駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

チビロクがやって来た

今年、小海線が全線開業80周年であることは、何回もお伝えしていますが、9月12・13日の土日に記念列車が走りました。列車名は「風っこ八ヶ岳高原」で、中込-小淵沢間を往復しました。
車両は、DD1611+「びゅーコースター風っこ」2両です。DD16には80周年のヘッドマークが付けられました。小生的には、チンドン屋列車のようで、ちょっと意気が上がりませんでしたが、ホームでのイベントで、それもチビロクですから、二日とも参戦しました。

それにしても凄い人出でした。特に天気の良かった12日の土曜日はお祭り騒ぎでした。DD16を求めて遥々関西方面からも大挙して撮影に来られており、大阪や神戸、なにわなどのナンバーの車も交えて、追っかけが繰り広げられました。関西の方々に話をお聞きしましたが、「トワイもなくなり、関西には、ろくな車両が走っていない」、というのが共通のご意見でした。

大人気のチビロクことDD16は、この長野総合車両センターの11号機が車籍をもつ最後の1両になってしまいました。ラッセル対応でない11号機が生き残るとは皮肉なものです。主な任務は小海線と飯山線のイベントと工臨です。
予想通りやって来たDD16が、小海線80周年に花を添えました。一人ぼっちになってしまったチビロクですが、まだまだ小海線のためにも頑張ってほしいものです。

取り敢えず、新鮮なうちに「風っこ八ヶ岳高原」の姿をお伝えします。


80002397.jpg
2015年9月 小海線 

80002438.jpg
ヘッドマークとチビロクの顔を拝むための一枚です


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/14(月) 00:29:48|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<蒼の時間の列車交換 | ホーム | 確かにそこに駅は在った 日中線 上三宮>>

コメント

うーん

DD16が貴重品扱いされる世の中なんですね。
私にとってはC56を駆逐した張本人で、
悲しい協調運転を撮影してしまった
→ http://myoldsteamers.blog.fc2.com/blog-entry-1016.html
ので、許せないヤツだったんですが・・・。
  1. 2015/09/15(火) 14:20:30 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

16じゃなく、56だろ!

マイオさん、

確かに、簡易線のC12とC56を追い出すために導入されたのが、赤○○の子分のこいつでした。
マイオさんの協調運転の画で、小生もがっかりした色々なシーンを思い出しました。
この赤いのがくっついていると、撮影の苦労が報われず、帰りの足取りの重かったこと。

ただ、ご存知のように、凸型DDは蒸気と同じように、次世代を中心に絶大な支持層がおられます。
蒸気全廃から半世紀。今度はそのファンの方々が、我々のあの時と同じ思いをされているのでしょう。
半世紀前の敵ですが、今は暖かく見守ろうではありませんか。それに復活蒸気の運転には必要な助っ人ですし。

現役蒸気世代は、小海線の人気者はチビロクではなく、断然「高原のポニー」ですよね。
売ってもらえませんでしたが、JR東は横浜のC56を買いに行ったそうですから、
小海線や飯山線にC56が帰ってくることも、まんざら可能性の無い話ではなさそうです。
  1. 2015/09/15(火) 20:15:28 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/140-5e4d2e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (103)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (7)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (8)
日田彦山線 (2)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (17)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
宮之城線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR