か

まこべえさん、この辺りはなかなか難しいところですね。

小生も現役蒸気終焉後に車両への興味を失ったわけではありません。
我が家の模型コレクションも結構な数になりましたが、今も増え続けています。
非電化路線が好みですので、多くが蒸気かキハ、DDです。貨車、客車も大勢います。
DE10やラッセル仕様のDD16もいます。もちろん、小海線を走るキハ110形も4両ばかりいます。

しかしながら、写真となるとちょっと事情が変わってきます。単に車両を狙ったようなものには、なかなか食指が動きません。
たまに、車両撮りもしますが、これは個人的に車両の分析をするためのもので、作品とは言い難いものです。
そんな訳で、鉄が先か、写真が先か、なかなか難しいところです。
上手く言えませんが、鉄道趣味で求めるところと、写真趣味で求めるところが、違うという事でしょうか。

ただ、何となく思えるのは 鉄道にも車両にも愛着がなければ、いい画は撮れないのではないかということです。
  1. 2016/01/31(日) 23:10:05 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

はじめまして

eight_zhongguo さん、はじめまして。

貴ブログを拝見させて頂きました。なかなか素晴らしい画ばかりで、思わず見入ってしまいました。
それと、面白いように被写体に共通点があることに驚きました。
数々の美しい星野写真。目の保養になりました。我が家にもちょっとした反射望遠鏡があります。
今は行けなくなってしまいましたが、乗鞍山頂駐車場の星空の夕べには何度も出掛けました。
それと、京都の寺院。小生も若かりし頃から、寺院や石仏を撮り続けています。
工場夜景・・・etc. 自分もファインダーで除いたものが沢山あります。
拝見していて、色々と刺激を頂きました。写真の奥深さを再認識させてもらった次第です。
拙ブログは鉄道写真ブログとしてスタートしたもので、それ以外は殆どアップしていません。
折を見て、ジャンル違いの画も載せてみようと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。
  1. 2016/01/31(日) 23:12:22 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/211-421e189c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
米坂線 (4)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
陸羽西線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR