駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

はじめまして②  青年期・中年期 

蒸気がどんどん少なくなるにつれ、ファンはどんどん増えて行きました。人の多さに全廃を待たずに蒸気からは遠くなりました。しかし、全廃後も被写体を換えて鉄道漂流は続きました。SLファンが去ったローカル線は本来の静けさに戻っていました。今考えると、この時期に大いに頑張っておけば良かったと思います。ほとんど撮り鉄などいないローカル線には、昔の資源が皆残っていました。貨物入替線や人の温もりのある木造駅舎、国鉄色のキハや貨車や客車を引く原色のDDがうようよいたわけですから。哀しいかな、当時は蒸気の喪失感が大きく、撮影意欲はそれほど高くはありませんでした。

大学生時代に車を手に入れてからは鉄道から離れて、風景や山岳、高山植物の撮影がメインになって行きました。いよいよ、勤め人生活を始めると、仕事優先の時期がやってきました。家庭持ちともなれば、気ままな放浪など夢のまた夢です。赤提灯も悪くはありません。鉄放浪の過去がどんどん霞んで行きました。そんな中、国鉄は1984年に貨物のヤード輸送と鉄道小荷物制度を全廃させました。二軸貨車の貨物列車や荷物車は見ることが出来なくなり、駅は無人化、施設は簡略化され、いよいよ鉄道への関心は衰退していきました。そして、1987年に国鉄は分割民営化となりました。車に乗り換えた小生も、結果的に国鉄の消滅に加担したような罪悪感が残りました。

この頃、地方の鉄道旅客輸送も深刻な状況に陥り、ローカル線の廃止が進み、各地でさよなら運転が催されました。特に、かつて巡った北海道の多くの路線は消え去り、北海道の路線図は大きく塗り替えられました。明るい話題は、88年の青函トンネルの開通に合わせて北斗星が登場、翌89年にトワイライトエクスプレス、99年にはカシオペアが加わり、旅を楽しむための列車が現れたことでしょうか。ただ、これも今や新幹線の前に消えようとしています。

一方、時を同じくして、各地に蒸気が復活し始めました。76年大井川鐡道、79年やまぐち号、88年あそBOY・C62ニセコ号、94年真岡鐡道、99年ばんもの等が運転を始めました。しかし、当時は客寄せのイベント列車にはあまり興味が湧かず、旅先で近くを通った際などに、ついでに撮影する程度でした。

S00703.jpg
1978年1月  谷川岳 一ノ倉沢 衝立岩

厳冬の一ノ倉沢は、限られたエキスパートだけに許される、雪と氷に閉ざされた聖域だ。冬型が緩んだ一時、疑似晴天と呼ばれるつかのまの好天に大岩壁がその姿を現した。

スポンサーサイト
  1. 2014/12/04(木) 22:20:53|
  2. はじめまして
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめまして③  壮年期 | ホーム | はじめまして①  少年期>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/2-b442ea05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (106)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (9)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (23)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
島原鉄道 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR