駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

錆びたレール 時間を止めた江差線 渡島鶴岡

夕日に染まった空を、錆びた鉄路が映している
また一つ消えた路線への悲しみと、次がないことを祈る切なる思いが交錯した

70005407.jpg
2015年5月 江差線 渡島鶴岡

江差町は昭和40年頃をピークに、その後急激な人口減少が続き、年少人口はピークの半分以下になってしまった。その影響で江差線の木古内-江差間の営業収支は悪化の一途だった。事故、不祥事が続いた上に、北海道新幹線の開業が迫るこの時期、ドル箱路線を持たないJR北海道には江差線は重荷だったのであろう。

当初JR北海道と道は、江差線は全線廃止の計画だったが、函館市と北斗市の反発で五稜郭-木古内間は三セク化となったが、その先の関係自治体は、木古内、上ノ国、江差の弱小3町だったせいか、すんなり代替えバス化となった。
これでまた、北海道の鉄道地図からローカル線が一つ消えたわけだが、残っているのは本線と付く路線ばかりで、ローカル線は富良野線や札沼線などの極僅かだ。
ローカル線の凋落は、避けがたい時代の趨勢であり、旧国鉄のような放漫経営も許されるわけもなく、廃線は致し方ないところだろうが、何かいい存続や保存の手段はないものだろうか。特別に保安基準を緩めるとか、ボランティアに頼るとか、方法はまだまあると思うが、野暮な規則作りが仕事の役所と自己責任の発想に乏しい国民性の前には、廃線しか道がないのかもしれない。

こんなことを考えている最中にも、今年、JR北海道が次の廃線候補とも思われる8路線を開示した。驚いたことに、宗谷線の名寄以北、根室線の釧路以東、留萌線・釧網線・日高線の全線などを含み、総延長は900km近くに及ぶ。JR各社は、国民の財産である国鉄の路線を引継ぎ、存続させることを、第一義とする会社だ。採算性が著しく悪いJR北海道に対しては予め基金も用意されている。本来、安易な廃線は許されないはずだ。このような状態を見るにつけ、JR北海道が守りたいものが何なのか、疑いたくもなってしまう。

赤く錆びてはしまったが、今尚その姿を留める鉄路は、何十年もの間、雨の日も、凍てつく吹雪の日も、人々を運び続けてきた。今も何かを我々に語りかけているような気がしてならない。


70005406.jpg


これで、「錆びたレール 時間を止めた江差線」を終わります。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/30(水) 00:34:51|
  2. 江差線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<七重浜の傷痕 | ホーム | 錆びたレール 時間を止めた江差線 神明・吉堀>>

コメント

鉄路を守る

数十年の間、雨の日も風の日も走り続けた列車がぷつりと来なくなる喪失感。
一枚一枚の写真がじんわりと心に沁みます。
人柱まで立てて作った北海道の線路をいとも簡単に剥がしていいのか、という意見にも感ずるところがあります。

しかし今や鉄道の存続は、利用者と事業者の共同作業のようにも思います。
利用者も車を捨て、おらが鉄道を守る気構えが必要でしょうし、
ダイヤ編成他、それに応える事業者側の柔軟な姿勢こそが鉄路を守るのかと。
極端に輸送人員が減り続けるJR線に比べ、苦しいながらもそこまで減らしていない地方私鉄を見れば、
そんな違いもあるような気がします。
  1. 2015/10/01(木) 23:15:16 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

私的恨み節

ローカル線の存続は、やはり地域が一体となって鉄路を守るという意気込みが必要でしょう。
それに、今や地域内輸送だけではどうにもなりませんから、地域外から人を呼び寄せることも必須です。
小生は毎年のように道内の乗り鉄をやっていますが、北海道は観光客を呼び寄せる資源は豊富と思います。
常々、何で冬の北海道に、アジアの方々向けの観光列車のツアーがないのか不思議なくらいです。
JR北は、他のJRに比べてちょっと努力が足りないように思います。
小海線でも、最高地点を通過するためだけに、一駅か二駅だけを乗車するバスツアーがよく来るんですよ。

北の大地の鉄路に思い入れの深い者としては、廃線は致し方ないとは頭では分かっていても、ついつい恨み節の一つも言いたくなってしまいます。
JR北は色々な面で問題の多い会社ですが、ここはしっかり奮起して踏ん張ってもらいたいというのが小生の本音です。

余談ですが、いすみ鉄道の鳥塚さんのブログ(http://isumi.rail.shop-pro.jp/)に面白い記事が載っています。三セク化された路線の昭和の時刻表を分析されています。JRで維持できず、いきなり廃線ではなく、その前に一度、鉄道に熱い思い入れをお持ちの手腕のある方に、思う存分暴れてもらうのも手かもしれません。小生も、募集があれば応募してみたいという気もあります。
  1. 2015/10/02(金) 02:21:50 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/147-8ef10e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (100)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (7)
日田彦山線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (14)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR